• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2019.01.12

3人で遊ぶオフロードゲーム!

店頭ポスター雑誌広告

 
 

■クロスミッション・アドベンチャー。3人で遊ぶオフロードバイクゲーム!遊んでるだけでハードエンデューロ的スキルが身についちゃう

 
クロスミッションアドベンチャーに行ってきました。
チョー新しくて面白いバイクスポーツでした。
コレに似たバイクスポーツが思いつかないほど新しいです。

 

●マップを見ながらチェックポイントを目指し
 できるだけ数多くのチェックポイントを制覇するバイクゲーム。
 

●3人で1チーム、仲間を信じて難所を目指す。
 

●知らず知らずにハードエンデューロ的な
 スキルまでも身についてしまう。
 

●レースというよりゲーム、それが CROSS MISSION ADVENTURE。

 
 

プリント
3人で1つのチームを作って戦うレース。というかゲーム。オフロードパーク白井で昨年11月に開催されたCROSS MISSION ADVENTUREを取材に行ってきました。難所といわれるようなハードなセクションを乗り越えチェックポイントを目指すスポーツ。でも参加者はこの笑顔。エンデューロレースやハードエンデューロでもレース中に笑顔を見ることはあるけど、それとはまた違った笑顔がここにありました。

 
 

■「仲間がいるので、ちょっと行けそうにない急斜面もトライできる」

 

「オフロードバイクは始めたばかり。
でもあっという間にいろんなトコに行けるようになりました!
いざとなれば仲間がいるので、ちょっと行けそうにない急斜面もトライできる。
失敗しても、仲間にひっぱりあげてもらえる!」 
・・・TOYZ Racing Wさん
 

「山のなかでバイクに乗りながら楽しむ宝探し!
マップをみながら、ここはこっちから迂回ならオレらも行ける!
とか、ココは急斜面のトラバースかも!意外とむずかしいので後回しに。
とかとか、戦略立てながら仲間とバイク遊びができる。
終わったあとのライバルチームとのお酒も美味しいww。」 
・・・レースに参戦し、世界1周の経験もあるNさん

 

「ハードエンデューロやってます。
その訓練のために参加しています。
ウチは基本的に全員がそのチェックポイントを目指します。
行き先を指定されるのが、いい訓練になります。
普段なら無理かも、ってところにも行くことになるので。
驚きは、オフロード始めたばかりの方々が
あっと言う間に上手くなるコト。おどろきます。」
・・・ハードエンデューロライダーOさん

 
 

ピース
3人(2人も可)で1つのチームを作ってチェックポイントを目指します。チェックポイントに到達する必要があるのは3人とバイク1台。そう!2人はサポートに回り、残る1人とそのバイクをチェックポイントに到達させればいいわけです。当然3人全員がバイクとともにチェックポイントを目指してもOK。
「3人と1台のバイクが到達したらOK」というルールがポイント。サポートに回るひとがいることで自分のスキルを超えた難所も気軽に挑戦できるみたいなんです。失敗が前提だし、助けることが前提なので、挑戦しやすいのかな。だから上達のスピードが速いという副産物も。それにしても面白い競技です。

 
 

ピース
全く新しくそして面白い競技です。だからなのか、この魅力が世の中にあまり伝わってないかも・・・。考え出したのはエンデューロライダーの石戸谷 蓮(イシドヤ レン)選手。海外で行なわれているアドベンチャーレースを見ていて思いついたそう(歩いたりカヌーに乗ったりしながら大自然を走破する長距離レース。3-4人のチーム戦。あ、バイクじゃないレースです)。イシドヤ選手は走る場所が同じだったり、自宅が近所ということもあって、むかしからの友人です。

 
 
■CROSS MISSION ADVENTURE. マップ、仲間、笑い

 

最初にもらうのは、等高線マップ・・・。
そこには目指すべきチェックポイントのマークがいくつか記されています。
限定された時間内に、ひとつでも多くのチェックポイントに
たどりついたチームが勝利。
基本は3人が1チーム。そう、チームで戦います。

 

面白いのは、3人全員がそのチェックポイントにたどりつかなくてもよく
1台のバイクと3人がたどり着けばいいという点。
つまり3人で協力しながら1台のバイクを
そのチェックポイントに運びこめばいい。
※CPにたどり着いたらスマホやケータイで記録写真を撮る。それがCP到達記録に。

 
 

ピース

 
 

取材に行ったのは11月に茨城にあるオフロードパーク白井で行なわれた回でした。
オフロードパーク白井はトライアルセクションで有名なんだと思うんですが
いくつかの小さな山を持つ広大なスペースのオフロードパークです。
コースじゃなく、まさにパーク。

 

チェックポイント(CP)はその広い自然の山のなかに設けられています。
多くのチェックポイントは、簡単にはたどり着けない場所に設定されています。
・立つことすら難しい急斜面。
・岩の積み重なった山の上・・・トライアルテクニックが
 なければたどり着けないようなところ。
(実はマップをよく見ると、回り込めばそんな岩の山を上らずともたどり着ける)
などなどなど・・・。
いろんな意味で「難所」というようなところに設けられています。

 

そう、このCPを見つけるのもムズカシイんですよね。

 
 

1タイトル
これが最初に手渡される等高線マップ。今いる場所と磁石からCPを目指します。てか、マップを見るとついワクワクする、なんでだろ・・・。

 
 

A「CP1はこの山の上・・・じゃないかな・・・?」
B「じゃ、とりあえずここ登る?」
C「あ、あっちからのほうがラクかも!」
A「おおー!だねだね、今回はオレ行くよ!てか行かせて!」
BとC「じゃ、このラインがいいかも。ここに向かって思い切り加速して!いけるとこまで行って、ダメになったらそこからオレらが引っ張り上げる。」
A「リョーカイっす!」

 

これが現場の雰囲気です。つたわりました?
ハードエンデューロレースの最中、
ライダー達がお互いに助け合いながら行くことがありますよね。
エルヅベルグでもありましたよね。
あんな感じでチームとしてCPを目指していくんですよ。

 

でもそこにCPがあるとは限らないわけですけど・・・ww。
ひとりならそこでへこたれる可能性もありますよね。
でも仲間がいるから、次に向かうことができるみたい。
苦しいことも仲間いたらが楽しさに変わるみたい。
これも3人というチームで戦う魅力かも。

 
 

ピース2オカニー
事前にその会場地域を把握するために、自前で用意して持ってきたマップ。こんな念入りの方も。あ、ルール違反じゃないですよ。てかどのチームも他のチームと争っているというより、自分たちがどこまで頑張れたかを楽しんでるようでした。

 
 

ピース

 
 
■完全分業のチームもあったり
 

「僕はマップを読み取り、
各チェックポイントの攻めるルートを見つけ出す役。
またどのチェックポイントから攻めるのが効率がいいのか
なども決めたりします。」

 

「自分は一番若いんだけど、
そのチェックポイントになんとしてもバイクを運び込む役。
難所なほど燃えます(笑。」

 

「自分はこの3人のなかでは最もバイクの経験があるからか
バイクのラインを見つけたりする担当。
どうバイクを派日込めば上手くたどり着けるかを決めます」
※この方はエンデューロレースの経験に、バイクで世界一周の経験もあるというある意味長老的な方。

こんな具合に3人が完全に役割分担するチームも

 

全員がオフ経験は浅いながらも
仲間を信じてとりあえず難所を目指す、
というか終わったあとでこのことをネタに飲むのがメイン
というチームも。

 

そうです。楽しみ方はいろいろ。

 
 

取材していて気がついたことがあります。
それは、ただ遊んでるだけでハードエンデューロ的なスキルが
どんどん身についちゃってるンじゃないかということ。
オフ経験が短い方でもかなり難しい急登にも挑戦したりしています。
「仲間が必ず引っ張りあげてくれるから
挑戦することも気楽にできちゃう。
1発で成功することが目的じゃないからね」
なるほどー!

 

ゲームなんですよね…レースじゃない。
バイクでのスポーツでは、その多くが何かを成功することが求められていたり
レースという形式であることがが多いですよね。
このクロスミッション・アドベンチャーは競い合うけど、
レースじゃなくゲームに近いのかも。

 

なんかちょっと今までとは全く違うバイクスポーツに感じました。
バイクスポーツというよりバイク遊び。
遊びだけど、実はものすごいスキルも必要。
一方では、そのスキルが無くても仲間で協力しあうことで
も楽しめる。
これはみなさんに参加してみてほしいです。

 

次回は1月27日の白井オフロードパークです。
この日は他の取材が先に入っていたので行けないけど
できたら参加したかったです。

 
 

■基本ルール

 

1 2〜3名のチーム戦です(3人が基本ですが2人もOK)♪
2 地図上に示されたCP(チェックポイント)を探します♪♪
3 CPを早く・たくさん見つけたチームが勝者♪♪♪
4  チームのうち1人+1台がCPにたどりつけたらOK♪♪♪♬

 
 

■クロスミッション・アドベンチャー次回は

 

●開催場所・・・オフロードパーク白井
●開催日時・・・2019年1月27日(sun)
●参加費・・・3人チーム 28500円 / 2人チーム23000円(税込)
●募集期間・・・2018年11月20日→2019年1月21日
●参加申し込み方法・・・CROSS MISION HPから(アドレスは下記) ●基本ルール

 
 

詳しくは CROSS MISSION ADVENTURE IN 冬の白井 のサイトへ。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://crossmissionblog.wordpress.com/2018/11/17/団結力・知力・走破力%E3%80%80cross-mission-アドベンチャー%E3%80%80in-冬/

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
広告企画と制作が主な仕事です。ときには商品企画などもおこないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi Beer、Monster Energy、JT日本たばこ、ANA、ミツカン、Loft、日本生命、クリニーク、コカ・コーラ、としまえん、などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉氏のオリジナルピアノのデザインも(YAMAHA楽器に保存)。新聞広告、CM、キャンペーンなどで受賞多数

OTHER POST

Loading...