• RSS TAKAKIYA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.06.07

石戸谷蓮 JEC富山2 R2 R3 エルヅ参戦1週間前のレース。

MXセクション

 
 
石戸谷蓮 JEC2018 富山2DAYS R2 R3 / エルヅ参戦1週間前のレース。
 
石戸谷蓮選手のJEC R2 R3のレースレポを紹介します。
先日アップした太田ユキ選手と同じJEC富山 R2 R3のレースレポです。

 
 
JEC2018 富山2DAYs R2/5月26日 R3/5月27日
<リザルト>
IA #4 石戸谷蓮
DAY1 7位
DAY2 5位
会場:コスモスポーツランド
天候:晴れ
路面:ドライ/ウエット

 

路面に石が多く埋まっており走行は難しく無いが速く走らせるには難しいコンディション。転倒者も多くミスも発生しやすい状態。比較的天候・気温ともに良好でありましたがレース後半には長いテストの影響で集中が途切れてしまうようなシーンが数回ありました。

 
 
ウッズ2コマ
 

26日sat / Day1 Round2
コースの下見を行なえる時間はなかったため慎重に走行。全体でのタイムは悪くなく6番手タイム。滑りやすい路面でアクセルを開けてもスピードが乗るような状態ではなかったため、ギアを一速高く、低回転でコーナーやがれ場を走行。
徐々にタイムは上がりましたが周囲と比較するとあまりタイムアップができていない状態が続き全体としては7位でday1終了。前走者5位と6位とは全てのテスト終了時点で約13秒のビハインド。day2に向けて2stで唯一上位にいる鈴木健二選手にアドバイスを伺い、コースをチームメイトの熊本悠太選手とともに行ない走行イメージをしっかり仕上げてday1終了。day2で総合逆転も胸に秘めて・・

 
 

27日sun / Day2 Rounbd3
コースはday1と変更になり違ったレイアウトへ。スピードが全体的に出る設定となっておりましたがタイムとしてはday1のコースと大きなタイム差はなく全体で30秒程度短くなったようなコースでした。
Day1で確認したラインや走行イメージを忠実に再現して5番手タイムでday2開始。サスセッテイングも見直していきタイムはどんどん上げていくことができました。頂いたアドバイスが本当に効いてコーナーでの安定性が増し、自分の限界値で常にアタックできて力を出し切れたレースができました。マシンと走行イメージがリンクしてベストタイムを出し続けday2は5位。総合でも逆転は果たして7位から5位となることができました。

 
 

ウッズ2コマ

 
 
 

#8森
ウッズセクション。コース幅は20-30mあり、どの木の間を通過するのかがタイム差になっていきます。そういう意味では下見はかなり重要です。by KRAZy
 

雑感
前回の開幕戦では疲労が蓄積して決して体調が優れているとは言えない状態での参戦となっておりました。その際にあった課題であるタイムマネジメントですが以前より行なうことができて体調も以前よりは良い状態でレースに臨めています。
2daysでは二日間の開催となるため金曜日に休みを取らなければいけません。それは困難なため下見は無しのday1。レース前には周囲の方々からerzberg前だから怪我をしないようにとたくさんのアドバイスをいただきました。
確かに自分もその通りだと感じて集中を高めて走行。しかし、伸び悩むタイムを見て自分自身が怪我を恐れて必要以上にマージンを取ってしまっているのでは無いかと感じました。
day2では攻め込むために意識を変えてコーナーへの進入を変更。これが功を奏してタイムアップに繋がり結果的にベストタイムを出し続けることができました。一つ一つは小さくとも、それを確実に積み上げていくことで結果的にタイムは走りが大きく変わることを改めて実感。やはり裏技はなく大切なことを重ねていく作業が必要と考えさせらせれるレースでした。

 
 

ウッズ2コマ
MXコースセクションと山のなかのセクションをつなぐ細い林道セクション。非常に高速なセクションです。DAY2はここがテスト区間になり、見応え充分でした。てか、自分はプレスですからこんな奥まで行ってますが、お客様のみなさんにも観て欲しかった。IAのトップは全開でぶっ飛んでいきます。by KRAZy
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...