• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.08.20

スーパーモトジャパン R5 SUGO 予告篇

プリント

 
 

■スーパーモトジャパン 2018 Round5 SUGO 8月19日

 

8月19日 SUPERMOTO JAPAN 2018 Round5 が スポーツランドSUGOで開催されました。天気は晴れ。気温は高いものの湿度はやや低めで、さわやかな一日となりました。

 

会場では地元仙台のチームによって美味しい食べ物や飲み物がお客様に振る舞われました。ウニやらすいかやら美味しいスイーツやらソフトドリンクやらいろいろ美味しいものがあったようです。

 

来年もあるといいなぁ、来年はぜひお邪魔したいです。
てか、行なわれるときは事前に告知しますね。

 

■Supermoto Japan 2018 Round5 SUGO

 

スーパーモトはコースの一部がダートセクションとなります。

スーパーモト専用のサーキットというのはないので、各サーキットがダートセクションを特設で設定します。今回はやや短めのダートセクションが儲けられました。

 

というか、このSUGOでダートセクションが使われるのはかなりひさびさ。この数年はずっと雨のレースとなっていてダートセクションがキャンセルになっていましたから。

 
 
 

ジャンプ諒

 
 

 
 

 
 
 

プリント

 
 

■森田イッキ、新井マコト、ケミン・クボ

トップクラスのS1 PRO classは、#1森田イッキ +SUZUKI RM-Z450と #2新井マコト + Husqvarna FS450 の2人の戦いが予想されます。

今回は、そこにロードレースからケミン・クボ選手(タイランド)が加わりました。ゼッケンは29。

 

そうです、R4福島でも出ていたあのケミン選手です。

チームはウェビックチームノリックヤマハ、タイの選手ですが、日本のレースに出ています。以前はこの同じチームから野左根選手も参戦していました。野左根選手と言えば今ヤマハファクトリーですからね。ケミン選手は今GP-2にも参戦中。開幕ではいい戦いを見せ、ただ今急成長中!大注目の選手です。

 
 
 

ジャンプ諒

 
 

■開催クラス

 

全日本選手権
S1 PRO class・・450ccのマシンを使い日本の最高峰クラス。
S1 OPEN class・・排気量無制限クラス。
S2 class・・250ccクラス

 

エリア(地方)選手権
S1 OPEN class・・排気量無制限クラス。
S2 class・・250ccクラス
S3 class・・一般公道用車両の250ccクラス。レース用マシンの場合は2st85ccは4st150cc。

 
 

■2018年スーパーモトジャパン ポイントリーダーは#1森田イッキ選手。

 

S1 PRO クラスのポイントリーダーは#1森田イッキ選手↑。

仙台在住でこのスポーツランドSUGOがホームです。

このSUGOは何があっても絶対に勝ちたいラウンド。

マシンも仕上がってきたようなので、本来の速さを見せてくれると思われます。

 
 
 

プリント

 
 

■今回注目は#18松浦サトシ選手

 

注目は、現在#1と#2をつける2人とロードから参戦のケミン選手の戦いではあるんですが、

もうひとり注目すべき選手を発見。

前日18日に行なわれたセットアップ走行でかなりいい走りを見せたのが、#18松浦サトシ選手でした。

 

#18松浦選手はダートトラック出身の選手です。

この土曜日のセットアップ走行では地元の#1森田イッキ選手や#2新井マコト選手とほぼ同じペースでの走りを見せました。日曜の決勝レースでもトップ争いに加わるのかもと期待。タイムアタックでフォロントローに入るか、2列目の外側(つまり4番タイム)に入れたら、表彰台の可能性もあると予想しました。

 
 
 

ジャンプ諒
▲#18松浦サトシ選手。奥様のすてきな表情のカットにしようかと思いましたが、やっぱ一応#18松浦選手のかっこいい横顔ポートレートに。
 
 

 
 

 
 
 

ジャンプ諒

 
 

あ、すいません!

てことで、実はまだ写真のセレクトや編集作業が終わってません。

レポートは少々おまちくださーい。

 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...