• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.01.05

毎月5日は JUST MY COOL 「軽さは性能?」

プリント

 
 

■毎月5日は JUST MY COOL

 

毎月5の日はJUST MY COOLの日です。

とか言いつつも、このところレポをあげていませんでした・・・すいません。

 

JUST MY COOLの企画からちょっとはずれるんだけど、

先日2スト125ccのオフ車に乗ってきました。

たのしかった!マジで楽しかった。

バイクが軽いってのは、

やっぱ高性能のひとつですね・・・。

 

乗ったのはトップの写真のベータRR2T125という

軽量コンパクトな2スト125のエンデューロ用マシンです。

一応ナンバーもとれますので、公道も乗れます。

この日はダートを走って遊びました。

 

125ccとは言え、競技用車両でかなり本格的です。

つまり、ちょっとこの企画から外れているのかもですが

 

「大きくなきゃバイクじゃない、ってことはないよね・・・。

 必要以上の性能は乗りにくいだけだし、

 何かあったとき手におえなくなる。

 最悪はクラッシュや大きな怪我にもつながる。

 指は5本なのに7本指の手袋は必要ない・・・みたいな」

 

という主旨からすれば、まぁOKかなと・・・。

 
 

1JMC
2018年11月17-18日に開催された全日本ハードエンデューロ選手権G-NET最終ラウンド日野。王者#1高橋ヒロシ(ロッシ)選手の前を走る山本アヤト選手。
 
 

■ハードEDのチャンピオンに最も近い選手、山本アヤト選手も2スト150

 

昨年末のハードエンデューロ選手権G-NETの最終戦に行ってきたんだけど※

惜しくもチャンピオンを逃した山本アヤト選手は2スト150ccで戦っていました。

今、エンデューロ界では2スト250や300が主流になってきています。

アヤト選手も2017年は2スト300で戦っていたと思うんですが

昨年は150ccを選んだそう。

その結果が、最強のロッシ選手(高橋ヒロシ選手)を倒しての初チャンピオン、

の、一歩手前まで登りつめました。

(ホントはこのレースレポを無料マガジンKRAZy22号に掲載予定だったんだけど・・・汗。すいません)

 
 

2JMCアヤト
最後の最後まで師匠でもあるロッシ選手と争い負け、2018年ランキング2位となった#4山本アヤト選手。アヤト選手もKRAZy Athleteです。

 
 

車両の善し悪しをレース結果で判断するつもりはないんだけど、

たまには、ってことで・・・。

レース結果もそれはひとつの性能の証明だけど

それが全てのひとに当てはまるわけじゃないと思います。

 
 

トップの写真(ベータRr2T125)はJNCCのAAライダーである渡辺裕之選手の車両です。レポの中のベータの車両は、仙台のStrange Motorcycle和泉拓選手のつくったRR2T 125です。ごく低速からしっかりパワーが出ていてピーキーさの全くない出力特性になっていました。雨モードにすれば※もっと低い回転域からパワーがでます。シート高がそれなりにあるので「誰でも乗れる」というわけではありませんが気軽にたのしめる2スト小排気量です。※パワー出力特性に2つのモードが用意されています。左グリップ近くにあるスイッチで切り替えが可能。

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
広告企画と制作が主な仕事です。ときには商品企画などもおこないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi Beer、Monster Energy、JT日本たばこ、ANA、ミツカン、Loft、日本生命、クリニーク、コカ・コーラ、としまえん、などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉氏のオリジナルピアノのデザインも(YAMAHA楽器に保存)。新聞広告、CM、キャンペーンなどで受賞多数

OTHER POST

Loading...