• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2015.02.26

スノーモビルアカデミー第2回 / Part2

2人乗りで

 
 

MFJ スノーモビルアカデミー第2回 2月21日〜22日

アカデミーに体験入学してきました〜。

基本の基本を繰り返し学べて、且つ、スノーモビルの楽しさも学べる

そういうアカデミーでした。

 

「え? スノーモビルって、アカデミーに行かなきゃいけないくらい難しいの?」

と感じると思いますが

そこがこのアカデミーの開催意味がありました。

乗るのは簡単なんですよ。

なにしろ去年の春は、初乗りに近いにもかかわらず、春山ツーリングに行ってきたくらいですから。

 
 
 
 
 
 

2人乗りで

 
 
 

この2日間は快晴のすンばらしい〜天気。

こういう風景のなかにいるだけで、サイコーです。

 

新潟いいですよ〜!

東京や羽田空港からとても近く日帰り可能だし、温泉あるし、食べ物やお酒も美味いし。

 

知られていないけど新潟の美味しいモノのひとつに野菜や果物がありますです。

ル・レクチェっていう洋梨は、この世のものとは思えない美味しさです。

このル・レクチェをつかったパスタがあるんだけど、ホントおいし〜ですから。。。

有名じゃないけど佐渡のお米とか日本海のイカとかもね。

 

   な〜んて新潟をアピールしたりして。

新潟(海のほうだけど)は自分が生まれ育ったとことなのでちょっと愛着があります、スイマセン。

 
 
 
 
 
 

2人乗りで

 
 

もう新芽が!

こういうの見ると、なぜかすご〜くワクワクするんです。

  これは梅? てか桃? すいません、わかりません。。。

 
 
 
 
 
 

2人乗りで

 
 

↑スノーモビルはこういう乗り物です。

 

前にはソリがついていて、ハンドルバーで左右に操作します。

後ろはキャタピラ(トラックと呼びます)がついていて、これで前後に動きます。

ブレーキはこのトラックにかかります。減速ではこのトラックに荷重をかける必要があります。

 

シートにまたがって乗ります。

なので、身を守るためにヘルメットが必要です。←これ大事。雪なので、転倒しても怪我は少ないのですが、やっぱ大事。

アクセルはグリップを回転させるタイプではなく、

右手の親指のところにあるレバーを押して操作。

エンジンは2ストと4ストがあります。

排気量はバイクに比べるとやや大きめ。初心者用のモービルでも300ccの2stだったりします。

 

ザックリいうとこんな乗り物です。

あ、ミッションはありません。オートマです。

 
 
 
 
 
 

2人乗りで

 
 
 

講師の方々もやさしく丁寧。

『アカデミー』っていうと、まじめでつまらないイメージがあると思いますが

そういうことはありません。

スノーモビルの楽しさを学べんでほしい、ってのがこのアカデミーの主旨なんだって。

「じゃ、なんでMFJなの?レースとかスポーツとしてのアカデミーじゃないの?」と思われるますよね。

そこが興味深いところなンすよ。

 
 
 
 
 
 

2人乗りで

 
 
 

ホーント、気持ちのいい2日間でした。

こういう笑顔が自然と出ちゃう。

自分も仕事で行ったのか遊びに行ったのかわからないくらい(ほんと、スミマセン!)。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 
 

講師は中村先生、上原先生、そして浦谷先生、阿部先生の4人。

実に丁寧に教えてもらえます。

 
 
 
 
 
 
5イントラ

 
 
 

今回は第2回ということで、アカデミーの3日目と4日目にあたります。

基本の基本は第1回で徹底的に行いましたから、すでに、かなり自由自在に乗るコトはできます。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 
 

8の字走行にスラローム走行、急加速、急減速、ブレーキングターンをつかってのコーナリングに バンク走行

などなどを学びました。

 
 
 
 

このどれも重要なんですが

最後の「バンク走行」ができると、山や新雪走行で非常に役に立ちます。

 
 

5イントラ

 
 
 

これはスタントでのクルマの片輪走行みたいなもの。

片方のソリを浮かせて、その姿勢をうまくつかって旋回したり、

山などの斜面でのキャンバー走行で、車体を水平に保ったりします。

↑の写真は女性の受講者の阿部さんです。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 

これは2人がひと組になっての、2人乗りバンク走行です。

こんなこともできるようになります。

(これは自分はやらなかった。。。撮影でいっぱいいっぱいで、時間がなかった。やってみたかったなぁ)

 
 
 
 
 
 

表紙案3

 
 
 

昨日アップしたあの新雪の走行写真も、ほとんどでこのバンク走行を行っています。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 

↑この写真のほうがわかりやすいですよね。

モービルで斜面をキャンバー走行しようとすると、バイクと違って車体が谷側に傾いてしまいます。

が、このようなバンク走行ができると、車体を水平に保てます。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 
 

技術を教えるインストラクターじゃなく、スノーモビルの楽しさを伝えることができるインストラクター

スノーモビルのライディング技術も学べます

が、このアカデミーの最も大切にしているのは

スノーモビルの楽しさを体験することです。

 

このアカデミーを受講すると、インストラクターの資格も得ることができます。

つまり、教えることができるようになるわけです。

 

インストラクターとなって教え側に立った際、

ライディング技術を伝えることも大切ですが、「楽しい遊び」「楽しいスポーツ」ということを伝えてほしい

と考えているンだって。

エンジョイする遊びや文化の普及を考えているんですね、実は。

あと観光とか。

(KRAZyの母体であるKONDO designでは、
 東南アジアなどの海外からのお客様に雪遊びの提案することで
 地方に新しい仕事を生むことでの活性化活動もおこなっています。
 アジアの方々は日本で雪遊びがしたいけど、なかなかそのコンテンツがわからない、と感じています。)

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 
 

そうなんです。

実はこのアカデミー、

スノーモビルという遊びやスポーツを普及させるために、

その伝道師をつくっていこう!というモノでした。

 

スノーモビル文化を育てよう!ってゆーモノなんです。

これはJリーグの創設と似ていると思いました。

 

会社員だった頃、Jリーグの創設の仕事を手伝ったことがあるんです

そういう考えのもとにプロチームの創設が行われていました。これがJリーグです。

コレって誤解されているように思うんですが、Jリーグ創設はプロをつくるためにあるんじゃなく、

サッカーを好きな方を増やそうと考え、かっこいいサッカー文化を創りだすためにつくったんですね。

サッカーというスポーツをやるひとを増やすのが目的じゃないんです。

楽しさやかっこよさという魅力を伝えるための手段なんです。。。。

 
 
 
 
 
 

5イントラ

 
 
 

それにしても楽しい4日間でした。

みなさん、ありがとうございました!

受講者のみなさんも、撮影取材にご協力いただき、ホントーにありがとうございました。

 

こういう「ある文化を伝えるひとをつくって行く」というのはバイクにもあってもいいのかなぁと思いました。

これが成功したら、他のジャンルでも行われるようになるのかなぁ。

 

スノーモビルアカデミーの詳細はこちら。

http://www.takakiya.com/company/event/2015_%83A%83J%83f%83%7E%81%5B/%83A%83J%83f%83%7E%81%5B%95%E5%8FW%88%C4%93%E0.pdf
 
 
 
 
 
 
 
 
5イントラ

 
 
 

あ、このアカデミーは来年も行われますよ。

いかがですか〜?

 
 
 
 
 
 
 
 

KRAZyのレポはすべてまずこのTOPICSに一度アップされます。
その後一週間程度で、各ジャンルに振り分け、もう一度アップされます。
古いレポや情報を探す場合は、RaceReportやEventなどの各ジャンルを覗いてみてください。
また、一番下の「AND MORE」をクリックすると、トップページに表示されている以前のレポが一覧で表示されます。
 
KRAZyは広告出稿料とグッズの売り上げにより、情報の無料発信を行っています。グッズの販売は年に4〜5回ほど、販売形態は通販です。次回は来年3月を予定。よろしくお願いします。

 
 
 
 
 
 

OTHER POST

Loading...