• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.02.29

2月の編集後記/「売れるもの」と「売りたいもの」

ライセンス
 
 

■2月の編集後記/「売れるもの」と「売りたいもの」 

2020年も始まってもう2ヶ月がたちました・・・
お正月のあの頃、2月の編集後記を書く自分は全く想像できなかった。
ずいぶん先だと思ってた。

 
 

で、2月の編集後記です。

タイトルは、「売れるもの」と「売りたいもの」。

 
 

以前、サラリーマンをやっていました。

広告会社に勤めており、いろんな商品の広告企画と制作をおこなっていました。

 
 
 

どろぼうと夜桜

 
 
 

高価なものから安価なもの、男性向け商品から女性むけ、

などなど、実に多種多様な商品を担当させていただきました。

商品だけではなく、ときにはサービスや団体、企業のイメージやタレントさんのイメージなど
カタチの無いものもやらせていただきました。

 
 

そのなかで、やりやすい商品、というか、やる気がでる商品と出ないものがありました・・・。

違いはその企業の商品への思いやスタンスです。

 
 

「売りたいものを 売る」

 

と、いうのと

 

「売れるものを 売る」

 
 
 

どろぼうと夜桜

 

母はすごいs

 
 
 

「売りたいものを 売る」
  ・・・こういうのはどうだろう、きっと世の中のためになるんじゃないか。

 

「売れるものを 売る」
  ・・・これが今売れる、だから発売しよう。
 

 

後者は、人気のすでにある商品だったり、後追い商品だったりで

マーケットがすでに存在する商品。

 
 

対して前者は、その企業が作りたくて作った商品。

たいていはマーケットすら存在しない。だからそこから始める必要があります。

 
 

でも、なんらかの熱い思いがあるので僕も共感しやすい。

目的が「あそこに行きたい!あの山をのぼろう。なので助けてほしい」となり

依頼した企業と同じ方向をむくことができます。

横にならんで(正確には斜めうしろ)目的や目標にむかってあるいていくかんじに。

 
 
 

プリント

 
 

プリント

 
 

ケータイを愛するみなさん2s

 
 
 

でも後者の場合は、目的が利益だったりします。

熱い思いはあったとしても、利益という数字が目的。

 
 

この場合、依頼者である企業はこちらに向いていて命令されることがしばしば。

「一緒にあそこに向かおう」じゃなく、「こうしろ ああしろ」と命令口調になり

数字のみを求めることになりがち・・・。

 
 

モコモコマフラーs

 

巨大ちらしオリジデータ

 
 
 

「売りたいものを売る」

こういうスタンスってすてきだなぁと思っています。

 
 

明日からもう3月、春はもうすぐそこです・・・。

あ、イラストは内容とはぜーんぜん、関係ありません。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
KONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画と制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。