• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2022.02.18

新しいモタードレース?カブもサーロンも、キッズも女子も/Part2

タイトル

 
 

■新しいモタードレース?カブもサーロンも、キッズも女子も!あのオーバーオールのオリジナルスタッフが集まって開催 Part2 -18.Feb.2022- 

1月30日(日)井頭モターパーク(栃木県真岡市)でちょっと新しいタイプのレースが開催されました。アスファルト+ダート、と書くとモタードですね?となるのですが、原付などの小排気量限定のイベント型レースです。

 

日本のモタードの起源となったのがオーバーオール。そのオーバーオールの主催は吉澤博之氏でしたが※、その現場を回していたのはあのG-STAFF。マルチプレックスやゲームスなど、数多くのイベントレースをこなしてきたベテランスタッフです。このG-STAFFのメンバーが再び集結し、新しいカタチのレースを開催しました。
※吉澤氏は2015年に亡くなられています。

 

GirlSmile

 

ヨツバモト+キッズ2

 

■グロムやセローやカブ、そしてJOGも

 

グロム、APE、原付カブやメイト、CRM50、DT50、YB125、JOG、レッツ4、CRF125F、これが午後の部(120分耐久)の参加車両。
クラスはMotoMixカブ、MotoMixスクーター、MotoMix125other、になります。

 

午前はオフ車、モタード、トラッカーなどで、
トリッカー、セロー、WR250R、FTR223、KLX230R、アクロス250、CRF150R、KX250などが参加。
MotoMixトラッカー、MotoMixモタード、MotoMix250other、
こちらも120分の耐久です。

 

どちらのクラスもライダーは4人までOK。

 

お昼にはスプリントのレース。
サーロンLight Bee X、サーロンLight Bee S、CRF125F、カブ、XR70が参加。
電動バイクとミニバイクのレースが行われました。電動バイクのサーロンですが、とても乗りやすいバイクです。パワーが低い速度からじんわり出力されるので滑りやすい所でもコントロールが楽なんです。フラットダートは得意です。また、軽いのも魅力。いつかハードエンデューロにこれで出てみたいです。

 

ドットの人+カブ

 

試作

 
ロイードバイク

 
 

え?車両の性能が対等じゃない?・・・ああ、そうですね(苦笑。勝ち負けが目的じゃないので、危ないほどの差がない車両で区分けされていました。
レースではあるけど、市民マラソンみたいなもの。基本的には譲り合いの精神が大切です。

 

■「遅い、下手、が悪じゃない。ライダーレベルがバラバラの、今日はそういうイベント」

 

・遅い、下手、が悪じゃない。ライダーレベルがバラバラの、今日はそういうイベント。
・無理はしないこと。
・かもしれない運転を心がけてみる
悪路での走行を経験してる方は察しが付くかと思いますがコーナリング時に横にいる車両が転倒する、ストレートの区間であっても、タイヤの空転で転倒してしまうことがあります。慣れていない方は「もしかしたら隣の車両が転倒するかも!?だから少しマージンをとって走ろう」と、少し意識してみるのもいいかもしれません。

 

と、こんな内容が参加者に再び伝えられていました。レースだからと言ってぶつけていいわけじゃないです。市民マラソンもレースだけど、体をぶつけて追い抜くことはやらないですよね。そういうことみたい。このレースで最も重要な点みたいでした。
だからキッズも女性も初心者も参加できてるみたいです。

 
 

試作
▲AD/TACこと和泉拓選手も参加していました。AD/TACさん、今はビッグバイクでハードエンデューロ!のイメージが強いけど、以前はモタードレースやオーバーオールの常連です。

 

観戦の方のバイク
▲こちらは観戦の方のバイクw

 

■競わない、争わない、他者との順位を気にしないレース。そういうのがあってもいいのかなぁと。

 

全日本選手権もそれはそれで必要だけど、本格感があるからか地方選手権でも敷居が高いイメージがあるようです。そのためか、参加する人を増やすチカラは今はないみたい。
モタードレースは今は不人気で、開催すらされてないのが現状。だけどこういう内容でこういうトーンなら、参加する人はいるんだなぁと思ったです。

 

今回KRAZyは取材とブース出店しか協力できなかったけど、次回はもう少し具体的に参加できたらと思いました。告知とか、参加してみて感想をレポートするとか、内容はわからないけど、、、。アスファルトもそんなに難しくはないです、すごいバイクじゃなきゃダメってこともないし。ハードエンデューロが今女性や若い方々を中心に人気あるわけですが、参考にしてみてもいいんでしょうね〜。次回皆さんもどうですか?サーロン(EVバイク)、原付カブ系バイク、原付スクーター、TTR125、XR100モタード、グロム、セロー、WR250X+R、2st125オフ、2st250エンデューロマシン、そしてCRF250Rモタードなどなどが今回は参加でした。土曜にはヨツバモトのイベントもありましたよ〜。

 

サーロンスタート
▲午前のクラスのスタート。ル・マン方式でスタート。

 

試作
▲カブなどの午後のクラスのスタート。こちらもル・マン方式でスタート。焦らずのんびりスタートです。

 

ケンと拓
▲スクーター+川留選手(全日本スーパーモト選手権PROクラス)とAD/TAC選手のバトル(笑。「待ってくれー!」と頼AD/TAC、「イヤでーす♫」と逃げる川留ケンちゃん選手。こんな感じのゆるい&のんびりレースでした。
 

うどんと女性
▲「いっぱい走ったらお腹すいちゃった!」4人前のカップうどんを手に。お湯はなんと2.8リットル

 

お姉さん+まき
▲今話題のSUGO学園の先生、まきちゃん先生も今日はKRAZyのお手伝い。ブースでグッズ販売とスターティングフラッグを振って頑張りました〜。まきちゃん先生は今年KRAZyのモタード関係を手伝ってもらいま〜す。ヨロしくでーす。

 
END
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之/KONDO design