• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends

  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.02.16

スノーモビルでバックカントリー 焼山温泉 / その1

木の芽
 
 
スノーモビルでバックカントリー 焼山温泉 / その1
 
2月の上旬、新潟糸魚川の山でスノーモビルバックカントリーを楽しんできました。
今回は北海道からのお客様に、会津、湘南、千葉に房総、そして高山と全国からスノーモビルライダーが集まりました。
 
天気予報では「新潟は毎日雪!」となっていましたが、なぜか予報とは関係なく天気にもめぐまれました。
自分はそのなかの2日間だけでしたが、本当に楽しかった。

 

少し乗れるようになったからか、もっと上手くなりたいと実感した2日間でした。
 
 
 
 
 
 
雪煙で登頂

 
 
場所は焼山温泉の上の山です。走行料を払って許可をとって走っています。
また、ガイドさんやインストラクターも一緒にいくので安心です

 
 
 
 
 
 
晴れた山頂

 
 
今回は写真だけで楽しんでいただこうかと・・・。
なにしろ気持ちのいい2日だったんですよ。
 
説明的な文章は無しで、視覚でこの様子をお伝えします。
写真はあまり上手じゃないんですが、
冷たい空気や雪のにおいや太陽の光なども感じていただけるとうれしいなぁと。

 
てなわけで、
 
 
 
 
 
 
雪煙で登頂
やはり山は美しいです。
 
 

 
 
 
 
 

雪煙で登頂
雪山は美しいです。が、怖くもあります・・・なのでガイドさんが重要。自然のままなのでなにが起きるかわかりませんからね。
 
 

 
 
 
プリント
北海道からやってきたカズ。アクセルをガンガン開けてモービルを行きたい方向に持って行き、そこにしなやかな身のこなしでその身体を運ばせます。

 
 

 
 
 
 
 

雪煙で登頂
こちらも北海道からやってきたフミヤ。真っ黒な車体に真っ黒なウェア。上のカズとは真逆(カズはイエローの車体にグリーンのウェア。鮮やか!)。無理をしない美しいライディング、でも豪快!なので撮影もしやすい!!笑
 
 

 
 
 
 
 
ヒルクライム緑のひと

 
 

 
 
 
 
 
木の芽

 
 

 
 
 
 
 
フミヤ逆光斜面

 
 

 
 
 
 
 
プリント
TKKY(タカキヤ)のカイドさんのモリユキさんです。この前日もこの山の開拓を行い「新しいエリアを見つけましたよー」と。
 
 

 
 
 
 
 
枯れた木と光

 
 

 
 
 
 
 
枯れた木と光

 
 

 
 
 
 
 
プリント

 
 

 
 
 
 
 
晴れた山頂

 
 

 
 
 
 
 
フミヤ顔
北海道から参加のフミヤ、芹沢フミヤ。豪快で華麗。フォトジェニックなライディグをみせてくれました。あっざーす!

 
 

 
 
 
 
 
晴れた山頂
フミヤの向こうがカズこと桶矢カズシ。カズも北海道からです。カズのfacebookの写真、すげーかっこいいンすよ!KRAZyのデザイナーになってほしいくらい。スポーツがスタイリッシュに感じて、多くのひとがやってみたいなぁと思うような気がします。

 
 
 
 
 
 
 

雪煙で登頂
山の頂上にあがったら、急速に雲が消えて山が姿を表しました。本当に美しかった。。。
 
 
 
 
 
 
 
晴れた山
頂上に着くと、突然に雲が消え姿を表して行く山々。山をただ見ているだけで、10分20分とすぎていく。そしてなぜか笑顔になっていく。見るというのも食べると同じように体験なんだなぁと。空気や気温や風やそんないろいろも含めての「見る」なんだなぁと。

 
 
 
 
 
 
 

晴れた山
徐々に、徐々にだけど、バックカントリーでもモービルに乗れるようになってきました。なのでいろんな所にいけるように・・・。だからこそ、一層上手くなりたいと思うようになってきました。撮影も、雪のなかではどういう行動が披露につながるのかもなんとなくわかってきました。この撮影って意外と疲れてしまうンですよ。休息で停まったとき、全体を前から撮りたいとすると、新雪のなかを大きく迂回して回り込む必要があります。自分の足跡を残さないようにするためです。これがやはり疲れる・・・。新雪斜面の登り。これは想像以上に脚に来るんですよ(苦笑。

 
 
 
 
 
 
 

雪煙で登頂
ここ焼山温泉からのライドエリアは糸魚川近く。日本海が近いので海の幸もおいしいです。特に冬の日本海のこのエリアは海が深く、おいしい魚介類が多いんです。今回も焼山温泉にお世話になりました。夕食もおいしかった。日本海はカニだけじゃないんですよー(カニってこっちではかなり安い。おいしいんですが、安い。そのせいか、あまり上等なあつかいを受けてないかも。つまり、こっちに来たら、安くおいしいカニがおなかいっぱい食べられるってワケです。)
 
 
 

その2に続きます。

 

その2では、モービルのバックカントリーライドについてすこし説明します。

 
 
 
 
 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は2月の10日から、10日間くらい販売しまーす。詳しくはKRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...