• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.03.23

「コソ練 に行ってきた」高山選手&マエダちゃんのコッソリ・スキルアップ / Part2

コソ練

 
 

■「コソ練」こと TKKYスキルアップ練習会に行って来た!
#300高山選手&マエダちゃんのモービル遊びに行って来たよレポート / Part2。
 

3月の上旬、スノーモビル遊びに行ってきました。
メンバーはスーパーモトプロライダーの#300高山選手とモデルのマエダちゃん。
今日はそのレポのPart2です。

※Part1は3月20日にアップ済みです。
 ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.krazy-web.com/custom/「コソ練-に行ってきた」高山選手&マエダちゃん/

 
 
 

高山:そうなんだよな、キャサリンの言う通りなんだよ。
去年初めて乗ったときはなんとか乗れるようにはなったけど
インストラクターの人達はゆっくり速度でも自在に車体の向きを変えるんだよ。

 

マエダ:そう、そう!
わたしも最初乗ったとき、林道は乗れたんだけど、ちょっと山のなかに入るとなかなか上手く操作できなかった。
行きたい方向に 行けないんだよね=(笑。

 

でもさ、それも含めて超面白かったけど♫

 
 

▼今回のモービル遊びを準備&用意してくれたのは新潟南魚沼にあるTKKY(タカキヤ)さん。この200ccのコンパクトなスノーモビルもTKKYさんが用意してくれました。ARCTICCAT製の基本的には子ども用なんだそう。でもよく走るし、軽いから操作もしやすい!この日、まずはこれで遊ぶ2人でした

絶景に行くにも
▲あ、すいません!自分も遊んじゃいました・・・汗。
 
 

高山:今回さ、最初200ccに乗ったじゃん。あれ、いいよね。ちっちゃいからさ コントロールしやすいじゃん。マエダちゃんはすぐに乗りこなしてたよね♡

 

マエダ:あれ面白かった!思った以上に走るしね。
今回は2年ぶりだったけど、これで 乗り方を思い出したもん♫

 

キャサリン:まずは小さなモービルに乗ることで、モービルの基本操作を思い出してもらおうというのがTKKYさんのネライじゃないかな。

 

マエダ:あ、キャサリン!

 
 

▼去年のお正月に、TKKYさんに誘われバックカントリーモービルを初体験した#300高山選手。あっと言う間に乗りこなしていました。さすが!
ジャンプも
▲これは2019年のお正月の高山選手の初ライド。モービルのスピーレース用コースはなんどかあるそうなんですが、バックカントリーは初めて。

 
 
 

高山:そうだったんだねー。言葉でいろいろ教えてもらうより、こういうので遊びながら思い出すほうが楽しいし早いかも。すくなくとも自分には向いてるかも♡

 

マエダ:そっか、そうだね。あんまりいろいろ言われてもわからなくなるしね。

 

キャサリン:そこはやっぱTKKYさんは経験があるからネ♡。

 

高山:てかさ、キャサリン今日はジーンズなんだね・・・

 

マエダ:高山さん、なにを期待してるんですか?
ホントにオトコはみんなミニスカ好きだよな!

 

高山:そりゃそうだよ・・・。嫌いなオトコのひとは少ないと思うよ。

 

あ、すいません、僕もです(KRAZyのコンドー)

 
 

先生と笑顔で話す高山

 
 

キャサリン:バックカントリーでモービルを本格的に楽しめるようになるには、どんな路面でも(下り斜面でも上りでも、左右に傾いた雪面でも)、自在に車体の向きを変えることができなきゃね。

 

一番わかりやすいのが↑の写真のトラバース。斜面を横切ることをトラバースするって言うの。
このまままっすぐ進む、上に登って行く、また下っていく、のが自在にできたらどこでもいけるようになるのよ。

 
マエダ:わかるわかる!
キャサリンの言ってることは、いまならよくわかる。これができたら、どこでもいけそう♫

 

高山:マジでわかるーww
こんな急じゃなくても、最初はまっすぐ進むのも難しかったもの。
でも今回の2日間のコソ練でできるようになった。
とりあえず、どこでも車体を好きな方向にバンクさせることはできるようになったもんね。

 

マエダちゃんも2日目には自在にできるようになってたよね。

 

マエダ:最初の日は成功率低かったけど、2日目になったら急に簡単にできるようになっちゃった♡あれは不思議!

 
 

空から林道
▲インストラクターの唐沢さんと高山選手。わからないことは親切に教えてくれます。遊びながら徐々にスキルアップ。

 

絶景に行くにも
▲遊びながらも、マエダちゃん2日目にはほぼ完璧にバンク走行ができるように。これができれば、雪原などの山のなかで自在に車体を曲げることができるようになります。これができないと雪面の傾いている方向にしか進めない。林道なら問題ないんですが、自然の地形のなかは走れない。

 

絶景に行くにも
▲高山選手も、低い速度でもどんな地形でも自在に車体をバンクさせる(傾ける)ことができるように。モービルはバイクと違って幅があるので、簡単にはバンクできないんです。が、コツをつかめば誰でもできるようになります。

 
 

キャサリン:どこでも車体を右にも左にもバンクさせることができたら
上の斜面のようなところでもできるようになるよ。

 

マエダ:もっとゆるい斜面だったけど、 これ、えーとトラバースっていうの?これの練習したよ。

 

高山:女子がモービルをこの写真みたいな雪山で自在にコントロールして乗ってたら超カッコイイよね。

 

キャサリン:いるよ。TKKYのお客様の白田さんは上手いですヨ。
岐阜のバイクボンバーさんのお客様にも上手い女性の方がいるよ。かっこいいよね!
 

マエダ:いいなぁ、かっこよく乗れるようになりたいなぁ。

 
 

絶景に行くにも

 

先生と笑顔で話す高山
▲こんな絶景を見るにも、基本的な操作ができないと・・・。あ、自分もここまでいくスキルがないです。

 

トラバース
▲一見簡単な上りなんですが、じつはここでも雪面の傾きに従わないようにしています。雪面はやや右に傾いているので、そのまま登ると右に行っちゃう。ちょっとだけ車体の右を起こしぎみで行くことでまっすぐ登っていきます。インストラクターの勝股さんです。今回はTKKYさんのスキルアップ練習会(勝手に、「コソ練」と呼んでました)を体験。レベルにあわせてインストラクターさんが教えてくれます。詳しくはこちら→http://takakiya.com/skillup/

 

つづくつづく。Part3につづく。Part3ではついにキャサリンも乗る? てかファッションは?

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...