• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2016.09.16

桶スポ SMJ観戦ガイド・注目すべきライダーは

観戦ガイド_P2

 
 

Supermoto Japan R7埼玉 桶川スポーツランド 観戦ガイド3 注目すべきライダーは、

これ書くとライダーからあまりよく思われないんだろうなぁ。

だって、誰かがほめられて、誰かはけなされるから。

だから、いやなんですよね・・・。

なんだかんだ言って、ライダーのみなさんとは友達だったりもするわけですから。

 

でも勇気をもって書いちゃいます。

 
 

S1 pro class

注目は、#2森田イッキ/スズキ、#4新井マコト/ハスクバーナ、#300高山ナオト/ホンダ、

そこに、アジア選手権に参戦中の#101佐々木タカシ/ホンダ しかし、#101佐々木選手は先日のアジア戦での

怪我がちょっと重いみたいなので欠場。まずはこの3人。

そこに若い#9城取リョウ/ハスクバーナがどこまで食い込めるか?

この次にくるのが、#6坂牧タカオ/ホンダ、#8吉田ユウイチ/ホンダ、#7五十住ヨウスケ/ヤマハの3人に

#16古川カズヨシ/ホンダ、#20原島ツヨシ/ホンダの、このコースを知り尽くす2人の地元勢。

 
 

#2走り1
 
#2森田イッキ/スズキ(SRF宮城&FTR)
 優勝候補筆頭だと予想します。速さももちろんですが、このコースもそこそこなれていますし、
 レースでの経験値が格段に高い。多少のことがあっても乗り越える経験があります。
 が、その一方でスリップダウンも多い。なぜか、自滅することがちょいちょいある。
 攻め過ぎるのかな・・・。何度も見てきました。
 切れ味するどくてまた強いカタナだけど、なぜかとつぜんパキンと折れる、みたいな。
 元モトクロスのIA.ダートセクションは圧倒的に速い。

 
 
 

予告
 
#4新井マコト/ハスクバーナ(CPスポーツ ハスクバーナ長野)
 若いけど速いです。調子にのってしまうと破壊的な速さがあります。
 ことしの広島ラウンドのあの走りです。
 でも、調子にのれないと、そこそこの速さに落ちてしまいます・・・。
 ムラがあります。まだ19歳です。あ、18かな。
 ライディングが派手(笑。滑ろうが何がおきようがアクセルを戻しません。
 
 
 
 

5#300_1
 
#300高山ナオト/ホンダ(モタフレンズ・12ロケッツ)
 今年の開幕で2勝しました。が、他のレースには出ていません。
 ことしからチームが刷新。かつての監督のトニー氏が戻って来ました。
 的確な指示とレースはこびで、勝利を確実に目指します。
 MOTO1の創設期からこのレースに出ています。ストリート出身。
 問題は、レースに出ていないのでレースカ勘がにぶってるのでは?という点。
 また、精神的にも強くはないタイプ。
   そこは新井マコト選手も同じかな・・・。

 
 
 

img_9146750
 
#101佐々木タカシ/ホンダ
 今回は欠場だけど、ちょっと紹介。
 現在FIMアジアスーパーモト選手権に参戦中で、日本のレースには出ていないンですが
 今回は地元開催ということで参戦みたい。
 アジアのタフな戦いで、その速さにタフさが加わったように思います。
 先日の2016の開幕オーストラリアラウンドでも、怪我はしたもののそのなかできちんと結果を残しています(総合5位)。
 見た目はいつも酔ってますが、実は細かくてマジメ。
 日曜日は遊びに来るそうです。

 
 
 

1表紙イッキ

 
#9城取リョウ/ハスクバーナ(ハスクバーナ長野)
 まだ17歳の高校生。今年急成長し、表彰台の常連に。
 前ラウンドのSUGOではホールショットを決めトップに立つ。
 総合でも2位に食い込んでいます。
 可能性は未知数のライダーです。
 新井選手とは真逆のマシンを丁寧にコントロールして乗るタイプ。
 性格ですが、マコト選手にましてヤンチャ(笑。でもライディングについては超マジメ!
 強気でもあります。

 
 
 

つづくつづく。

 
 
 

質問などはこちらのアドレスへお気軽に→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。現在販売中です。
 

レポは各ジャンルごとに掲載されています。どのジャンルにも分類できないものは2カ所に掲載か、TOPICSに掲載されます。
古いレポや情報を探す場合は、RaceReportやEventなどの各ジャンルをのぞいてみてください。
一番下の「AND MORE」をクリックすると過去のレポが一覧で表示されます。
発行責任者:近藤正之

 
 
 

OTHER POST

Loading...