• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.04.05

ブリット ヒーロー 125 ・BIVOUAC横浜 / Just My Cool

ブリットヒーロー125_b
 
 

■ブリット ヒーロー 125・4st 125 スクランブラー
ビバーク横浜から / Just My Cool
-05.Apr.2020-

BULLIT/ブリット社はベルギーに本拠地をおく小排気量モデルのメーカーです。そのBULLIT社が英国の古いスタイルのいわゆるスクランブラーにインスピレーションを得て製作したモデルです。
街中で撮影していると、立ち止まる方や質問もしばしばという注目を集めるバイクのようです。オシャレな街が似合うデザインなのかもしれません。東京なら中目黒や代官山あたり、横浜なら山手や元町あたりですかね。

 

じつはコレ、125ccなんです。4ストロークの125cc。
でもフルサイズです。250cc以上の見た目があります。
なので170cmの自分が乗っても窮屈感はありません。
てか最近の250より、ポジションは少し大きいかも・・・。
欧米の大柄な体格にあわせているのかもしれません。

 
 

ブリットヒーロー125_b
▲あの頃のスクランブラーを現代に再登場させたBULLIT Hero(ブリット ヒーロー)。でもグラフィックは2020年ぽい。そこがまたいいですね。リアフェンダーが無いけど、これがスタンダード。

 

エンジン
▲4スト125ccの空冷エンジン。スペック的には11.6PSとあります。見た目とは違って車重は軽いです。5速ミッション。セル始動。全長2040mm。シート高860mm。見た目とは違い排気音は静か。

 

■軽い車体+伸びるエンジン

 

「大きな車体に125ccのエンジンでは非力すぎない?」
という疑問がでると思います・・・。
いえパワーはある、とは言えないけど、充分に走ります。
空冷エンジンってこともあって、車体が軽いのだと思います。
スペック表には記載がないけど、持ってみたかんじは軽いです。
市街地を乗ってみましたが、伸びのあるエンジンは気持ちよく、一般の流れに遅れることなく走れます。
125ccのスクーター以上です。

 

■バイク本来の楽しさがここにある/ビバーク横浜 櫻井氏

 

「ワインディングもなかなか気持ちいいですよ。
ゆっくり速度で気持ちよくコーナリングが楽しめます。
これはバイク本来の楽しさがここにあると気づかされました。
ぶっ飛ばすだけがバイクの魅力じゃないですよね。」
とこたえてくれたのは、ビバーク横浜代表の櫻井さん。
櫻井さんにはKRAZyもゆるーくお世話になっています。
あ、そうですRULE MOTOの櫻井さんです。
4月1日にビバーク大阪の支店としてビバーク横浜としてリニューアル。
そのビバーク横浜さんで試乗してきました。

 

価格もお手頃な39万円台/税抜(税込435,000円)。

 

ブリット ヒーロー 125/BULLIT Hero 125はこのビバーク横浜、同じく4月にオープンしたビバーク川崎、関西ではビバーク大阪で販売中。神奈川県大和駅前にあるビバーク横浜には試乗車も。

 
 

店内と230FS

 

ビバーク横浜
神奈川県大和市大和市東3-15-5
※大和駅から徒歩5分くらい。
店内にはバーもあるよ。
平日:1300時-1900時
休日:1000時-1900時
バーは1900時から
定休日:火曜、第2水曜

 
ビバーク大阪
大阪府三島郡島本町高浜2-24-1
1000時-1900時
定休日:火曜、第2水曜

 

ビバーク川崎
神奈川県大和市大和市東3-15-5
※大和駅から徒歩5分くらい。
店内にはバーもあるよ。
平日:1300時-1900時
休日:1000時-1900時
定休日:火曜、第2水曜

 
 

店内と230FS

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi Beer、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。