• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.12.02

2018年のMFJレーススケジュールが発表です

少年ライダー

 
 

2018年のMFJレーススケジュール発表。

 

MFJから2018年の二輪のレーススケジュールが発表になりました。

今年はちょっと遅かったですね。

 

来年も多くの感動が生まれるといいですね。

では。
 
 
 

プリント
 
 

 
 
 
 
少年ライダー
 
 

 
 
 
 
プリント
 
 

 
 
 
 
少年ライダー

 
 

 
 
 
 

プリント
 
 

 
 
 
 
プリント
 
 

 
 
 
 
#1草原
 
 

 
 
 
 
少年ライダー
 
 

 
 
 
 
プリント
 
 

 
 
 
 
少年ライダー
 
 

 
 
 
 
プリント
 
 

 
 
 
 
少年スタッフ
 
 

 
 
 
 
プリント
 
 

来週発行する雑誌KRAZyにもちょっと書いたんだけど、

この二輪レースは誰のために開催されているんでしょうか。

 

やってるひとのため?
それともファンのため?
ここをはっきりさせないと・・・・。

 

技術開発の場という意味が薄くなっている今、何の場なのでしょうか。

 
 

それはジャンルによっても違うのは当然ですが、目的が曖昧だと結果も生まれないように感じます。

 
 
 

試作#4_7連

 
 

昨年レースを観ていただいた各企業のマーケティングの方は「コンテンツそのものはいいよね!想像以上に感動するし、安全。ちゃんとスポーツなんだね」っておっしゃってます。

 

つまり一般の方々が観てくれるコンテンツだということです。集客の可能性が高いというわけです。映画なら、集客の可能性のある内容ってこと。

 
 
 

スポーツの大会として存在するなら、アマチュアのほうが正しいような気がします。
ただし、各自の負担はそれなりにかかるわけですけど・・・。

 

プロを創り出し多くの人気を獲得しAMAみたな大会にしたいなら、イベント的な運営が必要かも。これは各企業の方も言っています。

 
 

プロとはお金を稼げるひと、つまり自分のためにやるんじゃなく、誰かのためにやるということになる場合が多いわけです※。プロモーションのひとつになるわけです。経済活動やビジネスのなかに入ることになります。結果的に公平性などが薄れるという側面も・・・。

 

※つきぬけてすばらしい人気や影響力があるアスリートは、自分のために活動してもそれが大きな影響力を持つので、プロとして活動できます。

 
 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に8〜10回、販売形態は通販です。次回は12月上旬です。グッズを買うと雑誌KRAZy21号が2冊ついてます。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...