• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.02.11

全日本スノーモビル2017開幕 / Part2

S3阿久津ジャンプ
 
 
全日本スノーモビル2017開幕 SuperAクラス / Part2

今日は、全日本スノーモビル2017開幕ラウンドのレポ Part2です。最高峰のスーパークラスです。
 
 
 
 

コース下見
 
会場は長野県の北、黒姫高原スノーパーク。
そのゲレンデの一部にコースが設営されました。スキーあそびに来たお客様も見ることができちゃいます。
なんとふとっぱら。
 
 
 
 

S3阿久津ジャンプ
 
このスーパークラスはコースにジャンプセクションが用意されました。
スタート横の大きなジャンプ、その奥には大きな2連(これは当日は2つの間を埋めてテーブルトップジャンプに変更)、そしてその奥に4連のジャンプです。
全体にコース幅が狭くコーナーが多いので、マシンがよこに並ぶことが難しい・・・つまりスタートがかなり重要なコースとなりました。
 
 
 
 

S01郷

 
そのジャンプを、前日のテスト走行でひときわ大きく飛んでいたのがルーキーの#01郷瞬希(ゴウ シュンキ)選手でした。イケイケの走りです。
自分が郷選手の走りを観た最後は、たしかA級。こういう豪快なコースを走る姿は初めてです。決勝レースが楽しみと思っていました。
 
 
 
 

松野
 
 
 
 
 
 
 
 

S3阿久津ジャンプ

 
Super A / ヒート1
その重要なホールショットを決めたのは#12稲葉翔選手(青森)。むずかしい1コーナーを巧みに処理し単独トップに立ちます(この1コーナーをぬけた際、稲葉選手は後ろを振り返り後続を確かめます、余裕ですね)。この#12稲葉を追いかけたのは#3阿久津成一選手(福島)に#1佐々木雅規選手(北海道)。
#12稲葉選手は序盤2位以下を引き離す走りを見せます。
 
レース中盤 ジャンプセクションが得意な#3阿久津選手が#12稲葉選手との差をつめ、ついにオーバーテイクに成功。トップに立ちます。つぎのラップでは#1佐々木選手も#12稲葉選手を捉え2位に上がります。
#3阿久津選手は、そのおいかけてきた#1佐々木選手にアタックさせることなくトップでチェッカー。
ヒート1を勝ったのは#3阿久津選手でした。
 
ヒート1リザルト
 1位 #3阿久津成一(福島)
 2位 佐々木雅規(北海道)
 3位 稲葉翔(青森)
 
 
 

1Jump

 
ヒート1で2位に入った#1佐々木選手。
 
・・・・気のせいかもしれないんだけど、佐々木選手のちょっとマシンが走っていないような、
 
 
 
 
 
 

1Jump

 
Super A / ヒート2
ヒート2のホールショットを決めたのは#4関隼人選手(群馬)。2番手につけたのはルーキーの#01郷瞬希選手(北海道)。3番手は#1佐々木選手、4番手は#3阿久津選手。
 
トップに立った#4関選手は序盤からハイペース。後ろの#01郷選手との差を大きくひらいていきます。
 
レース中盤 トップ#4関選手やや開いて2番手#01郷選手、またややひらいて#1佐々木選手、#3阿久津選手とつづきます。
ヒート1で勝った#3阿久津選手がついに#1佐々木にアタック、しかし佐々木もこらえます。何度も#3阿久津選手はそのインを狙ったり、ジャンプでよこにならんだりします。が#1佐々木選手もこらえます。この接触しながらのバトルの結果、2人のタイムもおちはじめたのか、5番手につけていた#6松野元(長野)が2人の直後にせまります。
「これはチャンスがあるな、と思って冷静に見ていました」と#6松野選手。
その読みのとおり、#3阿久津選手がミスをおかしたスキに#6松野は4番手にあがります。
が、#3阿久津はジャンプで#6松野をかわしふたたび4番手の#1佐々木選手の後ろに入ります。ふたたび#1佐々木と#1阿久津のドッグファイトが展開。
2人はジャンプでからまったまま飛び、佐々木の車体は90度傾きます!が、なんとか#1佐々木も転倒は免れます。
 
最終ラップ 単独トップは#4関隼人選手、ややひらいて#01郷選手、3番手あらそいは #1佐々木、#3阿久津、#6松野の3人。佐々木と阿久津はまさにドッグファイト、この2人がベストラインをはずすなどのスキに#6松野選手が3番手に。
トップでチェッカーを受けたのは#4関隼人選手でした。

 
ヒート1リザルト
 1位 #4関隼人(群馬)
 2位 #01郷瞬希選手(北海道)
 3位 #6松野元(長野)
 
 
 
 

S4関ヨコ
 
ルーキーながらヒート2では2位に食い込んだ#01郷瞬希(ゴウシュンキ)選手
ヒート1も5位に入る活躍を見せました。
今後が期待です!
 
※01という0があたまにつくゼッケンは、そのクラスに昇格したばかりのルーキーを意味します。
#01は前の年トップのポイント数で昇格したラーダー、#02は2位のポイント数、#03は3位となります。
 
 
 
 

S4関
 
冷静な走りで3位に食い込んだ地元長野の松野元(マツノ ハジメ)選手。
インフルエンザから復帰したばかりで体調がすぐれなかったなかでも3位を得たのはさすが。
 
 
ただ、#1佐々木選手と#3阿久津選手のドッグファイトは見応えありました。ホントーに面白かった〜!
ジャンプで佐々木選手のマシンが左に思い切り傾いた瞬間は声を出しました(苦笑。
 
 
 
 
コース下見
 
 
つぎはA級、B級、ジュニアです。ちがった!プレゼントの告知です。今晩にはアップ。
つづく、つづく、
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。次回は2月末か3月の上旬になります。KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...