• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.08.31

「  」より「楽しむ」。

エアターンもりゆき

 
 
■「 」より楽しむ。
 
「住む」より「楽しむ」
というコピーご存知ですか? これはBESSという住宅の広告コピーです。

 
 

このコピーを雑誌で見たとき「ついに住宅もそういう考えの時代になったんだなぁ」と感じました。

 
 

このBESSというメーカー、もともとはログハウスメーカーです。
ですが、今は一般の住宅とログハウスの中間のような(というかかなり一般の住宅より)住宅も販売しています。

 
 

そのログハウス的な住宅をこの「住む より 楽しむ」という言葉で表現したわけなんです。

https://www.bess.jp/index.html

 
 

住宅と言えば、2LDK、3階建て、というように物理的な「箱」という考えが基本で、
こんなに使える、こんなに便利、と物的な性能を言ってきました。
(2世代住宅ってのは、ちょっと違うけど)

 
 

それは「使いいいかどうか」という道具として便利かどうかという
スペック性能みたいなことが商品価値の根底にありました。

 
 

が、先のBESSという住宅は、
「そんな便利性より、楽しいがこの住宅にはあります。
 広いか、使いやすいかとかじゃなく、楽しいがある住宅を目指しました。
 だって人生はそういうことが重要なんじゃないですか」と
言っているわけです・・・。
つまり、住宅はそもそも人生を遊ぶための場所と言っているわけです。

 
 

エアターンもりゆき

 
 

これは他のジャンルでも言えることだなぁと思いました。
クルマでいうと
 「移動する」より「楽しむ」

 

もしくは
「運ぶ」より「楽しむ」
というコピーでしょうか。

 

バモスなども含めてオープンカーなどはこういう乗り物の典型かもしれないですね。
どんだけ低コストで走り(燃費)いっぱい乗せられて(居住性)、
安全に(運転技術いらずで)走るか、の真逆な価値を持つクルマです。

 

便利性って、そればかり高めるとどんどんつまんなくなるような気がしています。

 

便利なワインとかなんか違うような気がします。
便利な美味しい三ツ星料理とか(笑。

 

すばらしいとか楽しい、美しい、おいしいって
便利性とは真逆のものなんじゃないでしょうか。

 
 

ヨコ

 
 

バイクでもおなじようなことが言えますよね
「タイム」より「楽しむ」
という感じでしょうか・・・・。

 
 

バイクというと、速いかどうか、運動能力が高いかどうか
というのが大きな価値になることが多いです。

 
 
大勢

 
 

楽しいかどうか、
遊べるかどうか、

 
 

ってすごく重要なことかなぁと思っています。
これは数字で表しにくく、スペックで表しにくい性能です。
メーカーの新商品の企画会議では書類に仕上げにくい性能です。
パワー●●で最高値とか、フレームがアルミで、とかは書類にしやすく
会議でOKをもらいやすい・・・。

 

でも実際には、数字では表現できないけど魅力ある何かを持っているモノってありますよね。
決して最速じゃないけど、乗っていてとにかく楽しい! というバイクとか。
あ、クルマにもあります。
僕は実はこういう乗り物が好きです。

 
 

なんていうか、量じゃなく質、という性能のような気がしています・・・。
数字で表せる量としての性能じゃなく、
体感でしか感じられないけどちゃんと存在する性能、
つまり質の性能というか。(あ、質感じゃないです。物的価値じゃなくて体感価値みたいな)

 
 

パワーや最高速や燃費と同じように、
楽しいかどうかという性能があってもいと思うんですよ。
食べ物でいうと、カロリーとかじゃなく美味しいかどうか
というような。

 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は7月末か8月のアタマです。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...