• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.04.15

毎月15日は「KRAZyについて」/KRAZy Web Magazineの使い方・読み方

frm8月2013

 
 

■毎月15日は「KRAZyについて」/ ウェブマガジンKRAZyの使い方など。

 

毎月15の日はKRAZyについての疑問にお答えします。
KRAZyは説明不足な点が多々あって、
「?」なことがいっぱいのようです。すいません。

 

今回は以前掲載した内容をもう一度・・・。
今年に入ってから、いくつかの問い合わせをいただきましたので
まとめて使い方読み方を紹介させていただきます。

 

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 

『KRAZyのグッズの販売ってどこで買えるの?いつやってるの?』

『ウェブマガジンのジャンルの分類がよくわからない』

『フリーペーパーのKRAZyってどこでもらえるの?』

『KRAZyってなんて読むの?』

『KRAZyってどういう意味?』

『なんで無料なの?どうやって発行しているの?』

『フリーペーパーKRAZyに英語表記があるのはなんで?』

『ウェブマガジンKRAZyの使い方がよくわからない』

『つーかさ、グッズの総合カタログみたいのは無いの?』

 

などなど、KRAZyへの疑問が多々あると思います。

  ・・・ホントすいません。いちいちちょっと変わってて(汗。

 

そんな疑問にお答えしようというのが、この「KRAZyについて」です。

毎月15の日に定期的に掲載します。

 

で、今日は「ウェブマガジンKRAZyの使い方」です。

 
 

■記事のジャンル分類について。

KRAZy Web Magazineでは、モタード、エンデューロ、という具合にジャンル分けされず、

レースレポとかイベントという具合に分類されています。

それには理由があります。

 

バイクをジャンルで分類したくないなぁと考えたからです。

 

ネットの特徴として、興味の無いコトには接触しないというというのがあります。

自分の好きな種類の情報しか読まないというのを避けるためでした。

 

当然アクセスは減るけど、テレビ界で起きてるような視聴率第一主義や、

ネット社会でのアクセス至上主義はKRAZyにはありません。

 

てなことで、こんな分類にしちゃいました・・・。

 

KRAZyは他の仕事では広告企画もやっているのですが、

こちらでは好感度というような指標があります。

これを意識しすぎると、その商品は八方美人になってしまい

嫌いなひとはあまりいないけど誰からも愛されてないと言う状況になります。

こういうのも避けたいです。

 
 

1 WORLD KRAZy
 英語表記のレポートです。
 海外の方々に日本のバイクカルチャーを
 知ってもらうために創りました。
 日本のレースを見にきたり、参加したり、
 また選手について知ってもらうのが狙いです。
 日本は世界のなかではバイクの本場と思われています。
 特にアジア各国のみなさんは日本を知りたがってみます。
 日本のバイク文化の輸出につながればいいなと考えています。
 スーパーモトジャパン#1森田イッキ選手が
 オーストラリアに注目されたのもこの英語のレポです。
 でも最近全然更新できてない、すいません!
 このレポが一番手間もコストもかかる・・・。
 
2 CULTURE
 毎月5日は、Just My Coolプロジェクト(大排気量だけがバイクじゃない、好きなバイクにのろうよ)レポート
 毎月15日は、KRAZyについて
 毎月25日は、CMの裏側から。
 などなど。主にバイクカルチャー以外の内容です。
  
 

3RACE REPORTS
 文字通りレースのレポートです。
 スーパーモト、エンデューロ、モトクロス、ときにはトライアルなどの
 レースのレポートが掲載されます。
 深い知識がなくとも興味を持ってもらうよう
 専門用語の少ないレポートを目指しています。

  

4 EVENTS
 レースなら観る方のための情報だったり
 イベントなどの情報です。
 バイクミーティングなどもここに入ります。

  

5 OTHERS
 文字通りどこのジャンルにも入らない内容。
 KRAZyの母体はKONDO desidgnという広告企画などがメインの会社です。
 CMなどの企画と制作を行なっています。
 主にデザイン面から考えるがことが多いので
 デザインや表現についてなどの内容が多いかも。

  

6 PRODUCT REVIEWS
 そのタイトルどおり、製品についてのレビューです。
 新車試乗レポや新製品情報です。

 

7 ENJOY SNOW
 雪遊びについてです。
 日本の半分は冬期でもバイクに乗れますが
 半分くらいの地域は乗れません・・・。
 雪があるからです。
 なら積極的に雪で遊ぶ情報を発信しようというのがここです。
 やり続けていたら、最近は人気のジャンルになりました。 

 

8 4WHEELS
 そう4輪系です。
 四輪スポーツを観る応援するものとしてドリフト、
 乗って楽しむものとしてATVをとりあげています。

 

9 ON GOING PROJECT
 KRAZyのなかではいろいろなプロジェクトが進行中。
 JUST MY COOL
 YOU MY VIP!
 そんな現在進行中のプロジェクトです。

 

10 KRAZy GOODS
 KRAZyはクレイジーと読みます。
 CRAZYのスラング表記です。
 yが小文字なのは、日本語発音のクレイズィーのィを表現したから(笑。
 意味は「一般の普通からはみ出すほど個性的」です。
 周囲と違うことや、少数派が否定される日本ですが
 あえて、それはいいこと・かっこいいこと、という意味を込めました。
 KRAZyではアパレルなどを企画製作販売しています。
 そのグッズについての情報です。
 販売は通信販売が主です。
 奇数月の月末から2週間程度販売します。

 
 

プリント

 
 

■KRAZy Web Magazineの楽しみ方/基本編

最新のレポは、写真付きで上に8つ並んでいます。
上にあるほど新しい記事です。
それ以外にも過去の記事はその下に10のカテゴリーに分類されています。
ここは写真はなく、タイトルのみとなっています。

 

バイクのインプレを探しているとしたら
PRODUCT REVIEWのところを探してみてください。
過去のレースなら、RACE REPORTSを。
という具合です。

 
 

トップ8

 
 

■記事の検索

一番上の右端にSEARCHってのがあると思います。
上の画像でいうと赤の矢印のところです。
ここに単語を書き込み、右端の虫眼鏡マークをクリックしてください。
その単語に関係する記事がピックアップされます。

 

意外な記事もあったりして楽しんでいただけると思います。

 

朝、仕事始めの前にちょっと検索、
お昼の休憩時間に検索、
過去のオモシロ記事がでてきますよー。

 
 

プリント

 
 

KRAZyはスポンサーの指示をそのまま受け入れたり、
事情から記事を作ったりはなるべくしたくないと考えています。

 

実験的なことも多くおこなっています。
それも、わかりにくい要因になっているんだろうなぁ。
でもそういうのがひとつくらいあってもいいかなぁ
なんて思って発信しています。

 
 

frm8月2013▲トップのビジュアルは、FREE RIDE magazineにハスクバーナSM250Rの長期インプレッション記事を掲載していたときのラフスケッチです。このとき挑戦してたのは「そのバイクの写真を使わずに、そのバイク特有の個性やシズル※を伝えられないか」ってことです。そのバイクの写真が載っていたらと言って、そのバイクの魅力が表現されているとは限りません。が、そのバイクの写真を使うことで安心したります。それは、情報を創る仕事を行なっているモノとしては手抜きとも言えます。ならば、あえて写真を使わず表現できないかと考えたわけです。北斎も利休もこういう考えから新しい表現を産んでいるそう。それが結果的に、世界中に通じる表現になったのだそうです。※「シズル」って「それらしさ」みたいな意味です。写真用語かな?

 
 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...