• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.01.18

大雪のなかモービル遊びに行って来た。モツ焼きうどんにパウダースノー

基本形
 
 
話題になってた大雪の新潟に、モービル遊びに行って来た。動画のようなライディングができた! かも・・・ww

センジツの予告編のつづきです。

 
 モービル遊びのために新潟に13日金〜14日土の2日間行ってきました。モービルのバックカントリーツアーに行ってきました。ゲレンデとかじゃなく山の中や自然のなかを走ってきました、それも新雪の上!
 
 で、乗れちゃいましたよ〜! はい、乗れちゃったです!!
どう説明したらいいのかわからないけど、ようやく一人前に近づいたってか。
バイクで例えると、リアステアでコーナリングができてアクセルあけあけでコーナーに入れるようになった
とか
オフなら、ジャンプがとべるようになり、なんならダブルやフープスもコツがわかったからもう大丈夫!
とか、オープンダートを自由自在に走れるようになった〜!
みたいな感じすかね。
 
 
 ひとことでいうと、
吹雪だったけど、モービルってスゲ〜楽しい!! ってわけです(笑

 
 
 

岡田ヨコ

 
 

 今回は新しいマシンに挑戦(なんと600ccの2017年型)、そして新雪にも挑戦してきました。
行ってきたのは新潟の豪雪地帯。その豪雪地帯も今年は雪がない。がこの週末には大寒波がやってきててやっと積もりました。ようやくスノーシーズンが始まりました!この雪で新潟や関東の全日本スノーモビルの選手達もようやく本格的な練習ができたみたいです。

 
 
 

林道

 
 
 
 
 

雪国

 
 

 今回向かったのは、センジツの動画のなかのあの空撮シーンの場所↑。
 
 ものすご=く広い雪原、そして積もったばかりの新雪!そこを自由自在に走り回ろう〜というわけです(ここは私有地です。許可をもらって走行しています。勝手に入り込んでの走行を行なわないようにお願いします)。

 
 
 

あのシーン

 
 

今回乗ったのは、Ski Doo のサミット 600ccでトラックの長さは146インチ。↓に試乗動画も。
  ↓  ↓  ↓
http://takakiya.com/news/新車納車ライド/

 
いよいよ、「いっちょまえ※」な車両です。

※いっちょまえ:「一人前」の新潟弁です。むか〜し人気テレビドラマ内で、樹木希林がつかって流行したこともあったり。そう、あれです。

 
 
 

あのシーン

 
 

 さっそくその場所に向かう一行6人(うちインストラクター+ガイドが3人!充実のツアーです。)。

大雪なんだけど(ときに吹雪)、みんなハイテンション! うれしくてたまらないわけです。

遠足の子ども達でも、最近はこんなに喜ばないような気も・・・(笑。

 
 
 

岡田ヨコ

 
 

 その場所に行くには、それなりになかなか長い道のりがあります。
林道を抜け、崖の道を行き、またまた林道を抜けていきます。その道もすべて新雪で覆われているので、これもなかなか大変。だけどそれがまた楽しい!
 
 今回は実は「写真を撮らなきゃ」ってのを放棄しました(笑。
天気悪いし(こういう日はなかなかいい絵が撮れない)、写真撮るために雪のなかを走り回るとものすごく疲れる、1日はなんとかなるけど今回は2日間なのでそれじゃ体力持たない、てか乗ることに集中してできれば今回は上手くなりたい!などの気分から「もういいや!」と半分あきらめました。
 
※あ、なのでこの写真はすべてお借りした写真です。
TKKY(高喜屋)さんの社長の盛行さん、ガイドでインストラクターの唐沢さん、お客様の沢田さんからお借りました。

 
 
 

林道

 
 

 林道のなかで一休み。
 
 雪のなかの林道、ここで聞く鳥の声がすきです。
春を感じさせるからなんですかね・・・。もしくは空気か冷たくて、いつもの声でもひときわいい響きを奏でるからなのか。今は当然だけど鳥は見かけません。まぁ食べ物もないし、こんな日は羽も濡れちゃいますからね。
でもいました・・・食べ物を探しているんでしょうか、一羽だけが鳴いていました。
 
 行くに従って雪質が変わって行きます。最初は新潟ならではのボタ雪だったのですが、林をひとつ超えるたびに温度は下がり粉雪に変わっていきます。ゴーグルをさらさらと流れて行きます。

 
 
 

プリント

 
 

 お昼は熱々のモツ焼きうどんを食べ(ガイドのみなさんが作ってくれます!これがまた美味い!!テントも用意してもらえるのでかなりゴージャス)、ようやくあの雪原に着きました。

 

 ほぼ平らな雪原です。かなり広いです。野球グラウンドでいうと30個分くらい?とにかく広いです。ちょっとした丘もありますが、ほぼ平らです。それがすべてパウダーの新雪に覆われています。
このパウダーが美しいんです。が、これが実はやっかい・・・。

 
 
 
基本形

 
 

 こんな感じのパウダーです。もう最高です。
バックカントリーと言っても、こんな雪原を走れるンです。バックカントリーというイメージとはちょっと違うかも。
 
 写真はTKKY(高喜屋)さんのガイドのKさんです。ほぼ僕と同じくらいからモービルを始めたんだけど今ではもうこんな感じ。かっこいい〜!
 
 スノーモビルは車体を傾けてローリングしながら走ります。スキーやスノボと同じです。エンジンのついたスキーみたいな感じって言えばいいのかなぁ。バイクやクルマとはまた全然違う感覚・・・あ、いえ似てるんだけど、やっぱどこかが全然違う。

 
 
 

基本形

 
 

 TKKY(タカキヤ)さんのT社長です。こうなるとモトクロスみたいですよね。モービルのレースは米国ではスノークロスとも言うんだけど、雪上のモトクロスでもあります。

 
 
 

基本形

 
 

 お客様のOさん、この日は購入したおろしたての新車です。ロングトラックのサミット850ccの165です。
165とはトラックの長さで、165インチを意味します。このトラック(キャタピラ)が長いほど推進力も上がりヒルクライムも新雪でもパワーを発揮します。ただし、車体が長くなるためコントロールするにはウデが必要です。が、もうすっかり手足のように乗りこなしていました。

 
 
 
 
岡田ヨコ

 
 

 同じくOさん+サミット X 165 E TEC850 G4.リラックスしたライディングです。こんなライディングができたらいいんだけど、なかなか難しいんですよね〜。

 
 
 
ガイド&インストラクターのCさん↓。ハイスピードで深くバンクさせるコーナリング。

基本形

 
 
 
 
 
 

 もっと深くバンクさせ、ほぼ90度傾けることも可能です。それがこれ↓。もう車体も人も雪のなか・・・スゲ==!

基本形

 
 
 
 
 
基本形

 
 
 みなさんほどじゃなくけど、自分もなんとか新雪の上を自由自在(自分的には)にスラロームできました。すげ=気持ちいい。いつもは撮ってる側のあのビジュアルみたいに自分がなっているのかなぁと思うと、すげ=気持ちよかったです。
いつまでもいつまでも乗っていたかった=。
写真も撮ってもらって、もうサイコーっ気分。
 
 
 
岡田ヨコ

 
 
と言いつつ実はちょくちょくスタック・・・ 新雪はキビシイ〜!!(苦笑
 
 
 
林道

 
 
 今回はTKKY(高喜屋)さんのバックカントリーツアーに参加してきました。写真にはないけど今年還暦のSさんも参加しています。それなりの経験があれば、参加できます。
 ↑写真がこのツアーを企画しているTKKY社長の高橋さん。
 
 このバックカントリーツアーとは別に、初心者用のツアーも用意されています。マシンも装備もレンタルできちゃいます。この日の次の土日の2日間が初心者向けのツアーが予定されていたんだけど、悪天候で取材予定の土曜が中止。あ、でも日曜は楽しまれたようです。
 これもいつか紹介しますね。初心者にもいろんなレベルがあると思うんだけど、そこは調整してくれるそうですよ。
2日間で車両レンタルやガイドも含めて70,000円から.詳しくは↓の下にある「EVENT & TURE」をご覧くださ〜い。
高い!と思うかもですが、体験してみると価値がわかります。(今年、実は大人気です!)
http://takakiya.com

 
 
 
林道
 
 

 スノーモビルって、縁のない方には全く興味がわかないと思います・・・・。
バイクもオフロード系は以前はそうでした。モタードも同じ。何が楽しいんだ?っていう空気がありました。
オフ系は80年代の中頃でもそういう空気がありました。わざわざトランポまで用意してドロマミレになるなんて意味わかんネ〜!って(苦笑。でも今では誰でも知ってます、うちの85才の母だってモトクロスの言葉も知ってるますからね(意味は間違って覚えてるけど)。エンデューロはその魅力が知れ渡り本当に多くの方々が楽しんでいます。
 このスノーモビルも一部の東北や北海道ではそれなりにメジャーなんですよ。乗ったことがないひとも一度はぜひ。バイクやクルマドライブが好きなかたなら、ハマりますよ。オープンエリアの山系のライダーのみなさんはとくにオススメ。

 
 
 

基本形

 
 

ンで、今週末は糸魚川方面でまたまたモービルに乗ってきまーす。ワクワク

 
 
 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...