• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.06.26

カラーオーダーができるスノーモビルウェアMountain Surf 7/31まで

プリント
 
 
■カラーオーダーができるスノーモビルウェア「Mountain Surf/マウンテンサーフ」はいかが?

カラーオーダーができるスノーモビルウェア「Mountain Surf/マウンテンサーフ」はいかがですか。

 

デザインと生産(生地から縫製まで)の全てが日本製のこのウェア、
日本人の体型にフィットしたシルエットが特徴です。
また、カラーオーダーが可能というすばらしさ。
機能と美しさの両立したスノーモビルウェア、それがMountain Surf/マウンテンサーフです。

 
 

モリユキブルー
 
 

■「日本製ならではの高機能 + カラーが自由に選べるというデザイン性をスノーモビルウェアに」 by TKKYの代表高橋盛行氏

「日本製であるため日本人の体型にフィットしたシルエットとなっており
とても動きやすいです。
バックカントリースノーモービルのライディングは身体を大きく使うため
動きやすさは当然、加えて軽さが重要。
また生地の防水、透湿性能も万全です。この冬1シーズン実際に使ってみての感想です。
北海道ツアーの際も、インナーにフリースを着るだけで十分暖かかったですし
4月のシャバ雪でもお尻のあたりから水が染み込んでくることもありませんでした。
これはかなりありがたい。」

 

マウンテンサーフの取り扱い販売店であり、本州最大と言っていいスノーモビルバンカントリーツアーを企画運営しているTKKYの代表高橋盛行氏からのコメントです。以下も同様

 

「そして最大の特徴が、カラーが自由に選べるオーダー方式です。
マウンテンサーフのHPではカラーシミュレーションができます。
これが面白くて、自分の好みの組み合わせを考えていると
時間が経つのを忘れるほどですww」

 
 

■スノーモビル専用にカスタマイズ済み。

元々このウェアはバックカントリースノーボードやスキーを想定して
作られているのですが、スノーモービルで使うにあたって、
TKKY 高橋さんによってテザースイッチをつけるためのリングを追加してもらったそうです。
こういうことができるのもメイドインジャパンだから。

 

2020モデルは、より丈夫になった生地と、
美しい色合いのカラーラインアップに進化。

 

TKKYさんでスノーモービル用に取り扱うのは、下記の
リンクから確認できる「GUIDE(ガイド)シリーズ」のみとなります。
豊富なカラーの組み合わせで自分だけのカラーリングを手に入れてみませんか。
マシンのカラーと同色系にしたり、あえて反対色にしたり、
さてあなたならどっち?

 

https://www.mountainsurf.jp/products.html?pScguide

 

「バックカントリーのスノーモービルにどっぷりハマってしまった人ほど、
このウェアの良さがわかるのではと思います。」
とTKKY代表の高橋盛行氏
 

2020モデルのオーダー締め切りは7月31日までだそうですよ!

KRAZyもついにウェアをオーダーか!?

 
 

モリユキブルー

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...