• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.06.05

毎月5日は '今月の一行' /「大人はワイン2本まで」吾妻光良&THE SWINGING BOPPERS

林のコピー6月
 
 
今月の一行「大人はワイン2本まで」(5/28「吾妻光良&THE SWINGING BOPPERS」渋谷クアトロ公演より)
 

コンニチハ。KRAZyのコンドーです。このページは毎月5日の連載 ”今月の一行” です。
コピーライター林氏による コピーにまつわる ちょっと面白いオハナシ です。
「コピーライターってどんな仕事?」
「そんなコピー、誰でも書けるのでは ?」
・・・コピーライターって疑問いっぱいのお仕事ですよね。
これから就職のみなさんも やや気になる仕事かとと思います。
てなわけで、毎月5日はコピーライターというお仕事の現場から。
今月はソング。そう、歌詞です。ライブ動画を見ながらお楽しみください。 では。♪

 
 
 
吾妻光良&THE SWINGING BOPPERSというバンドがありまして。
結成40年弱、メンバーは軒並み還暦を越えたり越えなかったりの
今や高齢者揃いになったバンドなのですが演奏は元気いっぱいのジャンプ・ブルース。
ホーン隊が8人にドラム、ベース、ピアノ、そしてヴォーカルとギターを勤めるのが
バンマスの吾妻光良氏。
 

ジャンプ・ブルースと言われてもどういう音楽なんだか?
という皆さんにご説明すると…
いや、wikipediaのリンクでも貼りますか。
→ジャンプブルース https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャンプ・ブルース
 

んでまあ、ライブですが、もうすっかり高齢者ネタのオンパレード。
ブルーズってのはワークソングであり、悲喜こもごもの感情であり、
それを形だけ真似るのでなく現代の日本人が消化するとなると、
「サラリーマンの話」「うちのかあちゃんの話」「健康の話」とかに
なっていくのは極めて正しいことです。それこそがリアルブルース。
 

そんなバッパーズが先日行ったライブで発表された新曲、これが
「大人はワイン2本まで」という曲でした。その曲中にあった
 

 ♪大人はワイン2本まで それ以上飲むのは子どもさ

 

というフレーズが強烈に印象に残っておりまして。
まあ前半は飲み過ぎんなよという話であって、これは別に20歳を過ぎたら
まあ誰にでも言えるような話ですが、秀逸なのは後半ですよね。

 

「子供は酒飲んじゃダメだろ」と「大人は節度があるもの」という
二つの意味が引っかけてあるために、成立しつつも成立しない、
という文章になっている。こんな風にこの言葉を分析して解説
することは簡単です。だがしかし。これを30やそこらの奴が
歌っても響かなくて、やっぱり還暦だ定年だという話をしている
γ-GTPの高い人たちが演奏しているから最高に盛り上がれる。
若造には歌いたくても歌えない歌ってのが、あるわけですよね。

 

なんてことをYouTubeでライブ映像を見ながら書いてるのですが
こりゃもう見ていただいた方が早いなあ!というわけで。
https://www.youtube.com/watch?v=qH3ZZfnvXFU
ちなみに血圧300というのは聞いたことも無いような高い
数値ですが、血圧計ってのは通常目盛が300まであるそうで、
現実にある数字だそうです。いやあ人生まだまだ先は長い。

 

しかしこの動画のコメント欄に「こんな大人になりたい」
というコメントがありましたが、まったくもって同感。
こういう、いい年の取り方をしている先輩方がいると、
俄然、人生が楽しくなってくる気がします。さて自分は
どう年を取ろうかな、なんていう気持ちになってくる。

 

高齢化社会って言うと、なんか悲壮感とセットで語られる
ことが多い気がするのですが、このバンドを見ていると
なんかそれっておかしくない?と思えるようになります。
日本の宝ですね。「老いてなお盛ん」こそが、これからの
金科玉条になるべきなんだなあ。高齢者が増えるってのは
かっこいい高齢者がいっぱい出てくる可能性が増えるってこと。
それ、すんごいかっこいい世の中じゃないですか。

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
林 裕  Yutaka Hayashi
神奈川県鎌倉市出身。1995年慶應義塾大学環境情報学部卒、同年株式会社博報堂入社。2011年独立し、株式会社クラブソーダ設立。主な仕事に、田辺製薬「一本いっとく?」、CCJC「大豆ノススメ」、NTT東日本「エヌ山くんとティティ川くん」、SIREN:NT「羽生蛇村を求めて」、AKB48「前田敦子とは何だったのか?」、サッポロビール箱根駅伝「抜いてみろ。抜けるものなら」、海街Diary「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族」等
林顔写真
 
 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に5〜6回、販売形態は通販です。現在販売中。6月5日まで。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...