• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.04.02

マエダとりあえず体験してきました!企画 の第1弾「IA ワタライスクール Part1」

iaワタライスクール表紙
 
 
■”マエダとりあえずカラダをはって体験してきました!企画” 第1弾
「IAワタライスクール in 成田モトクロスパーク Part1」
-02.Apr.2020- 

新企画始めます♬ その名は ”マエダとりあえずカラダをはって体験してしてきました!企画”
今回はその第1回目、オフロードスクール「IAワタライスクール」を体験してきました。
千葉の成田モトクロスパークで定期開催されているスクールです。

 

あ、わたくしマエダは このKRAZy Web Magazineで アパレルなどのモデルなどをやらさせていただいているものです。よろしくお願いしまーす!

 

IAワタライスクールは、千葉の成田で行なわれている定期的なオフロード&エンデューロスクール。講師はIAモトクロスライダーでありIAエンデューロライダーであり、そして雑誌ダートスポーツ誌の編集部員でもあった渡會修也(ワタライノブヤ)選手。
現役選手が手取り足取り教えてくれる定期開催のスクールです。

 

※IA(アイエーと読みます)とは、日本国内の二輪レース選手権で最高峰クラスを意味します。International-Aクラスの略であり、海外のレースに参戦できる資格があります。日本に2−30人しかいないトップライダーです。

 

渡會修也(ワタライノブヤ)選手のブログ「Rise&Ride」こちら↓にもこのスクールの詳細あります。
http://riseride.com

 
 

渡会顔
▲渡會修也と書いてワタライノブヤと読みます。このスクールの講師であり先生です♡

 
 

■関東で定期的に開催されるオフロードスクール。週末だけでなく平日も開催
IAワタライスクールの特徴は、
 ・クラスが細かくわかれていること
 ・週末だけでなく、平日も開催されていること。2020年4月も8回予定(詳しくは後で)。
 ・定期的に数多く開催されていること(なので短い期間で繰り返し受講できる)
 ・少人数であること
 ・関東のアクセスのいい成田モトクロスパークで開催されていること
 ・現役の選手が講師ということ
などなど。私的には、敷き居が低いイメージがあって参加しやすい点も。

 

スクールに参加したことがないという方も多いと思うので、体験記より先にまずはIAワタライスクールの概要から。

 
 

iaワタライスクール表紙
▲はい、マエダです!アパレルの写真ではいつもムスっとしていますが、編集長(?)のコンドーさんがそういう指示を出すからなンすよ!てなわけで、よろしくお願いしまッス!
あ、バイクはセローとYZ85にちょっと。今はBeta RR4T125LCに乗り始めたところ。いろいろあって最近はあんまりバイクに乗れてない。今日はひさびさです。

 
 

■気になる参加料は
スクールの参加料は 男性¥10,000 女性¥9,000(ともに税込)。

 

もしかしたら高いと感じる方もいるかもしれません・・・
が、スクールで学ぶのは1日だけでも
それができるようになるには2−3回、
もしくは基礎的な内容なら身につくには半年や1年はかかると思いました。
つまり、半年や1年分の練習内容なんだと。
そういう意味ではかなりオトクかなって。

 

また、自己流のままとか、友達からの意見だけでは大きな変化がない
苦手がいつまでも苦手のままだったりしますよね・・・。
今回は本当にいろいろ学びました。気づきも多かったです。
てか、この考え方の違いが実は大きい収穫でした!

 
 

■会場は千葉の成田
すべて千葉県成田モトクロスパークになります。モトクロスと名前はついてますが、いろんなコースあり♬
住所は千葉県成田市津富浦119。最寄りの高速ICは圏央道の下総ICです。ここから10分くらい。コースの近くにはコンビニもあります。
マップはこちら↓

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%88%90%E7%94%B0MX%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF/
@35.8449076,140.3998117,16z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x8855a599f237e96d

 
 

渡会顔b
▲この日成田モトクロスパークにいらっしゃったみなさん。一部だけど。モトクロスコースもあるけど、平らなオーバルコースやキッズも走れるミニコースやハードエンデューロ用セクションもあります。誰でも楽しめるコースです。イズミさんに連れられてエンデューロコースも走ったよ。イズミさんはワタライさんの奥様、いつもニコニコでやさしい♡

 
 

■レンタルはバイクもウェアもあるよ。
レンタルバイク¥7,500/1人1台
 ・HONDA XR100(2台)、
 ・SUZUKI DR-Z125L(1台),
 ・YAMAHA セロー225W(1台)、
 ・SUZUKI ジェベル200(1台)、
 ・Kawasaki KDX220R(1台)
レンタルウェア 各¥500
 ・ヘルメット
 ・ウエアセット
 ・ブレストガード
 ・ブーツ(サイズ各種あります)

※ウエアセットにはMXパンツ、MXジャージ、グローブ、ニーシンガード(肘ガード)が含まれます。
※サイズによっては用意できないものもあります。予めご了承ください。
※予約の順に希望のサイズを振り分けます。
※ブーツレンタルの方は長めのソックスをご用意ください。スキー用などの厚めがお勧めです。
※ヘルメット、ブーツはオフロード用でなくても可です。ウエアもニーガード(膝のガード)さえあればオフロード専用でなくても可です。ウエアの上は、汚れても良いトレーナー等でも充分です。ただし、ブレストガード装着が義務となっています。
ブレストガードとはオフロードスポーツで上半身をプロテクトする装備です。
※装備類のレンタル希望の方は申し込みの際に身長と体形(普通・痩せ型等)入力して
ください。可能な限り、サイズの合ったウエアをご用意いたします。

 

あ、更衣室もあるよ♡ 女子用?これはうれしい!!

 
 

■クラスはいろいろ
「ビギナー編」、「続・ビギナー編」、「さらに!ビギナー編」、「初級エンデューロ編」、「難所系入門編」、「初級モトクロス編」、「飛べない人のジャンプ編」などがあります。各クラスの内容については後で説明します!
今回はビギナー編に体当たり体験してきました!
ワクワクドキドキでした。いろいろできなかったらはずかしいな、とか思ってたけど
行ってみたら全然気にならなかったです♡

 
 

みんな

 
 

■で、このビギナー編とは
オフロード未経験の人はまずここから! マシン・装備品すべてレンタルありますから大丈夫(上記参照)。
・オフロード楽しそうだけど、どこで乗れるのか?
・林道は走ったことあるけど、基礎を教わったことがない
・長いブランクがある
など、とにかく基礎の基礎からの内容! 午前中は広場限定。午後はコースコンディションが良ければ私が先導して初級ルートでコース走行という内容です。(渡會先生のブロクからコピペ)

 
 

2人のカット始まるよ
▲レンタルしたのはワタライ先生の前にあるXR100。見た目は小さいけど、自分には丁度よかったです。身長は160cmちょいです。
 

■マエダいよいよスクール体験します!フラットな広場で、ちょっと安心。
今回のビギナー編は他にも受講される方が2名(女性)がいらっしゃったらしいんですが、
キャンセルとなり、この日はマエダひとりとなりました。
ワタライ先生をひとりじめです!

 

走る場所はコースじゃなく、平らな広場。
コース走るのは怖いな、と思っていたのでちょっと安心(苦笑。
バイクはレンタルのXR100という小さなバイク。
バイクハコンパクトで私も両足がペタりとつきました。
また、パワーもあんまり出ないおとなしくやさしいコらしいのでこれも安心です。

 

当然ですが、シッカリ準備運動から始めます。
自分は学生のころ運動はしていたし、バイクもオフロードは多少は乗ってたのでこの大切さは自覚。すごく重要ですよね。

 
 

■まずはフォームから
まずはライディングフォームから。
あ、まだ乗らないんですね、ちょっとヒョウシ抜け・・・汗。
このXR100にとても興味津々ですぐにでも乗ってみたかったンですよね。
受講内容を詳しく書いちゃうとワタライ先生がこまるので(受講内容が商品ですからね♡)、
詳しくは書かないけどかなりしっかりと、そして具体的に教えてもらいました。
いろいろ間違って身につけちゃったことがあることに気が!!!
これだけでも大きな収穫。身につくのにはなかなか時間がかかりそうです。
スクールは1日だけど、身につくまで練習なので半年以上の意味がありますよ!

 
 
ライディングフォーム見本
▲こんな広場でやりました。コース走るのかなとか、できないとはずかしいなとか、いろいろ不安もあったけど、楽しくできたです。ワラタイ先生は新しく出たKLX230で、わたしはXR100。このKLX230はコンドーさんが軽く試乗したみたい。「すげーいい!」ってバカみたいに騒いでたよ(笑。これも次回以降に文章にするらしい。
 
 

ってことで、長くなったので次回Part2につづきます。明日か明後日アップするよ♡ まっててねー♬

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi Beer、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...