• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.02.26

バックカントリースノーモビルとは?

1

 
 

■バックカントリースノーモビルとは? 

マエダ:モービルに乗りに 行きたーい!
行きたい、行きたい、行きたーい! ユキ つもれー!!

 

高山:雪は降ってて それなりに積もるらしいけど、溶けちゃってるみたいだよ。

 

マエダ:雪山を走りに行きたーい!てか上手くなりたーい!!

 

高山:でもこのところ雪も安定してきたみたいだよ。
そろそろ行けるんじゃないかな。

 

マエダ:この写真はどこ?
えーと、、、、、GIFU、、、岐阜?
いいなぁ 行きたいなぁ===!

 

高山:たしかに ちょっとすごい風景だねー!

 

高山:#300高山ナオト/プロスーパーモトライダー。ゼッケン300が目印。昨年初バックカントリースノーモビルを体験。
マエダ:KRAZyのアパレルのモデルをやってくれている女子。今年はSE-E(スーパーエンデューロ・イースト)のアイコンガールもやるそうです。KRAZyのアパレルを着て会場にうかがうそうなので、ヨロでーす。

 
 

名称未設定-1

 

樹木の雪

 

樹木の雪

 
 

キャサリン:スノーモビルで ビッグネイチャーの中に入って行くのが
スノーモビルバックカントリーね♡
雪原や山の谷や尾根を走るのはほんとうに気持ちいいデス♬
雪が積もることで、夏には行けなかった山の奥深いところに行けるようになるンですネー。
雪が深い谷を埋め、急斜面の壁もなだらかにするわけデース。

 

マエダ:また出た キャサリン!なんでも知ってるキャサリン!!

 

キャサリン:ハーイ♡ ビジョのキャサリンでーす。

 

マエダ:自分で言う・・・?

 

高山:まぁまぁ、二人とも そんなに・・・。
キャサリンの言ったことが、いろいろ附に落ちた、なるほど!
雪が自然を覆うことで 谷も崖もなめらかになって、どこでも行けるようになるんだ。
そうだったんだ!

 

キャサリン:そう、タカヤマさん、そーゆーことなんデス。
そこがバックカントリースノーモビルの面白さのひとつネ♬

 

キャサリン:面白さのもうひとつは 簡単には乗れるようにならないってコト♡
いろんなテクニックが必要。奥が深い。
McHobbyじゃない。

 

マエダ:キャサリン、マックホビーってなによ・・・?

 

キャサリン:オーダーしてすぐに出て来るのがMcDonalds。この「Mc」って言葉には「簡単な」って意味があるのヨ
McNewsって言うと、簡単で型にはまったニュース、って意味になるの。
だからMacHobbyっていうのは、すぐにできちゃう趣味ってイミね。

 

高山:へー!!!
たしかに自然のなかで乗るモービルは簡単じゃないよね。
思いどおりに乗れたときはすごい爽快だったなぁ。

 

マエダ:てかさ、キャサリンはいつもミニスカで脚を露出してるよね。
高山さん、さっきから脚ばっか見てない?
なんていうか キャサリンにちょっとやさしいよね・・・。

 
 

樹木の雪

 

樹木の雪
▲雪はあるところにはあるそうです。樹氷のこども? てか、今年は乗れるかなぁ
 
 

高山:そ、そ、そんなことないよ・・・

 

マエダ:いや、ある。
脚ばっか見てる。

 

高山:てかさ、来年ついにターボのモービルが
日本でも発売されるらしいよ、価格もきまったみたい。
予約も始まったそうだよ・・・

 

マエダ:・・・・

 
 
 
 

つづく、つづく。

 

てか、写真のGIFUツアーの様子はこちらから。
  ↓   ↓   ↓

http://takakiya.com/news/tkky_gifu/
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...