• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.09.14

モタフレンズparty長岡 (カニツアー付き)♬

マイちゃんトップ
 
 
■モタフレンズparty長岡(カニツアー付き♪)に行ってきました。

9月の上旬、新潟長岡のスポーツランド長岡でモタフレンズParty長岡(次の日はカニツアー付き♬)が開催されました。KRAZyも遊びに行ってきました♬

 

モタフレンズは、MotaFriendsと書きます。モタードフレンズという言葉をもじったネーミング。モタードで仲間を増やそうという意味です。スーパーモトライダーの#300高山選手が企画運営しています。#300高山選手はレースライダーですが、このモタフレンズはレースがどうとか、速く走るには!とかが目的ではありません。モタードバイクで戦うんじゃなく楽しむっていうコンセプト。

 

今回もゆるーくみんなでサーキットを遊んできました。

 
 

マイちゃん

 
 

楽しそうでしょ。このスポーツランド長岡はコースがやや小さめ。
なので、あまりスピードが出ません。そこも丁度いいのかも。
周囲も山で気持ちいいし。

 

関越道の長岡ICから8号に出て富山方向にむかうと
15分から20分くらいでこのスポーツランド長岡につきます。アクセスもいいです。

 

参加は少年から女子にオジサンと幅広いです。
参加地域も地元新潟や、埼玉や神奈川東京などの関東、そして石川からも。

 
 
走り2
 
 

今回もトップライダー達が参加し、
その走りをちょっと見せてくれました。
参加したのは古川由和選手に佐々木貴志選手です。

 

古川選手はレースで身体を痛めてて、あんまり走ってなかったけど
写真をバシバシ撮ってました。

 

トップライダーの撮った写真ってのも興味あるなぁ。

 

この日はクリスカントリーレース※でチャンピオンも取っている
石本麻衣選手も参加していました。
高山選手のマシンでモタード体験です。

 

モトクロスもやっていたという石本選手は
すっかり450のマシンを乗りこなしていました。

 

※クロスカントリーレース/自然の地形を走るオフロードレースのこと。その多くは2時間3時間をひとりで走るというマラソンレースです。モトクロスは人工的に造られたコースを走りますが、クロスカントリーは山や草原や森のなかなどを走ります。スピードも必要ですが、いろいろなセクションを走破するテクニックも必要。国内で有名なのはJNCCシリーズ。

 
 

マイちゃん
▲#101佐々木選手(マシンは#300高山選手のを使っています)と戦う石本麻衣選手。
 

マイちゃんササヤン
▲石本麻衣選手。スーパーモトジャパンにも参戦してほしいなぁ。

 
 

マイちゃん

 

マイちゃん
▲全日本のS2クラスに参戦中の#101佐々木タカシ選手。公道用タイヤのIRC RX-03 SpecR (F120/R150)であえて戦っています。「スリックと同じとは言えないけど、かなりグリップ力はあります!ときどき、あ、そういえばスリックじゃなかったンだ、って思い出すくらいほぼ同じ。このタイヤのすばらしいのは、滑り出しがわかりやすいこと。いきなりスパッと逃げる、ってことがないです。なのでタイヤを信じて思い切り攻められます。常にタイヤから情報が送られてくるからです。使いやすく性能を引き出しやすいタイヤだと思います。それに安いのも魅力ですよね!スリックや他のハイグリップの半額くらいですからね」先日のSUGOラウンドはタイヤにはきついコースでしたが(1から4コーナーまでが高速から中速の左コーナーが続く)、このRX-03 SpecRで2位に食い込んでいます。レース中のファステストタイムは#101佐々木選手が出しています。↑写真のマシンは高山選手のCRF450Rです。RタイヤはRX03 SpecR。フロントは16インチのためレーシングスリックを使用。

 

マイちゃん
#300がトレードマークの高山ナオト選手。このモタフレンズを主催しています。
 

最後には豪華景品があたるジャンケン大会も行なわれ、盛況の内に終了。
このあとは、みんなで新潟の美味いものを食べよう会へ。
次の日曜は日本海へ行ってカニをたらふく食べるツアーが行なわれました。

 

KRAZyはちょっと用事があって参加できなかったけど、
いつかカニツアーにも参加したいです。

 

元メンバーの笹岡未雪ちゃんも途中から遊びにやってきました。
クルマの免許とって今日は自分で運転してきたって。
またいつか一緒に走ろうよ♬

 

モタフレンズの情報はKRAZyのトップページの上にある#300のモタード写真をクリック。モタフレンズのサイトに繋がります。
 
 

最後
 
 

当日見学に来られていたIさん。次回はぜひ参加しませんか?

 
ツナギなどのウェアもレンタルがありますよ。
バイクの整備さえしてあれば問題はありません。
 
あ、整備って、高性能でレースでも使うようなパーツをつけるという意味じゃなく、
オイルフィルターやオイルを新品に。
タイヤは古く無いか?各部のオイルは切れてないか?
ブレーキシステムの清掃などの整備、という意味です。
 
サーキットだからと言って速く走る必要はありません。
自分のペースで走ればOK。
モタフレンズではキッズも走っています。
 
サーキット遊びを長くやってて気がついたことがあります。
ライディングフォームがかっこよくなっていくってことです。
かっこいいというかサマになっているというか。
ただ走る、ってことでクセが無くなっていくのかも。
必ずと言っていいほどカッコイイフォームになっていきます。

 
会場に遊びに来てくれている選手達は、どんな質問にも答えてくれます。
バイクについて、装備について(MXブーツが硬いんですが、どうしたら?
という質問がKRAZyには多いんですが、そういうのもライダーに聞いてみてください)
などなんでも答えてくれますよ。
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...