• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.02.07

全日本スノーモビル2017開幕 の予告編

プリント
 
 
全日本スノーモビル2017が開幕!R1は長野/黒姫高原 の予告編です。
行ってきました!2月の4-5日、全日本スノーモビル2017の開幕ラウンドの長野の黒姫高原に。
当初は行けるはずも無かったんだけど、急遽スポンサーがついて行けることになりました。

 
 
 
 

2開幕の長野
 
 
場所は長野の黒姫高原です。黒姫高原は長野市の少し北に位置し、もうすぐそこが新潟県です。
高速の信濃町ICから10~15分くらい。アクセス最高です。
スキー場の一部にコースが造られました。

 
 
 
 

3雪
 
 
高原というだけあって、気温は低いです。
カリカリに気温が低い。と言っても北海道のみなさんからしたらそうでもないのかな。
太陽が出ていたらそれなりに暖かいですが、日が陰ると急激に寒くなります。
日没後はあっという間にマイナスになっていたような気がします。6時で道が凍ってたですから。

 
 
 
 

4ライダー姿倉持兄
 
 
開催クラスは、トップクラスのA級スーパークラス、A級S1クラス、A級S2クラス、B級S1クラス、B級S2クラス、そしてジュニアクラス。ジュニアでは12才の選手も参戦しています。また女性も2名の参戦がありました。
 
 
 
 

5雪煙
 
 
コースは圧雪車で固められていて、こぶのできにくいコースとなっていました。雪が柔らかいとモトクロスのサンドコースのように大きなギャップがうまれて行き、タフなコースとなります。
スーパークラス用には大きなジャンプが2つ、連続ジャンプが4つデザインされていました。他のクラスはジャンプは無くフラットなコースとなっています。
コースは全体にコーナーの多く、またコース幅が狭いのが特徴。
なのでスタートが重要。パッシングポイントが少ないため、スタート勝負のコースデザインでした。
 
そんな中でもスーパークラスでは熱いバトルによる激しい順位の入れ替えがありました。
#1佐々木選手と#3阿久津選手のバトルです。これは見応えありました!
 
 
 
 

雪煙
 
 
でレースだけど、熱かったです。おもしろかった!
特にスーパークラスは熱かった。
ヒート1は#3阿久津選手が2番手から冷静かつ豪快な走りでトップを奪うとそのまま逃げ切っての勝利。
 
で、面白かったのはヒート2。
ホールショットを決めたのは#4関選手(トップの写真)。#4関選手はそのまま後方を引き離してのチェッカー。
2位に入ったのはルーキーの#01郷選手でした。前日の練習走行でも、メインのジャンプを誰よりも大きくとんでいました。これは注目だなぁと思っていたのですが、開幕でいきなりの2位に入りました。
またその後方で繰り広げられた3位4位5位争いも凄かった。狭いコースのなかで車体をぶつけ合いながら、ときには絡み合いながらのバトル、激しく順位を入れ替えます。モービルは車体も大きくそれなりに幅もありますが、モトクロスのように激しい走りが展開されます。これが大きな魅力です。
 
あ、詳しくは後日に!
 
 
 

B#14青森八木チーム
 
 

 
 
 
 

プリント
 
 
あ、今回は関選手から読者プレゼントをいただきました。
Owltech製 スマホ アクセサリー(iPhone7)です。
詳細はレポのときに。ご期待くださ〜い。
 
 
 
 

9B#14青森八木チーム
 
 

 
 
 
 

10スキー板とクルマ
 
 

とりあえず今日は予告編
近日中にレポアップします。

 
 
 

が、コンドーの写真の約半分の写真データが壊れちゃった・・・(汗。
つーことで、復旧作業ちゅ〜。
ダメな場合は、篠原カメラマンのを待つことにしようかなぁ。こまったなぁ〜
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。次回は2月末か3月の上旬になります。KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...