• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2022.09.22

スーパーモトジャパン2022 R5 チャレンジクラス part2

表紙サマソニ

 
 

SUPERMOTO JAPAN Rd.5 奈良 9月18日
チャレンジクラス / S2、S3クラス
-21.Sep.2022- 

9月17-18日、奈良県にある名阪スポーツランドでスーパーモトジャパン2022 Round5が開催されました。

 

ここはS2、S3クラスのレポートになります。Part1は20日にアップしています。

  ↓   ↓   ↓

http://www.krazy-web.com/custom/スーパーモトジャパン2022-r5-チャレンジクラス/

 
 

サンド2

 
 

■ Challenge / S2 class

 

S2クラス(250ccクラス)を制したのは#96宮岡貴之選手でした。ロードミニ→モトクロス、という経歴。ダートが多いならスーパーモトに挑戦してみようと参戦。S2クラスでは圧倒的な速さを見せ勝利しました。ベストラップライムは2位とは3秒差。

 

#96s2

▲足回りはモトクロスマシンのままとか。S2で勝った#96宮岡貴之選手

 

2位に入ったのは#5吉田隆幸選手。ダートセクションでの走りが光っていました。

 

3位は#15野田浩平選手が入りました。

 
 

#5s2
▲2位に入ったのは#5吉田隆幸選手。。

 

#5s2
▲3位は#15野田浩平選手が入りました。

 

サンド1

 
 

■ Challenge / S3 class

 

S3クラスは公道仕様の250ccもしくはレーサーマシンは4ストは150cc、2ストは85ccまでとなります。
 

S3を制したのはなんと#13井原健選手。このスーパーモトレースが始まった年に#2をつけていたのがこの井原タケシ選手です。このスーパーモトジャパンのベースを作った選手が15年ぶりに参戦でした。

 

#13s3
トップの画像の○印がこの井原選手です。これはあのサマーソニックの会場でレースをやった時の集合写真です。懐かしいなぁ、2007年かな。

 

2位には岡田武蔵選手。WR250Xのスペシャリストの一人です。

 

3位は新井寛選手が入りました。タイヤがモトクロス用?ダートセクションに的を思い切った仕様です。

 
 

#2s3
▲2位には岡田武蔵選手が。
 

#98s3

▲3位は新井寛選手が入りました

 
 

スーパーモトジャパンの全日本クラスは来週にアップ予定です。写真セレクト&加工中!
出来るだけ選手やこのジャンルが「かっこいい〜」と感じてもらえるように努力しています。会場をそのまま撮影すると木の杭や汚いものが映ります。「これが全日本?え?ただの空き地でやってるんじゃないのこれ?」と見えてしまうようです。会場でナマを見た方は当然それを見ていますが、生の迫力があってそのうらびれた感じは消えてしまうそうです。
動画も写真もナマには敵いません。匂いも空気も風も、未来も表現できないです。だからこそ、突き詰めていかないといけないのかなぁと感じています。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之/KONDO design