• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.12.19

全日本ハードエンデューロ G-NET R5 日野 / Part3

泉谷顔

 
 

■全日本ハードエンデューロ G-NET 2019 Round5 日野/群馬
「ところで ハードエンデューロって何?」Part3
 

・・・2019年 12月17日にアップしたPart2からのつづきです・・・

 

ポン太:最近レポートとレポートの間があくね。さぼってるのかな、いそがしいのかな。

 

キャサリン:サボタージュじゃないの?ねこのつめとかモコモコ系セーターとか、FACE BOOKのタイムラインで書いてたよね。

 

たかし:ナニそれ?

 
キャサリン:あ、いいの。今日のココはレースレポとかとはカンケーない写真の紹介だって言ってたけど何を話せばいいのかしら。あたしの美しさについてとかでもいいのかしら。

 
ポン太:あ、それいいですね。キャサリンはちょっとザキトワに似てるよね、ロシア系なんですか?

 
 

ミディアムとハードのマシン
 
 

泉谷顔

 
 

たかし:ハードエンデューロは平均スピードが低いのも人気の秘密なのかな。Round5の午前に行なわれたミドルクラス・ハードクラスも参加者多かったよね。若い方も多かったし。

 

キャサリン:そうなの、ちょっとロシア入ってるのよ♡ 美人でしょ。あ、スタイルもいいのよ。

 

ポン太:キャサリンさん、スタイルもイイんですか!

 

たかし:Part2ではG-NETクラスしか紹介してないので、レース用の高価なマシンじゃないとだめなのかな、って思われるかもしれないけどそうでもないんだよね。午前中のミディアム・ハードクラスはいろんなバイクで参加してる。TTR125とかXR100とかXR230とか。あ、当然セロー225もだけど。

 
 

23大西ミノル

 
 

たかし:4st125のミニホイールはバイクも軽いし、シートが低く足つきもいい。難所であってもなんとかクリアできる。かなりなところでも時間さえかけたらクリアできる。

 

キャサリン:ザキトワに似てるって、よく言われるのよ実は♬

 

ポン太:だって似てるもん♡

 

たかし:ハードエンデューロは勢いでクリアできるっていうコースじゃないことが多いんだよね。そういう意味では、エンデューロレーサーマシンじゃなくても問題ないンだ。

 

ポン太:もてますよね、キャサリンさん。

 

キャサリン:そうでもないけど、まぁまぁってことかなぁー♡

 
 

泉谷顔

 
 

#28西川テルヒコ

 
 

たかし:この週末も関東の白井オフロードパークで4st125のハードエンデューロ的なレースが企画されてるんだ。岡庭さんの企画みたい。これ、面白そうだなぁって思ってるんだ。

 

ポン太:キャサリンさん、今度一緒にご飯いきましょうよ♡

 

キャサリン:いや!

 

ポン太:そんなぁー、なぜですか?

 

キャサリン:とにかく、なんかイヤ!!

 
 

23大西ミノル

 
 

たかし:そうなんだよ「なんかイヤ」っていうことで4st125のこのサイズは選ばれないことが多い。イメージが悪いみたいなんだよね。

 

ポン太:そうですよ「なんかイヤ」はよくないですよぉ=♬

 
 

#15タク
▲実は2位に入った中野マサヤ選手もスタックはしている。ただそこでのロスを最少に抑えているのかもしれない。このときも一度で登りきれないことがわかった時点で、どこで止まるかを考えながら走っていたように見えた。そのためリスタートを確実に決め、あっさり脱出していった。
 
 

#15タク
▲写真は#25水上選手。この丸太の右を通過したらこの2m先の岩の段差を登るポイントで撮影。しかしこの丸太を乗り越え左(むかって左)に入ったら、ここでの撮影はあきらめ、岩の沢を急いで駆け上がりもうひとつのポイントで狙う、と決めて待っていた。通過するラインによって絵になるポイントが変わるからだ。

 
 

#15タク
▲#29内嶋リョウ選手。身体から立ち上がるゆげが美しい。
 
 

#20木村
▲ハードエンデューロは観戦する方々も多い客。午前の自分のレースを終え、午後から始まったスター選手のG-NETクラスを観戦する方も
 
 

たかし:一度この4st125とかのサイズのバイクに乗ってみてほしいんだよね。かんたんに乗れちゃうし、なんか小さくてかっこよいとは言えないからアレだけど。

 

ポン太:そうですよ。僕もそう思うなぁ・・・

 

キャサリン:それとこれとはちがう!

 

マエダ:そうそう。わたしも夏にちょっとだけKLX110に乗ったんだけど、意外と面白かった。じつは今までこういうバイクをちょっとバカにしてたんだよね・・・。やっぱレーサーがかっこいい!って思ってた。

 

ポン太:あれ?マエダちゃんも登場!?KRAZyのアパレル関係のモデルやっているマエダちゃんですよね。

 
 

ミディアムとハードのマシン
 
 
 

マエダ:なんかさ、自由自在にコントロールできちゃう楽しさがあったンだ。スピードはでないけどさ、コントロールする楽しさが面白かったよ♡

 

たかし:でしょ でしょ!

 

ポン太:マエダちゃん、今度ご飯にいきましょうよ♬

 

キャサリン:おい!!

 

ドロロゴ

 
 

観客
▲G-NET固定ゼッケン#7の上福浦選手のYZ250X。車体はかなり前下がり、サスはかなりやわらかかった。
 
 

ミディアムとハードのマシン
▲レースを楽しんでますね。ミニホイール+4スト小排気量ってかなりハードエンデューロ向き。初心者用って紹介されることが多いため、性能が低いと思われがちだけど、実は違う。と思う。

 
 

ドロロゴ
 
 

G-NET最終ラウンドとなったRound6はこの次の日曜日に行なわれましたが取材できませんでした。別な取材が決まっていたのでそちらに。

 

最終ラウンドが終わって2019年のチャンピオンとなったのは、#1ロッシ選手こと高橋博選手だったようです。すごい!6連覇です。ランキング2位は水上タイスケ選手(固定ゼッケンの#2)となります、3位は山本アヤト選手(#3)となりました。
詳しくは↓
http://www.g-net.hardenduro.jp

 
 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

 

OTHER POST

Loading...