• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.07.01

石戸谷 蓮 GNCC2018 R-9 レースレポ

2GNCC 蓮1

 
 

■石戸谷蓮選手がGNCCに挑戦。そのレースレポートが届きました。

 

今エンデューロ・クロスカントリーレースで乗りに乗っている若手選手の石戸谷蓮(イシドヤ レン)選手が今度はGNCCに挑戦!ついこのあいだオーストリアのエルヅベルグに挑戦したばかりですが、今度はUSAに。

 

つーか、こんな選手に会ったことがないです・・・メーカーなどと契約しているプロライダーではないのですが、海外のレースに挑戦しどんどん体験しています。本業はライダーではありません、他に仕事を持っています。そんななかでも積極的にレースを企画し開催。参戦資金をかせぐ姿はちょっと他に聞いたことがない。
たまたま若いころから知っているのですが、プロになるのはどうしたらいいか?という話をしたことが2−3回ありました。がこんなやり方で自分の道を切り開いていくとは思いもよりませんでした。すごい選手です。

 

あ、すいません、前置きが長いすね・・・。その石戸谷蓮からGNCCのレポートがとどきましたので紹介しますね!
写真はAnimal Houseさんからお借りしました。

 
 

■GNCC 2018 Round9 SNOWSHOE / #116石戸谷 蓮 Result
XC1クラス・・ 12位
総合・・・・・192位

 

 今回のGNCC参戦はBeta USAライダーのJordan選手からマシンをお借りして出場致しました。国内では2stで年間通じて活動しておりますが今回はRR4T430にて参戦。サスペンションのセッティングやエンジンフィーリングも非常に良く、攻めるライディングが出来るマシンに乗れとても良い刺激となりました。
 このサスペンションのフィーリングを国内で使用する車両にフィードバックして、よりマシンのセットアップ能力を高める良い経験をすることが出来ました。

 
 

■レース1
 レースは日本の夕立ちのような激しい雨の中でスタート。霧も出て見通しが悪くGNCCラウンドを通じて最もハードだと全てのライダーから言われるこのSnowshoeで激しいレースは始まりました。コースはガレと木の根がエンドレスに続き、降雨の影響でスリッピー。コースは一周32kmありその全てが上記の路面であるため、ライダー達から最もハードだと言われる由縁を体感しました。
 その中でも全てのライダーがプッシュして走り一つ一つのコーナー、岩、木の根に対して速く通過しようとする強い意識が感じられまし
た。これは日本で走るとあまり感じる事のない気迫です。

 
 

■レース2
 自分の持てる力を発揮してコースを攻めて走っていましたが一周目の後半からエンジンが止まり、かかりにくくなる症状が出て来ました。おそらく、ハードなコンディションで低速での走行が続きエンジンの温度が上昇した事が原因と考えられます。その後、単独でフロントが石にヒットしてクラッシュ。しばらく動けず回復した後にマシンを起こすもセルが回らず、、。豪雨の影響で接触不良を起こしたものと考えられます。転倒した場所はピットから最も遠いところで途方にくれていましたが周囲を見渡すとカメラ
マンの姿があり歩いてヘルプを要請。
 それから20分後にマーシャルATV到着、その後15分掛けてピットへ帰還。この時、レースは終わったと感じていました。

 
 

■レース3
 しかし、ピットに戻ると接触が良くなりエンジン始動!走れるならば行くしかないと判断して再度レースへ復帰。この時、レースは半分を消化したところで頑張ればまだまだイケると判断しました。その後、接触不良とオーバーヒートがエンジン始動を妨げている事がわかったのでエンジンが止まってしまっても5分程耐えながら何度もセルを回して止まっては走りを繰り返しどうにか前進。
 ところが、次はとうとうクラッチが滑り出してアクセルを開けても進まない状態に、、。これ以上はマシンを壊してしまうだけだと判断してレース中断。ピットへ戻って行きました。

 
 

■最後に
 まだまだ走れる!まだ出来る!と思いながらレースを中断しなければいけないのは苦渋の選択ではありましたが、マシンがこれ以上走れないことは確実で気持ちだけで突っ走ってしまってマシンに取り返しの付かないダメージを与えしまうことはないと決断。悔しさが多く残るレースではありますが本気のライダーが数百台走る中で得た情熱と経験、技術は今後の自分の走りにとって大きな糧になったと明確に言えます。
 今回参戦を大きく支援して頂いたJNCCに改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。より大きな活躍と最大限の感謝でお礼とさせて頂きます。

 

石戸谷 蓮
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...