• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2016.12.26

なっちゃんの「全日本モトクロスに行ってきたよ〜」

プリント

 
 

全日本モトクロス R8関東大会 三原順子が大会名誉顧問でビックリしたよ。なつこ

 

「とにかく 夢中でシャッターを切った。すべてがかっこよく思えたんだよね。
 エンジンの音や (ライダーが)突進してくるかもしれないというスリル感が
 一層 撮りたい気持ちを駆りたてたよ。」

 
 

「スタート前の選手の表情に こころをつかまれた・・・。
 レースに臨むその背景まで想像できるような気がして
 どんな走りをするのかを見守りたい気持ちになったのね。」

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先日、スタイリストのY田が(女子30代)このKRAZy Web Magに書いた件で、数多くの
メールをいただいています。
(12月15日のレポ → http://www.krazy-web.com/custom/「毎月5日はオシャレ情報」じゃなくって/
 
賛成派、反対派(反対というわけじゃなく「やっぱバイクに乗らないとね」派という感じかなぁ)、
いろいろの内容です。
その比率は、
◎賛成派「バイクに乗らなくても、モトクロスのファンはファンだよ!乗るのを強制するのはおかしいよ」・・が8割弱
●反対派「その気もちもわかるけど、やっぱ乗ったほうがわかるよ。だから、乗るコトを勧める」・・が2割強。

 
 

なるほど〜、って感じでした。
で、今回もひきつづき ってわけじゃないンだけど、
「モトクロスはやったことないけど、20年ぶりにモロクロスレース(全日本モトクロスR8)を観に行ったよ」と言うモトクロス初心者のレポートをお送りしま〜す。
 

写真とレポは自分が会社員のころの同僚のなっちゃんです。CMの企画やってました。
なっちゃんは以前(かなり前みたい)モトクロスを一度だけ観に行ったことがあるそう。
とは言っても、全然モトクロスの知識無し!
そんな彼女の観たモトクロスレース。
女性らしい、ちょっと愛にあふれた観戦レポです。

 
 
 

1%e9%9d%92%e3%81%84%e7%a9%ba%e3%81%a8%e6%a9%9f%e4%bd%93

 
 

全日本モトクロス R8 関東大会 オフロードヴィレッジ 2.Oct.2-16

とにかく 夢中でシャッターを切った。すべてがかっこよく思えたよ・・・。
エンジンの音や (ライダーが)突進してくるかもしれないというスリル感が
一層 撮りたい気持ちを駆りたてた。

 

観る側も開催側もみんなが一体となってる印象だった。
ゴミも散らかってなかったし、マナーの悪いひともみかけなかったしね。

 
 
 

土管の向こうのスタッフ
兄弟で観戦。おにいちゃんと同じことしたいんだよね。

 
 
 
土管の向こうのスタッフ
ゼッケンも何も見えない。そうそう、これがモトクロスだった。

 
 
 
本田七海3
汗まみれでもホコリまみれでもやっぱりモトクロスはステキだな。

 
 
 
2%e7%99%bd%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e9%81%b8%e6%89%8b1
ん!? なにか 違う!他の選手と違う! 何だ、何だ!!? ウェアが真っ白でロゴだけのシンプルなデザインがかえって目立つんだね。名前もゼッケンもすぐに覚えたよ。IBの#79大石くん。

 
 
 
全日本でもJ65のレースが行われるのはびっくりした。
見たかったけれど 残念ながら見逃しちゃった。
でもレディースクラスはしっかり見た。
しぐさがみんな可愛いくて(男子の後のせいかなぁ)、ハードなスポーツながらも可憐な感じがした。
 
 
 
 
すぐそこを走り去る
可愛い・・・。七海ちゃんていう名前なんですね。隣のゼッケン3の子の気迫をなんちかガード仕様としているように思えた。集中、集中、大丈夫、大丈夫!!応援してるから!!
 
 
 
チームスタッフ(お父さんかな)とスタート直前のグータッチ。行くっきゃないよね、頑張って!!
 
 
 
ドロだらけ選手
無我夢中なんだろうなぁ。娘を応援してる気分んになってきます。何位でも良いから走り抜いて!!ゴールした姿がちょっとガッカリしてる風に見える・・・課題は次のレースに活かしてね。ファンより。

 
 
 

1青い空と機体
IA-1の稲垣くん。その髪型が そのさわやかさを よりいっそうアップ。でも、緊張しているのも伝わってきた。

 
 
 

1青い空と機体
目の高さより1mくらい上を走り抜けて行った・・・すぐそこ、触れるくらい近い(一般の観戦エリアから)。この見上げる感じにびっくり。想像以上に近い。

 
 
 

カモフラウェア
運動会みたい〜。

 
 
 

土管の向こうのスタッフ
言うことなしにカッコイイ♥︎ オシャレ♥︎ 

 
 
 

カモフラウェア
孫? 出てるの? おじいちゃんのすっごい声援届くといいな。

 
 
 

かき氷
太陽、真上。車の屋根の反射の光&バリバリって流れてくるライダー達のエンジン音&砂ほこり&暑さ。

 
 
 
かき氷
暑くて暑くて・・・。レモン色が一番好き。味はレモンじゃないんだけどね。

 
 
 

気がついたらコースの周囲から離れていないワタシ。
パドックやエリアDにも行きたかった。そんな余裕を持ちたいと思った。
ざんね〜ん。
 
難しいのはなんとなくわかるけど、日陰がほしかったな・・・。
それにしても、暑かったです。10月なのにね

 
 
 
 

カモフラウェア
お!マリオおじさん発見。顔が見れなかったけど嬉しくなっちゃう。

 
 
 

望遠レンズ
白レンズ・・・。隣に並ぶ勇気がなくて、遠慮しちゃった・・・。どんな風に撮れてるのかなぁ。
 
 
 
スニーカー
プレスの人、コース内。スニーカー、かっこいいな。ダートコースで汚れちゃうのに・・・。そうかスネ毛がないから余計にカッコ良く見えちゃうんだ。脱毛男子をススメます。だってかっこいいほうがいいでしょ。

 
 
 
花飾りの髪
10才くらいかな、パパの横で静かにじ〜っと見ていました。黄色い髪飾りでポニーテールにして、モトクロス場とミスマッチな感じがよかった。

 
 
 

J65クラスの女の子。お母さんとコースの下見をしているンだね。
すごいな。立ち姿もサマになってるし・・・
アタシなんてその年頃は何も考えてなかったし。

 
 
 
 

カモフラウェア

 
 
 
スニーカー
最初にご挨拶したときから優しい笑顔を見せてくれました。売り上げが良かった笑顔ならもっとイイな。
 
 
 
 

あえて事前に情報を得ないようにして行ったひさびさのモトクロス。20年ぶりくらいかな?
どんなコースで、どれくらいの広さかも全っく検討がつかなかった。
 
 
ファミリーが多くてビックリした。
ワンちゃん連れも、車イスの方も老若男女問わずのお客様。
有料だけど観戦席がちゃんと作ってあったので、初めて観るひとも一緒できるなと思ったよ。
あ、トイレの手洗い場がほしかった。
 
 
とにかく夢中でシャッターを切った。
すごかったよ、何もかもが。
 
 
選手のこと、チーム情報がもっと手軽に入ると良いな。
特別なスポーツと思われないような「どビジュアル」が作れたらいいなぁ。
 
なつこ

 
 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

いつものKRAZyとは全然違う視点からのレポが欲しいなぁ、と思って
ほぼ初心者+女性 の視点からのレポをお願いしました。
・・・やっぱ違いますね。新鮮。
IBクラスやレディースクラスをちゃんと観てる・・・。
レースを見慣れていると、ついIA-1とかIA-2に注目がいっちゃう。でもなっちゃんはその肩書きにひっぱられず、目の前にあるコトに素直に関心をもっていますね。実はそうなのかも!
これ、他のレースでも体験したことがある。初めて観るひとにとっては、クラスとか何がトップクラスなのか、とかどうでもよくって、目の前にあることに素直に感想を持つのかも。
 
なるべくオタクにならないような視点で見ていたい、と常々思っています(バイクスポーツを観たことがないひとでも興味を持てて、共感できるように)。
テレビのバラエティ番組ぐらいの視点で伝えられたらな、て思ってます。モトクロスに全く興味無い人も「なになに?」って見て読んでくれるようなね。
バラエティ番組やこども向け番組ってよくできてます。良い意味で誰もが興味を持ちやすい内容になっている。NHKのピタゴラスイッチなんかすごくよく出来てると思います。日本の最高レベルの制作者がメンバーです
 
観るとか応援するファンはとても大切だと思っています。誰でも参加しやすいし、あまりお金も使わなくていい。1年に1万円くらいならず〜っと続けられます。「もうお金が続かない、無理!やめる!」ってことがない。1年に1万円しか使わないひとでも、全体で100万人いたらそれはそのスポーツ界を支えてくれます。それだけのファンがいたら企業も利用したくなって、スポンサーとなって支えてくれます。会場に一般企業がブースを出してくれるとそれだけでもかなりのお金になります。それは結局やっている人やその文化に還元されます。多くの方々があこがれるAMAは基本的にそういう仕組みです。
パリーグやJリーグは観るファン、応援するファンを大切にしています。それが今の成功につながっています。それは実際に自分も仕事で経験しています。言いたく無いけど、けっこう重要ですお金は。
 

レースレポートはSUGO 2DAYS ENDUROのがまだです。すいません!
ちょっと違う内容を目指していたら、なかなか出来上がらない・・・すいません。
 
 
あ、GO BIGもまだだった(汗。

 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。17日から販売中です。KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...