• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2022.06.05

毎月5日はJUST MY COOL「胸いっぱいに春の香りを吸い込んで、」

0表紙6月

 
 
■4st125 Just My Size! Just My Cool♫
ニッポン美景ツーリング6月 Vol.3 by オーシマ
-05.Jun.2022-  

毎月5日にアップしていた「Just My Cool」のタイトル名が変わります。
「4st125 Just My Size! Just My Cool♫ / ニッポン美景ツーリング」です。
 

この企画のネライは

「4st125って実はとてもいいサイズじゃないかなぁ、初心者用って言われてるけどそれだけじゃないような。あ、初心者でも乗れるという性能は確かにある、けどそれだけじゃないような。基本スキルが身につくし、誰でも無理なくバイク遊びが楽しめる。カスタムもツーリングもレースも。」
です。

 

オーシマさんの写真と文章による4st125で楽しむニッポン美景ツーリングのVol.2です。日本って素晴らしく美しい国なんだなぁと思わずにはいられないそんな林道を紹介します。
今日の車両はシェルコの4st125ccです。ではさっそく。

 

■胸いっぱいに春の香りを吸い込んで、

 

みなさん、こんにちはオーシマです!
5月は若葉が萌える春の山、新緑が美しい季節ですね♫
この記事がアップされるのはおそらく6月初旬で、もしかすると早くも梅雨に入っているかもしれませんが、そんな瑞々しい緑に囲まれた林道レポートをお届けします。
今回のお題は『僕らの日本は水と緑の国』。

 
 

IMG_6051

 
 

やって来たのは今日もまた、兵庫県北部のこの地図の辺り↓。
多くのスキー場がある神鍋高原の北側からスタートして、日本海でターンする反時計回りのルートです。

 
 

スクリーンショット 2022-05-12 午後4.17.21

 
 

この時期はまだ雪解け水が豊富で、どこの沢や滝も水量がとても多いです。
ついこの前まで裸だったの樹々が、あっという間に若葉で覆われています。

 
 

IMG_6033

 
 

三川山周辺のこの道は特に水源が豊富で、
あちこちにこんな小さな滝や沢が流れています。

 
 

IMG_6070

 
 

う~ん、これこれ!
こんな緑のトンネルに木漏れ日が差す風景がもうたまりません♪

 

胸いっぱいに春の香りを吸い込んで、トコトコと走れば身体がどんどん浄化されていくような気分が味わえますよね。

 
 

IMG_6096

 
 

ふと止まりエンジンを切れば、ツツドリの鳴き声やアカゲラのドラミングがどこからともなく聞こえてきます。

 
 

IMG_6124

 
 

そしてこの林道はとてもマイナーで知る人が少なく、秘境感にあふれた場所です。

 
 

IMG_6148

 
 

全体の距離は10km未満ですが、フラット、ガレ(荒れ)、九十九折り、馬の背などなどバラエティーに富んでいるのが魅力です。

 
 

川

 
 

そんな林道を繋いで北上すると、ちょうど良い感じで日本海でターンする時間です。
復路は清流の矢田川沿いに走りますが、ここはその河原。

 
 

草の広場

 
 

河原にある広場の左側は桜並木ですが、花見シーズンの日曜日でもこの場所全部貸切でゆったりとできるんですよ♫

 
 

木屑の山と
 
 

そこからまた山間部に入って行くと、ついこの前まで雪に覆われていた路面もグリーンのカーペットが敷かれていました。

 
 

向こうの山並みを見下ろして

 
 

ここは支線の奥の行き止まりですが、いつもとは違う角度でお馴染みの山々が眺められるお気に入りの場所です。
左から、氷ノ山、鉢伏山、瀞川山などが連なっています。

 
 

池と森2

 
 

この日の最後、村岡地区から国道に並行で伸びるこの林道に、乾季には干上がってしまう小さな池があります。
僕は勝手に『幻の池』と呼んでいて、季節ごとの変化を写真で捉えています。

 
 

池と森

 
 

道のすぐ脇にあるにもかかわらず、ほとんどのライダーはみんな素通りしてしまいます。
でもたまにはちょっとスイッチオフにして、モネの世界に浸ってみてはどうかな?

 
 

最後

 
 

ラストはブナの森に囲まれてゆっくりと走って、フィトンチッドを身体にたっぷりと補給します。

 

春はいいな~、山はいいな~、そしてバイクは本当に楽しいな~♪

 

text & photo / オーシマさん

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之/KONDO design