• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.05.21

5月のKRAZy GOODS販売は復刻Tシャツです。5月23日(土)から

プリント

 
 

■5月のKRAZy GOODS販売は復刻Tシャツです。5月23日(土)20時から21.May.2020今月のKRAZyGOODSの販売アイテムはTシャツとステッカー類です。
Tシャツは復刻版になります。
 
販売期間は5月23日(土)20:00時→5月31日(日)24:00時までです。
※申し込みもこの時間からとなります。守っていただけるとうれしいです。

 
購入方法は今までと変わりません。
明日には正式なアイテム紹介と、購入方法等の記載のある告知ページをアップします。

 
 

NewKRAZyTee2013
CREST Tee / Bakack / ¥4,000(tax in)/ XS、S、M、L、XL

 
 

プリント
KRZ Tee / Bakack / ¥4,000(tax in)/ XS、S、M、L、XL

 
 

Krazy_Sticker_BW_版下_2020
Black & White Sticker Sheet / ¥950(tax in)

 
 

プリント
A-type / ¥950(tax in)

 
 

プリント
B-type / ¥950(tax in)

 
 

■購入方法 / 販売期間2020年5月23日(土)20:00 〜 5月31日(日)24:00
 
購入申し込みはメールでお願いします。メールアドレスが変わりました。
kondo@krazy-web.com
メールの件名は 「グッズ購入 (氏名)」 と記入して、送信をお願いします。
 例:「グッズ購入 近藤」とか「グッズ購入 鈴木」←つまりこんなかんじ。

 

1:商品名(今回はKRAZy Sweat Teeとか KRZ Teeとか)、 2:色、 3:サイズ、 4:枚数、 5:合計金額、 6:名前、 7:郵便番号とご住所、 8:電話番号、そして
9:雑誌KRAZyやKRAZyWebMagazineやグッズへのご意見ご希望もお願いします。何でもいいのでぜひおねがいします。「あの記事はよかったから連載して!」「こんな企画はどうすか?」とか何でも。

 

ひとつお願いがあります。
申し込みメールにすぐには返信ができそうもないということです。
返信に1-3日かかります、すいません。(3日待っても確認の返信が無い場合は、最初のメールがいつなのかも含め再度メールをお願いします。もしくは電話をください。090-4930-0128)

 

商品の発送ですが5月末から6月上旬となります、少々おまちください。

 

袋に入っている紙の裏にKRZの印が押してあります。これを10個集めるとグッズがもらえます(毎回変わります)。紙によっては2個、3個、または8個などの印があります。8個の印が押してあれば後2つ集めればよいということです。また印の無い場合は、その紙1枚が印1個とします。
10個集めてKRAZyグッズをゲットしちゃいましょう。あ、10個集った方はメールくださ〜い。

 

お申し込みの後、こちらから返信メールが送信されます。
その後、メール内の銀行口座にその合計金額を振り込んでください。
振り込みの名前と申し込みの名前は同じでお願いします(確認のためです)。入金を確認後発送します。クロネコ宅急便やゆうパック(少数の場合など)などにて発送します。
発送料はかかりません。
合計金額が10,000円以上の場合は、KRAZy Familyのステッカーシートが1枚つきます。このステッカーは非売品です。
サイズの交換は可能ですが、そちらからの送料はご負担ください。
サイズでわからないことがあったらお気軽にメールくださ〜い。身長体重がわかれば、サイズのご提案も具体的にできます。

 
 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。