• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.10.24

バックカントリースノーモビル「ダウンヒル」

ヒルクライム

 
 

■「バックカントリースノーモビルってよくKRAZyで見るけど、一度やってみたいよね」入門その5/ダウンヒル 

各所からバックカントリースノーモビルの参加希望の連絡や問い合わせがKRAZyに来ています。

てなわけでもないんだけど、バックカントリースノーモビルって何?というまとめがTKKYさんのサイトに載っています。入門その1の基本的なことから、やや専門的なことまでアップされています。
KRAZyでも入門その1からその4まで紹介してきました。
 

今回紹介するのはその5「ダウンヒル」。

 

バックカントリースノーモビルとは、道やコースを走るのではなく自然のそのままのなかをモービルで楽しむ遊びです。

 

冬は雪が地上に覆いかぶさることで地形が緩やかになります。例えば小さな谷なら埋まってしまうし、崖も緩やかになります。雪の無い季節にはなかなか行けないようなところにも比較的容易に行けるようになるんです。

 

そう、つまり雪があったほうがいろんなところに行きやすくなるんですよ。知ってましたか?
それを利用して山のなかや自然を楽しむわけです。
※当然その走行においては許可をとっています。走行は有料です。無断での走行はできません。

 

自然の中を

 

■TKKYさんのウェブサイトにはスノーモビルバックカントリー入門としての基本的なことから、やや専門的なことまでがまとめられています。
スノーモビルでバックカントリーを楽しむ遊びはここKRAZy Web Magazineでも紹介してきました。これをライディングやそもそも的なことも含めて入門としてTKKYさんのサイトにまとめられています。

 

入門1「逆ハンドル」
入門2「仲間」
入門3「トレイルとスタック」
入門4「ヒルクライム」

ここまではKRAZyでも紹介してきました。

 

で、今回は
入門5として「ダウンヒル」
  ↓
http://takakiya.com/news/snowmobile_ride5/

 

徐々に専門的になってきました・・・。でも、だから面白い。乗ったことがなくても読み物として面白いです。

 

急坂を下るのはなかなか怖いんですよ。雪だから距離感もわからないし、高さもわからないし。ましてスノーモビルってブレーキが効かない。効かないわけじゃないんだけど、全輪がソリですからね。

 

このバックカントリーを楽しむ際は、どうしてもそれなりの角度の急坂を落ちないといけません。じゃないとどこにも行けない。去年、バックカントリーを体験した、スーパーモトプロライダー#300高山選手も、エンデューロライダーの石戸谷選手もKRAZyモデルのマエダちゃんもまだ経験していない。

 

こつがあるわけですね。そんなこんなを詳しく解説してあります。
スノーモビルバックカントリーの魅力が少し見えてきます。

 

入門6-1として「トラバースとマシンの進化」
入門6-2として「トラバースの基本」
入門6-3として「トラバースの応用」

もアップされています。

 

http://takakiya.com

 

それぞれ内容はやや専門的だけど、逆に楽しさが伝わるような気も!

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...