• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.02.28

バックカントリースノーモビルとは?Part2

樹木の雪

 
 

■バックカントリースノーモビルとは?Part2 

2020年2月26日の「バックカントリースノーモビルとは?」つづきです。
マエダ:キャサリンのアシばっか見てるって!

 

高山:アシなんか見てないよぉ・・・。

 

キャサリン:マエダちゃん、それはヤキモチね♡
わたしビジンだし スタイルもいいので しかたないのデース♬
バックカントリーもおなじ。「アシ」が重要なの。車体もだけど、ライダーもね。
アシというより腰デスね。

 

高山:#300高山ナオト/プロスーパーモトライダー。ゼッケン300が目印。昨年初バックカントリースノーモビルを体験。
マエダ:KRAZyのアパレルのモデルをやってくれている女子。ここは一昨日2月26日のレポートの続きです。

 
 

樹木の雪

 
 

キャサリン:路面(雪面)が傾いていても常に車体は水平か、それ以上に山側に倒しておく必要があるのよ。
スキーのエッジを立てるのとおなじね。
じゃないと、車体は必ず低い方へと行ってしまうのネ。

 

マエダ:そうそう!そうなんだよ!
それが難しかったんだよね=♬
車体を自在に傾けることがなかなかできないんだヨ。

 
 
ユズル縦
▲2018年TKKY焼山温泉ツアーから。乗っているのはマエダちゃん

 
 

マエダ:林道とか走ってるときは雪面が水平だから、あまり気にならない。
けど、ちょっと雪面が傾いていると そっちに車体がどんどん傾く・・・・。
から、逆側のステップに体重をしっかりかけないとダメなんだよね。
曲がるときも右に曲がるなら外側に体重かけちゃダメ。バイクとは逆。
右アシ、つまりイン側の脚に体重をかけないといけない。
慣れるまで、なかなかむずかしかった。

 

高山:そうそう、ついついバイクと同じ側のアシに体重かけちゃうんだ(苦笑。
でも、慣れてきたら自然とできるようになったよ。
ひろい雪原で乗ったときは本当に気持ちよかったなぁ♡

 
 

モリユキ後ろトラバース
▲2019年TKKY新潟ツアー。写真左端が#300プロスーパーモトライダーの高山選手です。

 
 

マエダ:そういうとこまだ行ったことない。
行ってみたい!

 

キャサリン:スノーモビルはバイクと違って荷物も少しは運べる。
だから、マエダちゃんが体験したみたいに 山の上でカニ鍋なんてこともでるのもイイね。
バックカントリーモービルの醍醐味のひとつが、この絶景でのランチだよね♡

 

高山:あれいいよね。チョーうまそうだった!
冬の新潟と言えば やっぱカニでしょ=♬
いつかやりたいなぁ。
頂上に頑張って着いた自分へのお礼ってかさ、そういうのがあると頑張れるよねー♬

 

マエダ:あれはほんとに美味しかったよ♡
味噌仕立てだったんだけど、スープも美味しかったよー。

 
 

名称未設定-1

 

樹木の雪

 
 

キャサリン:バックカントリーはそういうのも魅力のひとつかもしれないね。
ただ 注意したいのは、自然のなかだから雪崩や遭難の危険が常にあるってこと。
だから ちゃんとしたガイドさんがヒツヨーね♡
それに走行の許可もちゃんととる必要がある。
勝手に走り回るのはちょっとよくない。
バイクも以前は問題になっていたけど、同じだよネ。

 

高山:あ、電話・・・。あ、はい、・・・はい。
・・・・・・・・・・大丈夫です!行きます。
はい!はい!!

 

高山:マエダちゃん、TKKYさんからモービルのおさそいの電話だった!
×日と××日だってさ、行こうよ!

 
マエダ:ウン、行く、行く!!仕事調整するー!!
あ、キャサリンも行く?
あれ?もういない・・・。

 
 

樹木の雪
▲撮影協力:バイクボンバー 写真:TKKY
 
 
キャサリン:ski-dooからターボ付きの車両が発表になったよ。
申し込みは3月上旬までだそうネ。詳しくはTKKYのHPへ。
  ↓   ↓   ↓

http://takakiya.com
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...