• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.10.18

台風19号

桶の近辺水没

 
 

■台風19号は東海から長野そして東日本にかけて大きな被害。それは身近なところにも。
今回の台風19号の被害は関東から東北にかけて甚大なものとなっています。
知人の畑や家屋や会社も被害をうけました。
そのなかにはKRAZyも度々お世話になっている3つの施設が大きな被害をうけました。

 

・ウエストポイント オフロードヴィレッジ(埼玉/川越 モトクロス&フラットダート)
・テルル桶川スポーツランド(埼玉/桶川 アスファルトサーキット)
・日野カントリーオフロードコース(群馬/日野 エンデューロコース)

 

上2つは水没。河川敷にその施設があるためすべてが水に浸かり、その水に押し流されたり強風によって建物も崩壊してしまいました。
日野カントリーは暴風と豪雨によって山が削られ、ここまで作り上げた走行コースは無くなり、また沢や林道も崩れ去ったそうです。

 
 

桶の近辺水没
▲ウェストポイント・オフロードヴィレッジ。台風の次の日に撮った写真です。あの受付の建物も倉庫も何も見えなくなっています。

 

どれも被害は今までにないレベルとなっています。
自力での復旧はかなり難しい状況です。
このまま営業をやめてもおかしく無いレベルだそうです。
(各所は今後の営業を目指し復旧する方向です。)

 

各施設の詳しい情報はHPやfacebookでも知ることが可能です。

 

日野カントリーオフロードランド ブログ
 ↓ ↓ ↓
https://hinocountry.exblog.jp/29686612/?fbclid=IwAR3koxwOEKaUNHnzTviH9SaHpGdHmLW8X4l_eFMNyOCV9vdrpwyN99D9cdQ

 

オフロードビレッジとテルル桶川スポーツランドはfacebookで日々の状況がアップされています。
 

現在(今は10月18日fri)、上の2つはボランティアのみなさんの協力によって
復旧作業が進んでいます。
日野カントリーは今後の復旧作業のためのボランティアを募集しています。

 
 

桶の近辺水没
▲オフロードビレッジのあのスタンドも全壊。

 

プリント
▲テルル桶川スポーツランドを囲んでいた看板もすべて崩壊だそうです。

 
 

自分は趣味でレースを初め、気がついたらそれを手伝い仕事にする今につながっています。
二輪に関しては40年以上レースの近くにいました。
レースなどの二輪スポーツやバイク遊びで重要なのは「走る場所」なのでは、
と最近思っています。
バイクというカタチあるモノ以上にです。

 

その場所が今大きな被害にあいました。
自分もKRAZyもなにかしたい、協力したい、と考えていますが
なかなか現在の仕事から抜け出せません・・・。

 

でもきっとなにかできることがあるのでは?
と考えています。

 

この気持ちって、じつは多くのみなさんも同じなんじゃないか、とも思っています。
各施設の困っていることと、この気持ちがうまく繋げることができたら・・・

 

すいません、まだ具体的なアイディアはありません。
(テルル桶川スポーツランドさんについては今日社長と話をして、実行に進みます)

 

各施設が今困っています。
本当に困っています・・・。

 

というかこっちはトイレ用の水もないンだよ、という状況の地域や方々もいます。
各地で困っている方々がいるわけですが、
せめてKRAZyは日頃お世話になっている走行施設のためになにか行ないたいと思っています。

 

ご協力をお願いすることもあるかと思います。
決まり次第、ここで告知します。
とりあえず、

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...