• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.03.11

パラダイスからのパウダー / TKKY ツアー その1

プリント
 
 
いつかはサミット、いつかはヒルクラ山!
 
焼山温泉の昼闇山(ヒルクラ山)を登ってきました。
新潟糸魚川にある焼山の近くの山です。
 
「昼も暗い」というほどの深い森の山、それが昼闇山です。
その山の頂上付近には、最高のゲレンデというか高原広場が広がっているんだそう。
その面積は、見渡す限り。
そこからは日本海に向かってひろがる山々も見渡せるそうなんです・・・。
そこにつれて行ってくれるのがスノーモビルによるTKKYツアー。
 
 
※TKKYツアー:スノーモービルショップ「タカキヤ」の企画するスノーモビルツアーです。
       TKKYさんとしか行けない山のなかをモービルでツーリングできます。
       このツアーは走行許可を取った有料ツアーです。
       ガイドとインストラクターがついており、なにかあればサポートも。
 
 
プリント
2
 
 
ですがそこに行くには、それなりのライディングスキルがないと行けない・・・。
 
まるで落ちるような崖を下り、それなりの角度のある谷を抜け、
角度のある斜面をトラバースしないとその頂上には行けません。
 
いつかはそこ行けるようになりたいなぁ、そしてそこを走ってみたい!
と思っていました。
 
 
 
 
盛行と山
3
 
先週、ついにその頂上に行ってきました。
雪山フリーライド(※)用のSki Doo サミットに乗って、登ってきました。
 
↑もう山にも春がやってきています。木の芽も膨らんでいました。
 
 
※Ski Dooにフリーライドという名前の車両がありますが、ここでは一般敵な意味で使っています。
 
 
プリント
4
 
今回も焼山温泉 清風荘さんにお世話になりました。
この清風荘さんの庭からモービルに乗って、この山に登って行きます。
宿からすぐに山、ってのもこの焼山ツアーの魅力かな。
 
 
 
 
山と風_風景
5
 
今回は3月4-5日の2日間。
岐阜から、福島から、千葉から、湘南からと、各地から集まり総勢約35人!
ひとが多いと単純にそれだけでも楽しいですね(夜も盛り上がるし 笑)。
 
 
 
 
プリント
6
 
こんな谷を抜けて行きます。
もう春が近づいているので、やや走りやすい。
表面の雪が固くなっているので、モービルのトラックが埋まりにくいんですよ。
でもその下はさらさらなパウダー。
 
 
 
 
看板
7
 
崖のような登り斜面、
崖のような下り斜面(これはほんとうに落ちるような感じ)をぬけて行く。
多くのみなさんは超上級者なので軽々と超えて行きます。
 
 
 
 
山と風_風景
8
 

 
 
 
 
山と風_風景
9
 
頂上付近は、誰も走っていないまっさらの雪原がひろがります。
あたりまえですけどね。
これは本当に気持ちいいです。
ゲレンデじゃないスキーを楽しんだことがある方ならその気持ちわかっていただけますよね
 
(僕はスキーはあまりやらなかったけど
 それでも、ゲレンデじゃないところを滑るってのも当たり前でした。
 バックカントリーなんて名前もなかったし。
 てか、ゲレンデじゃないところを滑るほうが普通でした・・・)
 
 
 
 
山と風_風景
10
 

 
 
 
 
山と風_風景
11
 
↑これが頂上付近。
見渡す限りの高原雪原!
最高に気持ちいいです。
ここまで来るのが大変だから、それがまたサイコー。
 
 
 
 
山と風_風景
12
 
Mさんとスノーバイクです。
 
この斜面、ものすごい角度なんですよ実は。
ここまで行ってないけど、見た目は50度・・・。まじで(汗。
Mさん本当にスゴイ。カモシカのようにどんなところにも行ってしまいます。
 
つーか、カモシカって雪のなかにいるんだっけ?
 
 
 
盛行と山
13
 

 
 
 
 
看板
14
 
女性だって乗ります。
 
(本州でもスノーモビル女子部つくりましょう!)
 
 
 
 
少年頂上付近
15
 

 
 
 
 
山と風_風景
16
 
と、とりあえず今日は予告編的な。
 
つづく、つづく。
 
 
 
てか、スマホの方で今のKRAZy Web Magazineが見にくい、ひらきにくいという方はいらっしますか?
なにかあれば、報告いただけますか。
「うん、サイトが開きにくくなった、アンドロイドだけど・・・」
「僕は問題ないよ、iPhone6だけど」などなど。
お礼ってのもなんですが、報告いただいた方にはKRAZy Familyのステッカー差し上げます。
なのでお名前とご住所の記載も。

 

質問ご意見などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に5〜6回、販売形態は通販です。次回は4月上旬の予定です。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...