• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.05.27

公園でトライアル。City Trial Japan 2019 in OSAKA 万博記念公園 / Part4 完結篇

客_外人女性

 
 
■インタビューを含め生の声をまとめてみました、これでホントに最終です。レポートPart4 完結編
 
このCTJの主人公って、トライアル競技や二輪スポーツを初めて観たお客様達かなぁと個人的に思っています。またこのプロジェクトによって生まれた人々の思いだったりとかも重要かなぁって思っています。
と考えると、このお客様の感想が重要かなぁと思い、Part3で終わりにしちゃったんだけど、完結編としてPart4をつくっちゃいました。

 
 

「トライアル見たのは今日初めて。となりのアウトドアイベントに来てて、音が気になって来てみたらすごかった」
・・・予選の予選で会った若いカップルのお客様の声

 
 

「ホントにあそこ登るんですか?ホントに!?」
・・・予選中に後ろから聞こえて来た声。女性でした。

 
 

「選手のひとたち すごいなぁ。なんであんなのできるん?」
・・・決勝の直後に聞こえて来た声。

 
 

「あんなところで止まれるものなん?なんであんなに飛べるん?
不思議やわぁ。」

・・・会場を移動しているときに聞こえた。30代くらいの男性だったような。

 
 

黒岩笑顔

 
 

黒岩笑顔

 
 

客_外人女性

 
 

「なんか すごいわぁ・・・ホンマにすごいわぁ」
・・・これも予選中に後ろから聞こえて来た声。女性でした。

 
 

「これをやろうとしたその選手がステキやね・・そこまで好きなことがあることもすごいわぁ。
そんな風に育てたお父さんにも興味あるわぁ。あの方?」

・・・前日の設営時、女性の2人組の方の声。先生だとか。

 
 

「来年もやってほしいです。こういうのがあると、チームとしてもテンションが上がります」
・・・参加したチーム関係者

 
 

黒岩笑顔

 
 

ガッチ

 
 

「ありがとうございます。これで(City Trial Japan)トライアルを見ていただいて、知ってもらうのはいいことですね。レースは真剣勝負です。それを生で見て熱いパフォーマンスを感じていただけたらうれしいです。これをきっかけに全日本(選手権)にも来ていただけたらと思っています。今日はヤマハファンの方にも良いところを見ていただけたかなと!応援していただいたみなさま、ありがとうございました。」
・・・優勝した#2野崎史高選手/Team FwO with YAMALUBE

 
 

「これなに?アート? ああ、ここ走るんや!面白そう。明日来ようかな」
・・・前日の設営時。

 
 

「来年もぜひやりましょう!お願いします」
・・・終わって後片付け中に、藤原選手に挨拶していかれた公園関係者の方。かなり偉い方だったようです・・・。

 
 

「つぎもまた観たいと思った。次はいつやるのか早めに知りたい、夏休み中とか秋とかかなぁ?」
・・・終わったあとで。カップルのおふたり

 
 

2公園
 
 

「これは年に1回の開催ですか?次回は早めに知りたい。仕事の都合をつけて生でみたい。
こういう活動は大切だと思いますトライアルに限らず。
来年はせめてここに他のジャンルもブースを出してPRしたらどうでしょう。
ロードもモトクロスもエンデューロもモタードも。
去年の全日本モトクロス関東大会のように。
(2018年は自主参加で、モタード、ダートラ、スノーモビルがブースを出してPRした)
展示されてたスノーモビルのマシンはとても面白く、レースを観てみたいと思いました」

・・・クレイジーウェブマガジンのレポートへの感想メールから。

 
 

ガッチ

 
 

「おかげさまで2回目も大成功で終われました。選手のみなさんも怪我もなかったし、お客様も喜んでいただけたみたいだし。
今回は去年に比べ、コースの幅がとれたので(去年は商店街の道を使ったため左右が狭かった)ハードなコースが用意できました。
観ていたお客様もボルテージがあがってとても楽しんでいるのが感じれました。いろんな声も聞こえました。うれしくて鳥肌が立ちましたよ!」

 

「今日のコース設定はうまくいきました。一歩間違うと危険なコースになってしまう。置く位置も10センチの差で大きく変わる。さじ加減がとてもむずかしい。自分が現役だからできたと思います。ガチのレースができたと思います。」

 

「動き始めたのは昨年の7月。10月には少しづつ進んで12月にはだいたい決まった。けれど、年明けに、9割OKの出ていた会場がNGになり、急遽この大阪万博記念公園になった。コチラの思いに公園側の皆さんには共感していただき、『ぜひここでやってほしい』と協力もいっぱいいただきました。」

 

「来年は未定です。(開催には)多くの協力が必要なので未定です。スポンサーさんも、協力していただいている皆さんも、ライダーのみなさんの協力もなければ実現しませんから。」

 

「トライアルを、この業界を盛り上げたいという考えに共感し、一緒に作り上げてくれたスポンサーさん、選手のみなさん、協力していただいたみなさんには感謝しています!本当にありがとうございました!!」
・・・実行委員長、そして選手の#8藤原慎也選手 / TEAM KOKORO CARE & BETA

 
 

未来のライダー
▲実行委員長 #8藤原慎也選手/TEAM KOKORO CARE & BETA

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...