• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.04.16

石戸谷蓮選手のオフロードスクール

プリント

 
 

■石戸谷蓮選手のオフロードライディングスクール「蓮習」を覗いてきました。17.Apr.2020

「クレイジージャニー」こんなタイトルのテレビ番組がありましたよね、クレイジーな人々を紹介するアレです。いろいろあったらしく、今はなくなっちゃいましたけど。
このクレイジージャーニーで取り上げられたのがこの石戸谷蓮(イシドヤ レン)選手。エルズベルグというバイクのハードレースに挑戦する日本人ライダーとしてとりあげられました。国内もですが海外のクロスカントリーレースやエンデューロレースで活躍中の選手がこの石戸谷蓮選手です。「蓮くん」と親しいファンの方々からはよばれています。

 

その石戸谷レン選手のスクール取材に行ってきました。東京のモトショップTOYZのみなさんが受講するのを取材させていただきました。

 
 
プリント
▲石戸谷蓮(イシドヤ レン)。国内海外のオフロードレースに参戦中。オーストリアで毎年開催されるエルズベルグ・ロデオというレースに毎年参戦。しかし今年は新コロナの流行で開催中止。

 
 

■参加したのはモトショップTOYZ(トイズ)のみなさん

 

モトショップTOYZはスーパーモトやスカ系カスタムで有名です※が、実はエンデューロなどのオフもやっています。最近ベータも取り扱うようになり、オフのお客様も増えたそう。
石戸谷選手の企画するレースにも参加することも多く、それがきっかけで、石戸谷蓮選手のスクールを受けることになったそうです。

 

※スカチューンや原宿バイクと呼ばれたカスタムはこのTOYZの代表マック氏が造っていたんですよ。モトショップ五郎というバイクショップが生み出したカスタムだったんです。それを真似するカスタムが全国にひろまり、生産中止になりかけたTWをヒット商品にしました。2018年に復活し話題になったOVERALLもここが主催です♪

 
 

プリント
蓮選手から習う、蓮習・・・・ あ、すいません!ダジャレです。正式名ではないです、ないです(汗。でも覚えやすいでしょ・・・

 
 

■この日のメニューは基本クラスの半日スクール。
 

参加は男性6名+女性1名。午前中と午後の2クラスのスクールが行なわれました。TOYZのみなさんは午前のスクールを受講。

 

まずはライディングフォームから。
バイクには乗らず、ライディングフォームの重要性と身体の構造をベースにしたフォームの話。

 

またバイクからの衝撃をどう受け止め、どう受け流すか?
これも身につくと、とても楽に乗れるようになります。結果的には、マシンコントロールが正確になり、上手くなる。

 

以前も取材させてもらったこともあって、これはその際も聞いていて、身につくよう実践しています
が、クセがしみついちゃったのと、あまり練習しないので、なかなか身につかない・・・汗。
でも少しづつだけど、良くはなっている(と思いたい)みたい。

 
 

プリント
▲まずはライディングでの身体の使い方から。
 
 

身体の使い方から
▲バイクからの衝撃をいかに逃がすか。遊びながら体得、今回参加のみなさんはエンデューロバイクに乗っている方もいますが、モタードバイクの方(スーパーモトジャパンのS1 OPEN参戦中の薄井選手)にそして4sy125ccの女性の方も参加です。スーパーモトジャパンに参戦のみなさんもいかがですか。ダートをこなせるようになると一気にタイムが縮まりますよ。

 
 

身体の使い方から

 
 

そして実際にバイクにまたがってのお話↑。
どういうフォームが必要なのか?バイクの上でどこに乗るのか、どう動くべきなのか?
これはぜひ聞いてほしいです。ホントによーく分かります。し、身につくと変わります。これを聞き、練習するようになるだけでもこの日の受講料に見合うように思いました。

 

自分はコレでずいぶん楽に走れるようになりました。あ、以前もスクールの取材をしたことがあって、そこで学んだんです。特に下りのギャップが続くところでも恐怖も減ったし、疲れなくなった・・・
ような気がしますww レースにはもう出てないからどれくらいなのかわからないけど、苦手感は全くなくなりました。

 
 

■スクールは一気に成長できる。受講料はその数時間分じゃなく、身につくための1年や2年の時間を買うことと同じ。

 
自分はレースの取材エンデューロ、モタード、モトクロスなど有名選手や速い選手と知り合いであったり友人でもあったります。が、だからこそライディング

スクールは「自分の課題を教えてもらって、その解決方法を教えてもらえる時間」でもあると感じています。

 
スクールは数時間で数千円を高いと感じたり、有名選手だからということで敷き居が高く感じたりすることがあると思います。が、得るコトが非常に大きいです。我流や周囲の声を聞くだけでは、間違ったままってことも多いかもしれません。ものすごく遠回りするハメになることもあります。自分はそうでした。
でもスクールならまず正しい知識を知ることができます。また具体的な課題をもらっているなら、その修正をスクール後に身につければいい。遠回りが減ります。

 

あまり具体的には書けないけど、車両の調整についてもお話がありました。リアブレーキをロックさせずに使うのって難しいですよね。でもそれってブレーキペダルの調整でも解決できます。

 

■そのライディングフォームで走ってみる。

 

ではいよいよ走行。先ほどのフォームに気を付けての走行。
それを石戸谷選手が見守ります。
気になったところは走行を止めてひとりひとりに細かく伝えていきます。
修正されたらちゃんとよくなったというOKも。

 

とにかく細かく具体的に教えてくれ、良くなったというのもキチンと伝えます。
良いところ、修正された点はキチンと教えてくれるのはやる気がでますよね。

 

そして最後は実際にコースを走行。
ちょっとむずかしいコースですが、なんとか石戸谷選手からの助けもあってフィニッシュ。
みなさん自信もついたみたい。

 
 
衝撃のかわし方

 
 

■最後はひとりひとりに

 

最後にはひとりひとりのよくなった点と課題を伝えます。
これで3時間のスクールが終了。
途中休憩もありましたが、かなり濃いめのスクールでした。

 

この午前スクールがいいのは、そのまま午後も走行ができること。
今教えてもらったことに気を付けながら走行ができました。
おつかれさまでした!

 

実は自分も課題をいただきました。
「スピードはあるけど下半身のホールドが弱いかもしれません。コーナーからの立ち上がりの加速時、下半身のホールドが弱いため、車体があばれてスムーズに加速できていないように見えました」でした。
はい!了解です!!
ってことで、実は午後は簡単なコースを走行し、ここを修正。
っても簡単に身につくわけじゃないです。疲れて「もうだめ・・・」ってなると、また元の自分にもどっちゃいます。
てなわけで、おつかれさまでしたー♪

 

■料金、スクール詳細、そしてCROSS MISSION / クロスミッション
 

この日は、特別な半日スクールでした。
料金は1人8000円(税込)とのこと。

 

石戸谷選手はCROSS MISSION/クロスミッションという、面白いレースやイベントを数多く企画し運営しています。
・CROSS MISSION オフアスレチック
・CROSS MISSION アドベンチャー
・CROSS MISSION ヘアースクランブル
・CROSS MISSION ハードエンデューロ

などがあります。「CROSS MISSION オフアスレチック」はKRAZy2020でも紹介しています。5月3日開催予定だったんですが延期に。

 

▶︎スクール情報やイベントの詳細はこちらの CROSS MISSION HPをご覧ください。

https://crossmissionblog.wordpress.com

 

■蓮選手のスクールが人気な理由?と、余談

 

とは言え今は新型コロナウィルスでそれどころじゃない状況すね・・・。
今は3つの「密」をさけて、このウィルスの拡散をなんとかおさえこみましょう。
数年後、このレポを読んで
「あ、こんなことがあったねー、みんなでがんばったよね」と思いたいです。

 

メルケル首相が「私たちは勝ちます、このウィルスに」と
言い切ったのはすごいなと思いました。
リーダーシップがあるし、やる気になる。
人は褒められたり「君はできる」って言われたほうがやる気がでる・・・
あ、蓮選手のこのスクールでも、挑戦して出来たことや
修正できた点はかならず褒めてくれるんですよ♬
やる気になるんですよねー。
僕への課題を言うときも「スピードはあるけど、」って最初に言ってます、
こういうひと言がやる気を引き起こすような気がします。

 

スクールの内容も重要だけど、こういう点も
2度3度受講しようと思えるポイントなのかなぁ・・・。

 
 

衝撃のかわし方
▲午前中のスクール受講者の方にスーパーモトのマシンの方がいらっしゃいました。S1 OPENの薄井選手です。なのでスーパーモトの本番マシンでオフロードを走ってもらいました。ハスクバーナFS450です。豪快ですが、スムーズなライディング。「スーパーモト選手権にも出てよ!」とお客様から声も。「ジャンプの写真撮らせてください」という午後の受講者の方のリクエストで、ちょっとジャンプ。少人数制なので、内容は柔軟。こういうリクエストにも答えてくれますよ。

 
 

午後はまた別のグループのみなさんのスクールがありました。
俵谷さんと輿那嶺さんのおふたり。
輿那嶺さんはバイクに乗りはじめたばかりという沖縄出身の方でしたけど、このスクールでめちゃめちゃ上手くなってた!!まじで1年目すか?ってかんじ。

 

スクールは勉強になりますよー♪

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi Beer、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...