• RSS TAKAKIYA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.07.31

7月の編集後記「曜日で内容も価格も変わるお店・・・」

プリント

 
 

■曜日によってサービスの変わる美容室が渋谷に。UMICA/シブヤ

 

お店の名前で営業するのじゃなく、

個人の力量や経験でサービスや価格の変わるお店ができるんだって。

曜日によってそこでカットしてくれる方が変わるという美容室です。

月曜はAさん、火曜はBさん、水曜はCさんという具合で

サービスの内容も料金も変わるんだって。

 
 

カットやパーマやカラーリングは、その経験や力量で大きく質がかわるし

また価値観が違ったらお客様とのマッチングもあったりするわけですよね。

そういう意味では正しいんでしょうね。

うん、そういう時代になってきたんですね。

 
 

欧米でのヘアアーティストはお店を持たずにやっている方もいるんだって。

お客様のお宅で切ったりするのかな・・・。

完全にその個人の能力に対してお金が支払われるんだって。

お店の名前じゃなくて。

お客様がある程度その善し悪しや質を判断できるから、こういうことが可能になってきたのかなぁ。

いずれにしろ、なるほどーって感じ。

 
 

プリント

 
 

今日はKRAZyとはあんまり関係ないけど、こんなお話でした・・・。

でも自分的にはとても重要な話題。

デザイン(表現)とその価値みたいなこと、かな。

デザインは好き嫌いじゃないし、ちゃんと性能や機能があります。

そのデザインが目的を持っていたらだけど。

 
 

むかーしむかし、PARCOのポスターのコピーで

「弾丸は目的があるから速く飛ぶ」というのがありました。

かなり詩に近いコピーけど、なんか好きだったなぁ。

このコピーは誰の書いたものだったのかなぁ、わすれちゃいました。

この頃のポスターって、ビジュアルのある短歌とか俳句みたいな表現だったなぁ。

具体的には何も言ってないけど、何かを伝えようとしてた。

短歌や俳句がそうであるように。

食べ物で言うならスイーツも同じかなぁ。

栄養とかそういう価値より、美味しいかどうかに特化してる。

生活を豊かにする食べ物ですよね。

 
 

そんなスイーツのような表現。

KRAZyはそういう表現を作りたいなぁって思っています。

そこにはありがたい情報や、知りたくなる情報は無い。けど、なぜか触れたくなる・・・。

何度か触れると、結果的に、そこに描かれている対象が好きになったり、憧れるみたいな。

俳句や短歌って、便利な情報はそこにはない。でも触れるとココロが豊かになる。

落語もそうだ、てか小説もかな。

 
 

あ、先の美容室は UMICA(ウミカ)っていう名前なんだけど、神泉とか渋谷とかのあたりにOPENするんだって。

今も逗子に本店があります。

もう少し具体的になったらまた報告しますねー。

 
 

IMG_6060_b

 
 

暑いですね。

お体に気をつけてくださいねー。

夏は水出しの緑茶が身体にいいそうですよ。

 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...