• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2022.01.25

新企画スタート。Vol.1は「MXブーツが硬くて、どうしたら?」

0 2
 
 

■毎月25日は「今さら聞けない疑問質問に、トップライダーがお答えします」の新企画がスタート!-25.Jan.2022- 

今年より「読者の皆様からいただいた今さら聞けない素朴な質問疑問にお答えする」企画を始めます。毎月25日にアップの連載になります。
その疑問質問に答えてもらうのは、そのシーンでトップクラスの選手や関係者です。

 

第1回目のテーマは
「MXブーツを購入したんですが、硬くて操作できません。ブレーキやシフトの感覚もわかりません。コツはある?どしたらいいですか?」
です。以前から、しばしばメールで質問をいただいていました。その多くはストリートモタードや林道ツーリングファンの方から。

 

今回答えていただくのは4人。スーパーモトライダーの高山直人選手古川和由選手の2人と、2年弱前からMXブーツを履き始めたけどもうすっかり慣れたよ!というハードエンデューロにすっかりハマり中のERIKAさん。そして最後は日本のFMXのスーパースターDICE(ダイス)!!という豪華メンバーにお答えいただきました。

 
 

高山走り

 

■#300高山直人/SUPERMOTO

 

モトクロスブーツの「使いづらさ」についてはよく耳にします。(特に購入時)まず、そもそもモトクロスブーツを履く必要性について、お話させていただきます。
先ずは車両がオフロードマシンベースということ、足の角度、足首の角度がマシンに適している。
そして何よりもモトクロスブーツ特有の剛性による安全性です。
実際に僕は剛性の弱いブーツで大怪我をしました(入院から完治まで約一年半)。それ以来モトクロスブーツ最高峰のブーツをセレクトしました。安心と完全性を最優先した結果、剛性の高いブーツを選択いたしました。
理由としては、モトクロスやモタードのレースではジャンプでの着地による「足への負担」ダート区間での転倒による「足の挟まれ」の可能性を考慮しました。

 

次に、シフトチェンジやリアブレーキの操作方法についてですが、剛性の高いブーツほど操作が難しいと言われますが、単純に「慣れ」です。
ただ単純に「使い込む」ではなく歩いて地面との足の裏の感覚や感触に慣れることです。特にリヤブレーキに関しては、地面との接触によって、つま先の当たる感触を「感じる」が大切です!
※操作時はステップから足は離します(あくまでも足は添える程度で踏みすぎない様に気を付ける)。

 

スライド2
海外でもファンの多い高山ナオト選手。IRC RX-03 specRの開発もこの#300高山選手。

 

シフトを下げる動作はリヤブレーキ同様です。
そして、シフトを上げる動作の「裏技」については、足首を上げるのではなく足の「もも&ひざ」を上げるイメージしてください!さらに膝を外に広げることで更に爪先の角度が上がりシフトが容易に行えます。
その際ステップに足は付いている状態で「テコの原理」でシフトチェンジします。様々な操作方法はありますが、自分のブーツに見合った操作方法をお勧めします。
また、アスファルトやダートでの消耗したブーツソールも交換、修理も出来るので自分の馴染んだブーツを履き続けることができます。
<J repair サービス→https://www.japexrepair.net/smp/>

 

最後に、操作性や安全性についてお話しさせていただきましたが、自身の用途によってブーツを選択することが、重要です(無理に剛性の高いブーツを履き操作が困難になる)。
あくまでも僕らはレースでの使用を重点(危険性)としているので、剛性と安全性を重要視しブーツを選んでいると言うことです。皆さんも怪我の無い楽しいバイクライフを続けていただきたいと思います。

 
#300髙山直人/全日本スーパーモト選手権の創設期からトップライダーとして活躍。現在はMotaFrendsというモタードスポーツモタード遊びの普及活動も行っている。日本国内だけでなく、台湾香港などアジアにも多くのファンがいます。

 

古川顔

 
 

古川走り

 

■古川和由/SUPERMOTO

 

ブーツが固くて操作しにくいということですが・・・まずは操作する意識を変えることです。やわらいブーツではステップを軸にして足首を動かして操作していると思います。

 

しかしながら、固いブーツで同じ操作をしようとするとほぼ不可能です。同じ操作をしようとしているので難しくなってしまっていると思われます。

 

ではどのように操作するか?というと足(脚)全体で操作します。ステップを軸にではなくステップから足を浮かせて、ブレーキならばつま先で、シフトならば足の甲で操作します。特にシッティングの時はそういう操作になります。股関節から脚全体を上下に動かすようにします。

 

ペダルの位置も大事です。
ブレーキはステップと平行ぐらいの高さから始めたほうが良いかなと。で、シッティングでステップを軸に操作しようとするとどんどんペダルの位置が下がっていってしまいます。なのでまずはペダルの位置は変えずに操作方法を変えて行くようにしたほうが良いです。

 

シフトは高めです。普通のロードブーツで合わせるよりも高めです。オフロードブーツは厚いので低いとペダルの下につま先を入れられないんです。

 

ペダルの位置は好みに合わせるのではなく操作方法に合わせてステップを軸にしない足全体での操作に慣れてきたら好みにしていくのが良いと思います。
スタンディングでの操作も同じです。

 

古川顔
教えるのも上手い古川選手。

 

ただブレーキは、シッティングと比較するとステップを軸にしての操作に近くなります。これは慣れてくると分かるのですがブレーキペダルは高めになります。シッティングでのブレーキングは少し腰を引いた状態になります。その状態でペダルが低いと踏めません。なので高めになります。しかしながら高めにすると踏む必要が無い時にも踏んでしまったりします。これはペダルを踏む必要が無い時は土踏まずでステップに乗るのではなく指の付け根あたりでステップに乗れば防げます。親指に意識を集中すると上手く操作できるようになるかもです。高くするとシッティングでの操作が・・・となりそうですがステップを軸にしない足全体での操作ができていれば高さは問題無いはずです。

 

シフトはシッティングと同じように脚全体で操作します・・・が、実はスタンディングでシフト操作ってあまりしない場合が多いです。全くしない訳ではないんですけど。

 

シフト操作するときは加速している時です。モタードではシッティングで前傾している場合が多いと思います。スタンディングでも加速姿勢をすると前傾します。その状態だとペダルの下につま先は入れやすいと思います。普通にスタンディング姿勢ではあまりシフト操作はしないですね。

 

古川和由/全日本スーパーモト選手権参戦中。かつてはトップカテゴリのPROクラスに参戦。「人気のない250ccクラスを盛り上げよう」「コストを抑えたレース参戦スタイルの提案」など多くの提案を行っています。

 
 

エリカ走り

 

■ERIKA/ハードエンデューロ

 

オフバイクに乗り始めて2年弱、最近はハードエンデューロにのめりこんでいるERIKAさんにもお聞きしました。バイクはCRF125Fから始まって、最近はKTM150EXCでも練習中だそうです。

 

「ワタシバイクのことはよくわかりませんよ〜(笑。
楽しく乗ってるだけ。乗りたいように好きに乗ってるだけなんですけど、
わたしの答えなんか役に立ちますか?笑」

 

から始まったお答え(笑。
「使っているうちに慣れちゃった」ってのがホントのところだそうです。今はバイクに乗る時には必ず履いてないと不安になるくらいそう、それくらい足に馴染んでいるとか。
最初は柔らかいブーツを購入したそうです。その後、その柔らかさが不安になり、もう少し足を守るプロテクション効果のあるブーツに買い替え。しかし、それでも不安になり、今はもっとしっかり守ってくれるブーツに変更したそうです。
「下手だから(転倒したとき)バイクに挟まれることが多いんですよ。
怪我を選ぶか、怪我をしない方を選ぶか(苦笑。
で、最終的には足をしっかり守るブーツを選ぶことになりました。
結局2足無駄にしちゃいました〜(笑。」

 

ERIKA/日野ハードエンデューロ、CGC、ミニバイぱにっくなどのハードエンデューロに参戦中。女性クラスで優勝を含む上位入賞多数。注目の選手です。インスタは「erikasama.bike」

 

エリカ2ミニスカ
ミニバイぱにっく120分も参戦していますが、午前の90分クラスはカブ!で参加するERIKAさん。カブ+ミニスカ+生あし!すげー!そのエンターテイメント根性まいりました!!

 

■そして最後はDAICE/FMX

 

ダイス顔

 

ブーツが硬いのは安全面的に必要な事ではあるんですが、ブーツのバックルを少し緩めると、可動域が増えるので徐々に締めて行ったら良いかな〜と思います!

 

というお答え♫ なんかダイスらしい(笑。

 

DAICE SUZUKI/日本を代表する世界的なFMXライダー。全日本FMX選手権/GO BIGではチャンピオン最多獲得。

 

ダイスライディング

 

次回は2月25日になります。このQ&Aは毎月25日です。質問があればどしどしお送りください。募集中です。kondo@krazy-web.comまで。

 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之/KONDO design

OTHER POST

Loading...