• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.04.26

3月の人気レポ Best3を 発表。やっぱJでした!

コソ練

 
 

■3月の人気レポ Best3 発表。やっぱJでした!26.Apr.20203月レポのなかで最もアクセス数の多かったベスト3を今日は発表します。
ちょっと面白い結果が出たんですよ。

 

1位/3月19日 SMJ2019 MVPのJAWS増田インタビュー「引退?」
2位/3月8日 高山ナオト選手、ハスクバーナ350で S1OPENに参戦
3位/3月24日「コソ練に行ってきた」高山選手&マエダチャンのコッソリ・スキルアップ/ Part3

 

で4位に入ったのが、
4位/3月5日毎月5の日はJust My Cool /「モデルのマエダちゃん撮影の4st125」

 

すべてひとなんですよね。
JAWS増田選手、
高山選手
高山選手+マエダちゃん
マエダちゃん
という具合・・・。

 

で5位、6位は、
高山選手+マエダちゃんのスノーモビル体験レポのPart1と2。
3位に入ったのが、このレポシリーズのPart3なんです。

 

ここまですべて「ひと」なんです。共通するのが。

 

※7位はとつぜんストリートモタード特集が入るんですよね、昨年11月の。他にもずいぶん前にアップしたBETAのRR2T 250&300のインプレなんてのが入っています。なんでだろww?

 
 

Tシャツ笑顔

 
 

面白いです。すごーく!
だからなんなんだ?ってハナシなんですけどね。
カスタムのノウハウとか「お金を使いましょう!どんどん使えばいいバイクになります、高性能になります。」的な記事があんまり好きじゃない。なので、ちょっとうれしい!

 

※カスタム反対ってことじゃないです、だってそういうことで業界が成り立っていますから。でもカスタム万歳っていうのも違うかなぁーって。お金かけたのが偉いってなると、新しくバイクに乗ろうって方には敷き居が高く感じるみたいなんですよね・・・。そんなお金ないよ、とか、なんかこわい、ってなるみたいなんです。カスタムもひとつの楽しみだからいいと思うんですけど(乗るだけが魅力じゃないし)、そうじゃなきゃダメっていう空気はさけたいなぁって。

 
 

■で、3月の3位5位6位に入った人気レポートとなったスノーモビル体験レポはこちらです。

 

3位/3月24日「コソ練に行ってきた」高山選手&マエダチャンのコッソリ・スキルアップ/ Part3
http://www.krazy-web.com/custom/「コソ練-に行ってきた」高山選手&マエダちゃ-3/

 
 

5位/3月20日「コソ練に行ってきた」高山選手&マエダチャンのコッソリ・スキルアップ/ Part1
http://www.krazy-web.com/custom/「コソ練-に行ってきた」高山選手&マエダちゃん/

 
 

6位/3月23日「コソ練に行ってきた」高山選手&マエダチャンのコッソリ・スキルアップ/ Part2
http://www.krazy-web.com/custom/「コソ練-に行ってきた」高山選手&マエダちゃ-2/

 
 

空から林道

 

空から林道

 

絶景に行くにも

 
 

■古いレポートも一覧から探せます。

 

古いレポはトップページの下にいくと探すことができます。
下にいくと10個のジャンルが現れ、それぞれに一覧があり、タイトルが洗われます。

 
 

■キーワードで検索もできます。

 

もしくはキーワードで検索し、過去のレポートを読むこともできます。サーチ機能です。
トップページの右上にSERCHってのがあるんですが、そこにキーワードを入れると選ばれて表示されます。

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。