• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.11.18

速報! スーパーモトジャパン2019最終ラウンド Part1

#1笑顔

 
 
■速報!スーパーモトジャパン2019 最終ラウンド 千葉 / 茂原ツインサーキット

スーパーモトジャパン2019/MFJスーパーモト選手権最終ラウンドがこの週末に開催された。会場となったのは千葉/茂原にある茂原ツインサーキット。

 

連続にコーナーが配置され、それを上手くつなげていかなければタイムの出ない非常にテクニカルなコースデザインが特徴。ロード系のライダーが得意とするコースだ。

 

ダートセクションは2つ。1コーナー先に30mほどの直線(第一ダート/これが今回の結果を大きく左右したように思います)、ヘリポートコーナー先のジャンプを含む第2ダートの2つ。

 

今回はアジアや欧州で活躍しているルイス・コーニッシュ選手も参戦。また、各クラスのチャンピオンがここで決まるという重要なレースとなった。

 
 

■SMJ S1 PRO 2019チャンピオンは、大逆転で日浦大治朗。
#1森田一輝がV4をかけ、日浦は初チャンピオンがかかった最終ラウンドのレース1。
勝ったのは#21阿部恵斗(初優勝)。
#1森田は2位、
3位に入ったのは#5日浦。
これで森田と日浦のポイントは16ポイントに開いた。

 

ルイス・コーニッシュはスタート直後の第1ダート入り口で集団に囲まれスリップダウン。最後尾からの追上げレースとなった。

 

レース2。
チャンピオンを獲るには日浦は勝つしかない。森田は10位でもチャンピオン決定となる。しかし、大逆転が起きた。

 

#1森田は自らのミスで転倒。一方#5日浦は第1ダートの混乱を切りぬけると、巧みにトップグループに滑り込む。ラップを重ねる毎に順位を上げトップに。一方#1森田は追い上げのなか、自らのミスからクラッシュ。結果的に周回遅れとなる。

 

勝ったのは#5日浦ダイジロウ。#1森田イッキは周回遅れとなりなんとノーポイント。大逆転で日浦のチャンピオンとなった。

 

「チャンピオンなんて思ってもいなかったので、準備もしてませんでした!今日の目標はルイス・コーニッシュ選手に勝つことでした。でもとてもうれしいです!!」とコメント。チャンピオンTシャツの用意がなかったので、S1 OPEN でチャンピオンを決めた#14小原堅斗のチャンピオンTeeを借りて、記念撮影。

 
 

1 pro h1スタートレース1の1コーナー。PPは日浦。2番グリッドは#38コーニッシュ。3番グリッドが森田、4番グリッドが#21阿部。日浦はホールショットを決め1コーナーに入る。この時点で#21阿部が巧みなスタートで2番手、#1森田は両サイドから挟まれています、スカイブルーのヘルメットに白+スタイブルーのツナギが#38コーニッシュなんですが、スタート決めれずこの時点では4番手。
この30メートル先に第一ダートがあるのですが、その入り口で混乱が起き、順位が大きく変わります。その発端となったのはコーニッシュのダート入り口でのスリップダウンと思われます。

 

#1笑顔「小原選手チャンピオンおめでとう!」と祝福する日浦。日浦チームはチャンピオンをとれるとは思ってもいなかったので、そのチャンピオンTシャツの準備がなかった。小原選手から借りて写真(苦笑。
トップの写真はレース1スタート直前の日浦選手の表情。このレースをとても楽しんでいる様子で、緊張感は全く感じられなかった。いつも以上にリラックスしているのが印象的だった。チャンピオンが待っていたとは、この時点では自分も想像していませんでした。

 
 

■S1 PRO class / Race1 Result / AM12:45
1/#21阿部恵斗 / WebikeチームノリックYAMAHA / 53.442
2/#1森田一輝 / SRF & FTR / 53.044
3/#5日浦大治朗 / S.T.F / 52.522
4/#11森田直樹 / Teamケンズパワー+桶川スポーツランド / 53.799
5/#38ルイス・コーニッシュ / CP sports × Motozen / 53.092
6/#27金児敏之 / Husqvarna長野 / 54.577(6位を間違えていました。修正しました)
※最後の表記は各ライダーのベストタイム

 
 

■Race2 Result / PM16:20
1/#5日浦大治朗 / S.T.F / 53.290
2/#4金子和之 / IDEMITSU Honda PG Racing / 53.711(タイムに間違いがありました。修正しました)
3/#11森田直樹 / Teamケンズパワー+桶川スポーツランド / 54.188
4/#7吉田雄一 / TEAM Techni / 54.234
5/#28長谷川修大 / S.T.F / 54.695
6/#15 Ben-Bassat Micky / CP sports × Motozen × Husqvarna Nagano / 55.079
※#1森田一輝は最後尾の20位でフィニッシュ。

 
 

S2、S1 OPENの速報も今日中にアップします。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。

OTHER POST

Loading...