• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2015.10.31

日高3DAYSを4st125で。#10和泉タク/ Part2

1_htde_tac2

 
 
JEC R3-4 日高3DAYSを 4st125で。#10和泉タク選手 / Part2

2015年の日高3DAYSは過酷でした。

もともとコースもハードな設定だったようですが、事前から振る続いた雨がより一層ハードにしたようです。

歩いても登れない、降りれない(滑るし轍あるし)箇所も随所にありました。

 

そんな2015年の日高で、IAクラス10位に食い込んだ4st125ccの車両があります。

それがこのBeta RR4T 125LC(↑)です。乗ったのは#10和泉タク選手(Strange Motorcycle)です。

 
 
 
 

1_htde_tac
IA #10 Izumi Tac / Strange Motorcycle

 
 

和泉選手といえば、峠出身です。

その後、X-tream(スタントバイク)でいろんなイベントに参加し Asphalt Dancer タクの名前で有名に。

それに平行してその当時始まったスーパーモタード全日本MOTO1にも参戦。

排気量無制限の moto1 unlimited クラスで優勝しています。

その後、全日本エンデューロ選手権などに参戦し、現在はJEC IA #10をつけています。

エンデューロ界にトライアルタイヤを常識化させたのもこの和泉タク選手の活躍が大きいようです。

 

その和泉選手、今度は4st125ccの一般公道用バイクでエンデューロに参戦し、結果を出しました。

(去年は「ナンバーつき車両なんだし、じゃ、日高まで乗って行こうかなぁ〜」ってことで自走で参戦しています・・・汗)

 
 
 
 

1_htde_tac
Beta RR4T 125LC

 
 

そのマシンがこれ↑。

エンジンはヤマハのあの水冷4st 125ccエンジンです。

そう、あれ。ハスクバーナSMR125やTE125などにも使われているあのエンジン。ふつーの4stの125ccです。

初心者用バイクと言われる部類の車両です。

では、10位に食い込むためには、いったいどんなカスタムがされているのでしょう・・・。

 

●レンサルハンドル
●YZマスターシリンダー、ブレーキホース(タッチ向上とレバー選択の自由度向上)
●YZFクラッチパーチ(走行中の調整とレバー選択の自由度向上)
●ARCレバー
●ACERBISハンドガード
●S3ステップ(トライアル車用)
●フロントフォークは油面とオイル粘度で調整、SKFシールに交換
●フロントタイヤ IRC IX07S+ムース
●リアタイヤ IRC TR011ツーリスト+ハーフムース
●デカールはJKdesign+priducts
●アルミアンダーガード(不明)
●エンジン、吸排気はノーマル
●オイルはWAKO’SのTR40です。
 小排気量は全開が多いので特にオイルは重要です。途中で交換予定でしたが、結局3日間無交換で乗り切りました

 

なんていうか、何もやっていないに近い・・・つーか、ほぼノーマルですねこれ。

ハンドルバーを交換し、そのハンドルバー周辺のブレーキ関係とクラッチやレバー

あとはプロテクターを装着、、、で、完成。

こだわりはタイヤとエンジンオイルのみ と言ってもいいですね。

 
 

↓こちら、深山クロスでの和泉選手+4st125のRR4T125での走りを見てのブログ。面白いです!

http://yaplog.jp/lgsrev6tme999/archive/510

 
 
 
 

_htde_tac2
 
 

こんな川も普通にたんたんと通過していきます。

レーサー車両ではなく、一般公道用の車両で全日本エンデューロ選手権に参戦し、10位という結果を出しました。

いわゆるフツーのバイクで10位です。

和泉選手やりますね〜。

 

ものすごい高性能なマシンじゃなきゃレースには出ることができない、ってことはありません。

去年は、旧セローの方もいらっしゃいましたし、今年は新セローも参戦しています。

XR250だって。

 
 

仕事柄、新車にも乗るチャンスが多くあります。

新車はそれはそれですばらしいです。

新しいメカニズムも搭載されてて、乗りやすくなっていたりします。

夏に乗ったBetaのXtrainer300や、Shercoの2st250とか(これは昨年型だけど)はとても乗りやすかったです。

が、それじゃなきゃダメってことはないと思います。

 
 
 
 
 
 

_htde_tac2
5
 
 

あ、昨日のレポで「スタート直後の1コーナーを10位以内で通過」は間違いでした!

Lap2での1コーナーでした。

写真を確認しましたが、さすがにスタート直後はほぼ最後尾・・・間違いでした、すいません!

 

追加情報:和泉選手は仙台にあるストレンジ モーターサイクル(Strange Motorcycle)の代表です。
     ベータやヤマハのスペシャリストです、が
     エンデューロだけじゃなく、モタードもストリートバイクも詳しいです。
     SUPERMOTO JAPAN S2(250)クラスにおいて、隠れたチャンプと言われる土井原選手もこのお店からエントリーしています。
     というと、なんだかレース色の強いお店で、敷居が高い感じがしますが
     とてもフレンドリーなお店です。
     和泉選手は多くの方々から「タクちゃん」と呼ばれるくらい。見た目はでかいですが、やさしい選手です。
 
 
 
 
 
 

川光

 
 

あ、今KRAZyにいるこのモタードも 同じRR4T 125LCをベースにしていますよ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

写真使用等のご希望などありましたら、お気軽にメールください。kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは、これからのバイクファンや、これからのレースファンの方にも見ていただきたいからです。活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。次回は今月10月です。
 
KRAZyのレポはすべてこのTOPICSに一度アップされます。
その後一週間程度で、各ジャンルに振り分け、もう一度アップされます。
古いレポや情報を探す場合は、RaceReportやEventなどの各ジャンルをのぞいてみてくださ〜い。
一番下の「AND MORE」をクリックすると過去のレポが一覧で表示されます。