• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.11.11

スーパーモトジャパン R7+R8 レースレポ Part2 / S1OPEN & S2

1表紙
 
 
MFJ全日本スーパーモト選手権 Supermoto Japan R7-8 レースレポ
 

■S1 OPEN class
・・・排気量無制限のクラス。ここで年間の獲得ポイントで上位3位までに入るとS1 PRO classで走ることができます。
 
Round7 結果
1/ #4 佐藤友之
2/ #8 中島俊介 
3/ #40 富田真司
4/ #9 広瀬彰信
5/ #6 増田浩志
6/ #42 村松雄太
 
佐藤選手はロードレース出身です。雨のレースはダートが短くなるからなのか、ロード系のライダーが上位にはいる傾向があります。が、今回はダートセクションは短いながらも残りました。というかむしろその濡れたダートがコースにひろがり、滑りやすいコンディションとなりました。
雨でロード系のライダーが速いのはこのレインタイヤの使い方が巧いからなのかなぁと思っています。佐藤選手はやはり滑らかに走っているように感じます。滑らかというのはスピードを保ったままコーナーを抜けていくということ。またブレーキングは短い時間できっちりと行ないます、そういうところはメリハリがあります。
レインタイヤやウェットでの走行は練習しようとしてもできないからアレだけど、やはり別の能力が必要なんですね。当たり前だけど。
 
 

Openヒロセ

 
 
Round8 結果
1/ #4 佐藤友之
2/ #38 松浦 聡 
3/ #40 富田真司
4/ #8 中島俊介 
5/ #42 村松雄太
6/ #7 田中圭介
 
日曜のRound8も勝ったのは#4佐藤選手でした。
巧かったです。さすが。
 
 

1表紙

 
 

これでS1 OPEN のランキングは、
1/ #40 富田真司 115pt
2/ #4 佐藤友之 109pt 
3/ #38 松浦 聡 95pt
4/ #7 田中圭介 81pt
5/ #8 中島俊介 80pt
6/ #5 ベンバサット ミッキー 64pt
 
#40 富田真司 115ptと#4 佐藤友之 109pt の戦いになりますね。
3位は松浦選手はほぼ確定でしょうか。来年はこの3人がS1 PROに昇格かなぁ。。。

 
 

Openヒロセ
 
 

え?写真は無いの? ですか・・・汗。編集しきれていません。ごめんなさない(汗。
これじゃKRAZyのレースレポの価値がないすよね、MFJのレポートを見ればいいんだから。すいません

 
 
 
Openヒロシ
 
 
 
Openヒロシ
 
 
■S2 class
・・・250ccのクラス。ここで年間の獲得ポイントで上位3位までに入ると、S1 PRO classに昇格します。S1 PROとは日本の最高峰のクラスになります。ここに昇格するとプロになれるという意味ではありません。S2でもS1 openでも、プロに近いライダーはいます。
 
Round7 結果
1/ #17 大西健太郎
2/ #45 峯 俊介 
3/ #11 平 翔太
4/ #25 小倉浩靖
5/ #52 谷中一夫
6/ #7 堀田大人

 

Round8 結果
1/ #17 大西健太郎
2/ #11 平 翔太
3/ #15 近藤一麿
4/ #45 峯 俊介 
5/ #52 谷中一夫
6/ #25 小倉浩靖

 
 
Openヒロシ
 
 

2ラウンドともに勝ったのは大西健太郎選手です。まぁ大西選手が勝つのは当たり前かもしれません。ベテランです。また勝つためにこの前の週の大雨のなかでも試走しています、「雨のなか、どこでハイドロおきそうになるのか、コースのどこを走ればどうなるのかは確認しています。」と。勝つためにやることはやっています。
 
 
Openヒロシ
 
 
注目は#45峯選手かと思いました。土曜日のRound7では#17大西選手に次いでの2位。離されたものの2位に食い込みました。また、Round8も4位に食い込んでいます。250クラスのS2を面白くしてくれるライダーの登場でしょうか。全戦に出たところを見てみたいです。
 
 
 
この2ラウンドで、2017年のS2クラスのチャンピオンが決まりました。#11 平 翔太(タイラショウタ)選手です。熊本のバイクショップDune★Motoから参戦しています。おめでとうございます。来年度がS1 PRO classで走るそうです。どんな走りを見せてくれるかワクワクです。
 
 
 
Openヒロシ
 
 
平選手は会社員です、またバイクレースも初めてまだ数年とか・・・。
スーパーモトをやる側からみたときの魅力はこれかも。実力があれば、すぐにトップクラスで戦うことができます。
 
また世界もそう遠くはありません。moto gpに出るのはかなり難しいですが、スーパーモトの世界戦ならそう難しくはないです。
僕もAライセンスを持っているくらいですから、みなさんもやってみてはいかがですか。ちょっとバイクに乗るのがうまけりゃ、もう大丈夫!タイヤが滑るのも、慣れたら全然気になりません!峠でスライドを自由自在にあやつれるようになるのはなかなか命がけだけど、スーパーモトなら、比較的簡単に身につきます。
 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は今月半ばです。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...