• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2017.05.26

25日は美容情報 / カサカサ かかとは、ご無沙汰のしるし?

太陽の陽とぶどう

 
 

カサカサ かかとは、ご無沙汰のしるし?
 
夏のような気温をたたき出す日が続きました。
露出度が高い季節がもうそこまで来ていますね?
ANNA ANNA 齋藤安奈です。

 

素足とサンダルになる機会は性別問わず、増えて来ますが・・・
本日のテーマは「かかとのカサカサ」

 
 
 

私がフットケアサロンに初めて行ったのは20代の頃でした。
足の角質、爪のケア、マッサージからのペディキュアをしていただいてました。

 

最近読んだある方のコラムで
ブーツを履く真冬でも「ペディキュアを塗る」、ちゃんとマニキュアとお揃いの色。
クチに含まれてもいいくらい、足指まで美しくして……いざ出陣(笑)
と、なっておりました!WOW!!

 

ただ・・・私が思うのは、
指先、つま先にネイルのカラーを乗せるだけでなく素地が健康的か?
は、その方のあり方を醸し出す決め手のような気がしてます。

 
 
 

私が通うサロンではカラーでなくケア重視というところも気に入っております。
ある時、担当者の方が面白いことを言ってました。
「かかとがガサガサなのはご無沙汰な証拠って言いますよ・・・」と。(笑)

 

幸い私は真冬でもかかとがガサガサに全くならない体質で、サロンの方がいつもびっくりしています。
ですので、ご無沙汰ぶりはバレませんね?!って!そうじゃなくて!!!

 
 
 

角質がガサガサしてしまうのには理由があります。
お肌が生まれ変わるリズムが崩れ、不要な角質がいつまでも停滞してしまい、分厚くなる。。
つまり肥厚という状態を招きます。

 

季節的に、乾燥してるシーズンは、そこがパカっと割れて血が出てしまうという方もいらっしゃるほどです。
悲しいことに女性がはくストッキンを傷つけでんせんしてしまうことさえあるのです。

 

足裏は常に体重を支え刺激があるところですので、
いつも刺激のない二の腕の白くてふわふわな部位の真逆をいく、
環境に耐えることで、皮膚が厚みをまして行きます。

 

ですので・・・
日々、保湿のケアをしたり足が喜ぶ靴選びやインソールを作ったり
毎日の、立ち方歩き方を注意することは大切です。

 
 
 

とはいえ、足のケアは自分でやったりすることや我流で行うと、
もっと悲しい状態にもなりやすいです。

 

これからの季節、プロの技術をお借りして柔らかい足裏になり、
サンダルで素足の季節を思う存分エンジョイするのがオススメです。

 

私は、ドイツ式リフレサロンが最近は好きです。
まるで歯医者さんのようなマシーンを使い、
魚の目や巻き爪でお悩みの方向けのケアもしてくださいますよ。

 

つま先指先のケアをしてると運気も上がるそうですし
私もこの夏は末端ケアを意識してみます!!

 
 
 
 

 彼女自身がアトピー肌でした。
それが今のような肌になれたのは、モイスティーヌのおかげだそうです。
最初はモイスティーヌのユーザーだったんですね。
 あ、実はアンナさんは自分が会社員だったときの同僚です。
たしかに最初の頃はちょっとアトピーっぽかった。
でもそれは徐々に目立たなくなっていき、普通の(というか普通以上の)肌になっっていきました。
当時はそんなことは全然知らなかったけど。
 で、これがきっかけで、モイスティーヌを扱う今のお店を出すことになったんだって。
実際に自分はその変化を見て来たので、ウソじゃないです。本当です。
「肌にトラブルを抱えた方にこそ試してほしい」そうです。
 
 

医療機器メーカーが開発した美顔器をつかったお肌のしくみにかなったやり方
それがモイスティーヌです。
千葉の市川駅前のモイスティーヌサロン ’Anna Anna’ の代表の齋藤アンナさんでした。

 
モイスティーヌ 市川駅前サロン / Anna Anna (アンナアンナ) 代表 齋藤安奈
HP http://www.aa-salon.com/
ブログ http://ameblo.jp/picnic-clinic/
〒272-0034千葉県市川市市川1-10-1 STビル2階

 
 

モウスティーヌ市川店「アンナ アンナ」は、
医療メーカーが開発した美顔器を使っておこなう美容。
お肌にトラブルを抱えている方にこそためしてほしいそうです。

 
 
 
 
 

質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりお金を出してまでこの情報を得ることはない方々に向かった内容だからです。
活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に5〜6回、販売形態は通販です。次回販売は5月27日からキャップ販売の予定です。夏の販売は6月アタマから。Tシャツなどです。
KRAZy GOODSページをご覧ください。
発行責任者:近藤正之

 

OTHER POST

Loading...