• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.03.16

サスペンションファクトリー「テクニクス」のデモ車に乗れる!

1

 
 
■テクニクスデモデイ 3月21日(土)茨城県イワイモトクロスコース 
Technixさんのデモ車両に乗るイベントです。
3月の21日(土)、今週の土曜です。3連休の中日。
場所は茨城にありイワイサーキットのとなりのモトクロスコース。
モトクロスと言っても、全日本のレースをやるような大きくハードなコースではありません。
ジャンプはありますが、スピードを出さなければ飛ばない大「オフロードな」コースです。

 
以下テクニクスさんのHPから抜粋です。

Technix製品、モディファイの良さを感じていただくためには乗っていただくのが一番!!
と、言うことで今年は奇数月にTechnixイワイモトクロスコースにて
デモ車両に乗ることができるイベントTechnix DEMO DAYを開催いたします。
まずは3月21日(土)。前回のTechnix DEMO DAYより乗りやすい参加条件となっております。

 

参加条件は
ご来場いただければご試乗可能!

 

※ご試乗は5周で交代
※ご試乗申し込み用紙に氏名、免許証番号等ご記入いただきます。
※貸し切りではなく走行は一般走行と同時ですので
 装備はMXコースを走る装備でお願いします。
※会場で生じたトラブルには自己責任でご対応願います。

 
 

■サスってそんなに重要なの?なんだかよくわからないンだよね。
ってみなさん思いますよね…。自分も以前はそうでした。
実はすごく重要です♫
自分はそんなに上手くはないけど、でも長く乗っていることもあって
すごーく実感しています。
ぶっちゃけ「最高パワーよりアシです」と感じています。

 

そう、実は上級じゃない方こそサスペンションが重要だったります。
その走りにあわせるととても乗りやすくなるんです。
逆に言うなら、合ってないととても乗りにくい・・・。

 

サスペンションというと上級の方のみのように感じますが
ぜーんぜん違います。

 

この日はKRAZyも行きます。
みなさんもぜひ体験してみませんか?

 

このコース、実は走ったことはない(完成する前に見たことはあるけど)ンですが
動画や写真を見るかぎり、難しいコースではないようです。
モトクロスコースっていうとちょっと気がひけるけど
ちゃんとオフロードが走れたら大丈夫だと思います。
当たり前なんですが、スピードを出さなきゃ走りやすいコースのようです。

 
 
2
▲ジャンプはあるけどスピードをださなければダイジョーブ。

3

 
 

■テクニクス/Technix
てか、テクニクス(Technix)はご存知ですか?
エンデューロやスーパーモトにモトクロスにロードレースなど
レースでも多くの選手がこのTechnixさんのチューニングしたサスペンションを使っています。
エンデューロ鈴木健二選手、ハードエンデューロ高橋博(ロッシ)選手、
スーパーモト吉田雄一選手や佐々木貴志選手※などなど。

またこのようなレースマシンだけではなく、ストリートマシンも得意にしています。

 
※ 佐々木選手とは昨年レース用スリックではなく、公道用タイヤで戦いドライ3レース中2勝+2位1回という結果を出したあの選手です。この結果はタイヤの高性能さの証明でもあるんですが、サスペンションがとても重要になっていたはず。どのようにタイヤを地面に押し付けるか、などなどでタイヤの性能も変わるからです

 

TechnixさんのHPはこちら
http://technix.jp
 
 

スライド
▲スーパーモトジャパン S1 PRO classに参戦中の吉田雄一選手。このスライドもサスペンションが決まっていなければできません。

 
 

■Technix DEMO DAY Q&A

Q:試乗車と同車種のオーナーではないのですが、、
A:前回と違って、ご所有の車種はなんでもOKです。
 
Q:試乗は5周しか乗れないのですか?
A:5周以内で戻ってきてください。次にお待ちの方がいない場合は再スタート出来ます。
 
Q:何車種か乗り比べたいのですが、、
A:お待ちの方がいなければ、ぜひお試しください。
  混んでいる場合は順番でお願いします。
 
Q:4輪車で会場に行きたいのですが、、
A:大歓迎です!駐車場所は狭いのでスタッフの指示に従って下さい。
 
Q:トランポか自走で行って自分のバイクと乗り比べるのはありですか?
A:走行料(2,500円+税)をお支払いいただければOKです!違いをお試しください。
 
Q:バイクで行くのでツーリングウェアで試乗して良いですか?
A:当日は貸し切りではないので、ご試乗はMXコースを走る装備でお願いします。
 
Q:ウェアのレンタルはありますか?
A:ございません。ご自身のウェアでお願いします。
 
Q:試乗車を壊してしまった場合はどうすれば良いのですか?
A:申し訳ございませんが、後日修理代金を請求させていただくことになります。

 
 
■試乗車(予定)
 WR250R(前後リバルビング+TGRホイール)
 TRICKER(前TGRスプリング、後TEC1.1)
 KLX250(前後リバルビング)
 CRF250L(前TRIC、後TEC3.1+TGRホイール)
 KLX230(準備中)

 
 

■場所
Technixイワイモトクロスコース
〒306-0624 茨城県坂東市矢作655−5

 
 

詳しくは
http://blog2.technix.shop-pro.jp/?eid=377

 

ヘタッピなKRAZyも行きますよー。みなさんも体験してみませんか?

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...