• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.03.18

「LAST AKIRA 2020」クラウドファンディング

1

 
 

■「ラストアキラ2020 / LAST AKIRA 2020」クラウドファンディング始まる。KRAZyは参加します。 

成田亮(ナリタアキラ)選手、
全日本モトクロスの最高峰IA1クラスで12回のチャンピオンを獲得したモトクロス界のKINGです。その成田選手が2020年の今シーズン限りで引退することを先日表明しました。

 

この日がいつか来るとわかっていたんだけど、やっぱりとても残念です・・・。
でも救いは、「このレース限りで」じゃなく
まだ1年分残っているってこと(とは言え開幕ラウンドとR2は延期になってますが)。

 

成田アキラと言えば赤いマシンのホンダ!という印象が強いと思います(自分はなぜかスズキで#4なんだけど)。そのホンダ、みなさんご存知かと思いますが、2020年日本のモトクロスレースから撤退しました。ホンダの所有するチーム、つまりファクトリーが、今年はないわけです。

 

成田選手は長きにわたってこのホンダの(正しくはHRCの)ファクトリーライダーでした。
しかし、そのホンダの撤退によって成田選手もプライベーターとなりました。
プライベーターとは、メーカーチームではなく、自分で資金を集めそれで走ることを意味します。
しかし、モトクロス人生のラストとなるこの2020年も成田はチャンピオンを狙うと宣言しました。
勝つためにはそれなりのスタッフを含め費用がかかります。そのためにこのたびクラウドファンディングを始めました。

 
 
■クラウドファンディングはこちら
↓   ↓   ↓   ↓

https://camp-fire.jp/projects/view/225433?list=projects_fresh&fbclid=IwAR3nsRePRxWHu1pe0JIxr345SJGLNDWQ2DamgtQuNgmKhdCky67FRjJ6NlM

 
 

新しいチームは監督に川村氏(もとHRC監督)、そしてアドバイザーには熱田孝高氏(元チャンピオン)と、勝つための準備が進められています。

 

ちなみに、先日の今年限りでの引退を発表する記者会見では、成田選手の涙するシーンもありました。13度目のチャンピオンを逃した昨年の最終戦の時点ではもう走りたくなかったと言っていました。
もう一度走る気持ちになったのは、「以前から支えてくれている地元の方の言葉とサポートをいただいた」ことだったようです(このとき成田選手は声をつまらせていました)。

 
 

2
▲2018年最終ラウンドのSUGOで、誰もが不可能だろう考えていた大逆転によって12度目のチャンピオンを決めた成田アキラ。その目には涙が。

 
 

■成田選手やモトクロスに興味のない方も

成田選手やモトクロスに興味のない方々も、このクラウドファンディングの内容を読んでみてください。トップライダーとはこういうことなんだ、というのが伝わると思います。このクラウドファンディングの一番下に、この引退記者会見の動画もあります。

 

あ、KRAZyも参加しました。少額だけど・・・汗。来月もう少し余裕がでたら、また申し込もうかな。
てかさ、2回申し込みとかできるのかな・・・

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...