• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.03.21

花とか絵画とかって買いますか? 数値化できない価値もある / K その1

_DSC0465
 
 
デザインは測れないから数値化できません・・・。内容が「量」ではなく、「質」に近いからのかなぁと思ったりします。赤と青の意味の違いとか、なかなか数値化できませんよね(実はできちゃうんですけど)
 
一般生活で身近かな質というのは「おいしい」とか「きれい(美しい・かっこいい)」というコトじゃないでしょうか。
「おいしい」っていう価値観は現代社会ではかなり認められ、大切なコトと考えられ、大きなお金が支払われることがあります。が、「美しい」とか「かっこいい」はまだあまり市民権はないですよね・・・。
(昔はお菓子ですら「1粒で500メートルの栄養」と言ってそれを価値にしていました。あの道頓堀のよこのランナーのキャラメルがそうです。つまり「美味しいキャラメル」という価値じゃなく、「栄養がこんなにある食べ物」という数値に置き換えた価値で売ってた。貧しかったので、美味しいという質の価値にお金を払えなかったンですね)。
 
花や絵画や写真を買うことに大きなお金を使うひとは、まだまだ少ないです。
けど最近では、よいデザインの椅子や家具を買うという文化が広まったから、近いうちには、花や絵画にお金を使う時代が来るのかな〜。映画も以前は(一時減ったんです)見る人が少なかったけど、また最近増えてきたし。
 
 
 
 
IMG_9197
 
 
でも。おなかが空いてて100円しか持ってないってとき、花か?おにぎりか?という状況だったら、おにぎり買っちゃうよなぁ・・・。  
「美しいとか楽しいっていう価値は数値化できないが、非常に重要な価値感だ」ってなるのはいつなんでしょうね。僕自身もそうなるのかどうかの予想がつきません。デザインの仕事をしているのに。
 
あ、すいません、仕事につまっちゃいました・・・汗。  そんで、つい・・・(汗汗。       
 
 
 
 
KRAZy#13POLICE工場横WRのみ)
 
 
てか、こういうのはバイクにも言えるのかなぁって、思ってます・・・。パワーがどうとかフレームがナニナニとか、タイムが●●で他より0.1秒速い!というのも価値にはなるんだと思うけど、心地よく乗れる、思うように走らせることができる、乗ってて楽しい、なんてのは質の価値ですよね。
速い遅い的な数値じゃなく、楽しいとかかっこいいという質の性能があってもいのかなぁと思います。
 
 
 
量や数値をベースにする会話って理解しやすいです。1と2は明らかに違いますからね、つまり子どもでもその差はわかります。
でも質をベースにする会話ってなかなか難しい・・・。言い方を換えると、大人じゃないと理解できない。
 
どういうことかって言うと、
企業内で商品が生まれるときの会議では、数値化できる価値を持った商品はOKを得やすく、そうじゃないのはOKをもらいにくい。ただ、そこにいる方々が大人であり、質が理解できればそうはならない。
実例)ピニンファリーナ工房の最終会議では数値化された何かでの会話ではなく、質のわかる大人達による会話があり、最終案が決まっていました。このようなことを実現するには「会議であっても個人的な思いや感想、好きとか嫌いとか、を発言してもいい。というかその個人の思いや感想、つまり感覚が大切」という前提がないと、こうはなりません。
外資系企業では、わりとこういう会議はアリだけど(完全にNGってとこも多いですけど)、日本企業では、ほぼ通用しません。個人の感想なんかどうでもいい、無意味だ。と考えられています。おいしいとか、美しいとか楽しいって価値はあまり認められません。そのためか、特保とかの便利価値のある食品が発売されやすいようです。これはよく経験しました(苦笑。
 
 
 
 
 
トップの写真はスーパーモト世界選手権から。写真は小野寺剛氏からおかりました。
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に5〜6回、販売形態は通販です。次回は4月上旬の予定です。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...