• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.12.30

スノーモビルツアーをご用意しました。#300高山選手も乗ります♬

名称未設定-1
 
 

■スノーモビルに今年は乗ってみませんか。

 

バイクと クルマと スキー(もしくはスノボ)
これを足して割ったのがスノーモビルです。

 

2ストロークのパワーで
雪の上をすべるように、
というか切り裂くように
スラロームしながら乗るのはかなり爽快です。

 
 

名称未設定-1

 
 

■#300高山選手も乗りますよー♬

 

そのモービル遊びのなかでも、

自然のなかを走るバックカントリーは

すばらしく気持ちがいいです。

 

春にはKRAZyのモデルをやってくれているMちゃんも体験しました。

彼女はモトクロスをやっているので

簡単に乗れちゃったンですが、

それなりの講義をうけ、基本的なことを学べば(1時間くらい)

バイクよりは簡単に乗れます。

来年の1月はスーパーモトライダーの#300高山選手も乗ります。

「チョーたのしみ♬」と高山選手も。

 

ンで、今日は新潟のTKKY(TaKaKiYa)さんの用意するバックカントリーツアーを紹介しまーす。

 
 

ユーターン
雪ツアーの最中に食べるインスタントラーメンはサイコー!ミシュランもきっと★をくれると思う。

 
 

■TKKYスノーモビルツアー2019

 

①TKKYレンタルスノーモービルBACKCOUNTRYツアー(車両もレンタル)
 半日コース:16歳以上 おひとり¥19,000
 一日コース:16歳以上 おひとり¥28,000
 人数:2名から7名まで
 期間:1月7日から3月31日
 ツアーエリア:新潟南魚沼TKKY近郊の山
・スノーモビル初心者も大丈夫なツアーです。
 ガイド+インストラクターがついていますので
 安心して楽しめます。
・半日というと短いようですが、体力も必要なので
 なかなか充実の内容になります。
・レンタル車両も600ccの新型車両の用意があります。
・日本では他ではこのような内容の初心者ツアーは
 ないと思います。

 
 

マエダ_タテ
2018年3月、KRAZyのモデルのMちゃん初モービル。インストラクターさんから1時間くらいの講義と練習を受けて乗れるように。「サイコーに気持ちいい!モービルおもしろ!!また乗りたい」と帰りの車中でダダをこねていました。※この日は上記のツアーとは違う場所に行っています。

 
 

②TKKYスノーモービルBCツアー(マシンオーナー様向け)
 参加者は招待、又は希望制
 ガイド料、又は入山料 ¥3,000~¥5,000
 1月5日から雪がある限り
 場所はいろいろ

 
 
引き絵
この向こうは崖です、かなりのガケ。落ちたら・・・苦笑

 
 

③TKKY焼山温泉ツアー(上級者向け)
 TKKYユーザー以外も参加可能
 ショップ、チーム単位でご参加ください(3名以上)
 入山料 1ツアー  ¥2,000
 参加費 1日 ¥3,000
 アバランチギア(ビーコン、ショベル、プローブ)必須
 1回目 1月25,26,27日
 2回目 2月22,23,24日
・宿泊予約はTKKY(TaKaKiYa)にご連絡ください。
・笹倉温泉龍雲荘になります。
 
 

※すべて税込み価格です

 
 

#3堀田
日本国内やアジアのスーパーモト選手権に参戦している高山選手も新春早々に乗りに行くそうです。※2018年は過去の怪我の治療のため休戦。
 
 

#300顔
足の治療は進んでいるようで、モービルにも乗れそうとか。KRAZyも一緒にモービル遊びに行ってきまーす♬
 
 

ユーターン
これはちょっとした角度の登りの谷です。自分のウデだと、一度止まったらリスタートが難しいくらいの角度。朝イチで誰より先にここを登らせてもらったことが1度あるんだけど、サイコーに気持ちよかったー。この写真はそのときのかな。実はこの後ろが絶景なんです。ここに来るためにガンバル!

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
広告企画と制作が主な仕事。時には商品企画なども。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラなどを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。

OTHER POST

Loading...