• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.07.24

車輛の新しい表現。クラス説明とか、競技説明とか用の

プリント
 
 
■バイク車輛の新しい表現
 
車輛の表現する手法として写真じゃない表現ってないすかね。

例えばこんなの↑・・・。

 
 

これはかつてMOTO1全日本の始まる前の年につくったポスターの1点です。

各地域のチャンピオンを表現するポスターです。これは関東地区のチャンピオン#711熱田タカテル選手のです。2枚で1組で片方がその選手を表現したマーク、で残りがマシンです。

 

当時はレースの写真もなく、また撮影に行く時間もそのお金もなかった・・・

そのなかで思いついた手法がこの図面のようなマシン表現でした。マシンの写真を「写るんです」でぱしゃぱしゃ撮ってもらって送ってもらい、そこから起こしました。
 

このバイク表現はその後もレギュレーションの説明につかったりグッズのTシャツにつかったたりしてりました。

 
 
 
タカテルポスター

 
 

ただ、この図面のようなマシン図は手間はかかっています。
デザイナーが3日ほど徹夜しています。7車体ほど作成した記憶があります。
(上のは右と左が正しい組み合わせじゃない。右は東北地区チャンピオンの長谷川選手のマシンで左がAD/Tac選手です)
 
このような図面マシン図をもう一度作成するのは困難なので、他の新しい表現はないかなと考えています。
 
 
 

moto2車体図

 
 

使うところはレースプログラムでの各クラスの車輛説明です(上図はMOTO1 BOOKのなかのクラス説明のページです。)

プログラムでは、メーカーが特定されてはいけません。ひとつのメーカーを優遇するわけにはいかないからです。
この図面表現なら、部分的に描き変えることで車輛が特定できなくなるんですよね・・・。

 

うーん、これに代わる新しい表現方法がないかなぁ・・・。

ただのイラストじゃつまらないし

 
 

レースを見に来たお客様のなかには、クラスの違いを知らない方もいらっしゃいます・・・。
レースに詳しいひとにとっては当然な知識なんですけど、初めてのお客様は知りませんよね。
ディズニーランドでは「詳しい人だけが楽しめる」なんてことはなく、初めての方でも楽しめるようになっています。
レースも同じかなぁって。

 

なんかいい表現方法ないかなぁ。コストがかからなくて、メーカーが特定されなくて、新しい表現方法。

 
 
 

プリント

もしくは、プログラムのなかのメーカーさんの広告で自社の車輛をつかって各クラスの説明をする(↑こんな構造)のはどうでしょうか・・・。
クラスの説明しながら自社の車輛のことを発信する・・・。注目度高いし、ボディコピー(広告の本文)まで読んでもらえますし、いかがでしょう・・・(汗。

 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は7月末か8月のアタマです。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之