• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.05.24

②「MOTARD TOKYO 2030」レース開幕!

表紙
 
 
■いよいよ レース開幕!「MOTARD TOKYO 2030」/ Part224.May.2020「いよいよ レース開幕!MOTARD TOKYO 2030」の続きのPart2になります。
時は2030年、MOTARD TOKYO 2030の開幕ラウンド。レース大好き愛ちゃんとレース仲間達の未来のお話です。

 

どうやら午前中の予選タイムアタックが終わり、お昼のランチタイム休憩時間のようです。

※Part1は5月21日2020年にアップされています

 

■12:05 ランチ休憩

 
2030年5月の最初の週末、今日はMOTARD TOKYO 2030の決勝の土曜。
天気は快晴♫
あたし愛の応援する250ccクラスの#3コージのタイムアタックは午前中に終了。
タイムは1分30秒012、3番グリッドからのスタート。
いちおうフロントローなので、OKかな。
でも1番タイムを出しPPをゲットした#2トラカン選手との差はわずか0.15秒・・・
2番タイムのモハメド選手とは0.10秒
うーん、おしいなぁー。

 

※PPとはポールポジションのこと。スタートで1番前の位置です。

 

レディースクラスの#16アリサ選手はなんと6番グリッドをゲット!!
最後のラップで05秒タイムを縮めて6番に食い込んだ。ヤッホー♫
レディースクラスはレーサーの250ccマシンを使うんだけど。
アリサ選手は手足が長いから、マシンを自在に操っちゃう。
そこが超カッコイイ!

 

※主人公の愛ちゃんは、250ccクラスの#3コージ選手と、レディースクラスのアリサ選手の大ファンです。
あ、詳しくは21日にアップされたPart1を読んでください。これはそのつづきです。

 
 

ナイトレース魅力1
▲MOTARD TOKYO 2030の会場は、むかしむかし大きな遊園地のあった跡地です。街中でのレースだよ、だから行きやすい。トヨタさんがGRブランドでレースを行って、レースのイメージを変えたらしい・・・アタシは昔のことはわからないけど、レースが嫌われてたっていうむかしの感覚がわからない・・・だってかっこいいじゃん♫

 
 

ってことで今はランチ休憩。
ランチ食べて、1400時まで会場をブラブラする予定。
だれか来てないかなぁ・・・。

 

「あ、ユーイ選手♫だ」
 

ユーイ選手は、元モタードのチャンピオン。今はモトクロスで現役で活躍中の超スター。
 

「愛ちゃーん、元気にしてた?」
 

「ゲンキですよー。てか、素敵な男のこ紹介してくださいよ!」
 

「笑! じゃ、ウチの長男はどう? 笑。まだ10歳だけどさ」

 
 

レース界では、トップライダーでもぜんぜん偉そうにしないから
なんかそこもかっこいいよね♫
会社で部長だからって、家や外で偉そうにしてるひととかいるけど
(あ、ウチのママとか)どうかと思うよね・・・。
ジョーズ選手が言ってたんだけど、
『トラック(コース)のなかでは必死で戦うけど、そこを出たら普通のひとだからさ』だって。
かっこいいなぁ♡

 

そういうダンナさんがいいなぁ♬
・・・つーかさ、かっこいいひとはみんな結婚してるんだよな。

 
 

ナイトレース魅力1
▲レースは、ものすごく間近から見ることができるよ。そーゆー観戦エリアがあるんだ。なにしろ手が届くくらい近いところを走って行く!でも当然こっちも危険、もしかしたらクラッシュしてマシンが突っ込んでくるかもしれないから。でも、なにかあったときは観てる側に責任がある、という観戦エリア。

 
 
 

「愛ちゃーん、ウチのブース寄っていってよ♫
新しいスポンサーがついてくれたンだけど、化粧品なんだ。
男性用ファンデーションなんだけど、
すごくうすーく伸ばせてナチュラルなんだよ。塗ってないみたいなんだ!
色も豊富だし、女性もいけると思うんだよね。
愛ちゃん、ナチュラルなのが好きだろ?」

 
 

「アキラ選手!
へー!レース系のスポンサーだけじゃなくって
化粧品もついたんだ!?てか、よく商品特徴覚えたねー(笑。」

 

「てかさ、つかってたら 自然と覚えちゃったんだよ。
ほんといいよコレ」

 

「アタシも 男子から化粧品を勧められるなんて
ちょっとやばいよねー(笑。」

 

「爆笑」

 

「タイムアタックは見てたよ」

 
「そうなんだ・・・コージに負けちゃったよ。
6番グリッドの2列目。内側だからちょっといやな位置だな」

 
「ナンデ・・・?」
 
「1コーナーに入る際、内側になっちゃうだろ。
外から被せられると逃げ場がないんだよ。
いっそ2列目の一番外の10番クリッドのほうが自分はいいかな。
あ、ファンの方が商品についての説明が聞きたいみたいだから、いくねー・・・」

 
 

ナイトレース1
▲モーニングショータイム、ランチタイムショータイム、ディナータイムショータイムでは、ブースエリアでいろいろなことが行なわれる。だからかならずブースエリアにひとが流れてくる。つまり各ブース出店者からすれば、商品を見てもらったり、触ってもらったり、買ってもらえる時間がたっぷりある。出店しやすいわけなんだよね。あ、アタシのは某企業の宣伝部につとめてる。だからそういうことがちょっと気になるんだ♪ よくできてるなって思う。

 
 

■ブースエリアも楽しい。

 

このアジアモタード選手権は、トップライダーでも走行時間以外は
ほほこのチームブースやメインスポンサーのブースにいるンだ♡
マシンのことやタイヤ、オイルやレーシングウェアやパーツなど
スポンサーの商品のプロモーションのために、いる。
アタシ達ファンも話かけやすいし、
また、その商品についても詳しく教えてくれるからとても参考になるよ♪
アタシはレースやってないから、マシンのことは聞いてもわからないけど
バイク大好きな方はすごく参考にしてるみたい。
ついさっきまでサーキットを走ってたマシンと同じのがブースにあったら
興味わくよね♫
説得力もあるしさ。

 
 

「あ、ササヤーン♡」

 

「アイチャーン♡」
 

「お店はどう?」
 
「激混みの大人気だよ。愛ちゃんも、たまには来てよ。
 愛ちゃんが来るとお客が増えていいんだよ♫」
 
「はははー、ササヤンさん上手いなぁー」

 
 

ササヤンとは佐々木選手のことだよ。
スーパーモトのアジア選手権に最初のシーズンから参戦してたんだって。
もう20年くらい前みたい。
あ、ひげは白いけど今も現役だよ。すごいよね♫
日本だけじゃなく、アジアでも人気あるンだよね。
むかしむかし、アジアの選手権に出てたときも毎晩よっぱらってパンツ1枚になってたらしい。
アジアのお金持ちの有力者のおじさまも、そのササヤンのことが気に入って
真似て裸になろうとしたらしい・・・(笑。回りのおつきの方々があわてて止めたンだって(笑。

 

♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫   

 

ポンタ)オモシロイね、選手がブースにいてスポンサー商品の説明をしてくれるのはいいね。

賢太郎)だよね。さっきまでサーキットを走っていたマシンやタイヤやそういうのは特に説得力あるよね。それもトップライダーの口から聞いたことは説得力が全然違うよね。

ポンタ)でも、マシンの整備や体調を整えることができないね。

賢太郎)ずっとブースにいなくても、決められた時間だけでもいいよね。1−2時間とかさ。
選手に話しかけやすいのもいいね。選手もファンを増やすきっかけにもなるしね。
D1-GPでは以前、レース日にファン投票をやってたよ。
ポイントとは関係なく、ファンの多いドライバーがいるのが面白かった。
スポンサーもそれ観て考えなおしたりして・・・(笑。

 

♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫    ♫   

 

つづくつづくまだまだつづきます。・・・次のPart3は27日水曜にアップの予定です。

 

※登場人物はすべて仮名です。
photo:篠原成好+小山太朗+KRAZy

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。