• RSS TAKAKIYA
  • YAMAHA
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2016.08.07

4st 125ccに乗り始めて。Y.Mさん茨城からのレポート

1

 
 

最近 CARAMELL MOTORSさんで、4st125ccを購入し乗り始めたという茨城のY.Mさん

4st125の面白さ、その魅力をレポートしていただきました。

バイクはKRAZyでも乗っているBETA RR4T 125LC Motardです。

 
 

お疲れ様です。

自分は大型ばかり乗っていたのですが、セカンドで125ccを乗り始めたら、

そればかり乗りようになったのでちょうどいいかもしれないですね。

自分は(中略)ゆえに文書を書くことが苦手で、なかなか思い浮かばず遅くなりました。

自分なりの考えで、まだまとまってなかったりしますが・・・

(↑これはレポートを受けていただいた際のメールです。では)

 
 
 
 
 
 

2青空
2
 
 

まず125を乗り始めた訳として

前々からオフロードに興味があって、セカンドとして当時出たばかりだったKLX125を購入。

乗ってみたら以外と楽で、通勤にも乗るように。

 
 
 
 

アオソラ2
3

 
 

Beta を選んだ理由

KLX125は車格が小さいのもあり限界を感じてフルサイズが欲しくなる。

街乗りもよく使うからオンロードタイヤ。

Betaの空冷は確か安かったはずと思いきやモタードは水冷のみの設定。

日本メーカーのやつをフルサイズに改造するのと比べたら同じようなものかと購入決定。

 
 
 
 

4竹林
4
 
 

実際にBetaに乗ってみて

見た目から125ccには見えないバイクですが、

実際乗ってみても最近の250ccに引けを取らないんじゃないかと思いました。

足回りもしっかりしていて未舗装や階段くらいの段差は難なく走れます。

オフ車だからエンジンは低回転よりのセッティングかと思いきや、

小さいエンジンだけあって回して走ってもまた面白いやつだと思いました。

重心がかなり高めのイメージで、ZX-6Rから乗り換えるとカーブでバイクを倒しにくいなと思いました。

慣れてくればその重心の高さゆえにスライドさせてもコントロールしやすいと思います。

 
 
 
 

5アオソラ2
5
 
 

125ccに乗ってて思うこと

街乗りで大型に乗って移動してる時との差は感じず、便利さも不便さも変わらないと思っています。

もとよりツーリングでも高速道路を使わないので、125ccの欠点が表に出なかったこともありますが。

街乗りだと、ちょこちょこシフトチェンジしながら走るのもなかなか楽しいものです。

125cc単気筒ということだけあって、燃費は良いと思います。

Betaで35km/ℓは走るので、ちょっと寄り道を気兼ねなくすることが多くなりました。

KLX125の時はハイカムを入れたりと大型ではできなかったエンジンのカスタムもやっていました。

これもまた小さいエンジンだからこそ挑戦できるかなと思います。

 
 
 
 
6田んぼのあぜ道
6
 
 

確かに125ccは原付といえど自動車の免許では乗れない、

もう少し大きければ高速道路に乗れると言われるような半端なやつかもしれないです。

ですが、125ccは原付だからこそどこにでも行ける、

高速道路に乗らないからこそ見れるものもあるかと思います。

そうやって走って行く上で、足りないところを足したりして

自分色のバイクに仕上げていくのも125ccの魅力じゃないかと思います。

 
 

写真も一緒に送ろうと思ったのですが、

ここのところ休みの日の度に雨がふるものですので、

また後日に写真を送信させていただきたいと思います。

 
 
 
 

7ラスト?
7
 
 

茨城のY.Mさんからのレポートでした。

この写真は後日いただきました。すてきな写真とレポートありがとうございました!

Just My Cool

 
 

4st125ccの魅力についてやカスタムのついてのレポもお待ちしていま〜す。

 
 
 
 

質問などはこのアドレスへお気軽に→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。
それは「これから」のファン、つまりまだ強く関与していない方々に向かった内容です。活動資金は広告出稿料もありますが、グッズの売り上げにもたよっています。
もしよければ、グッズを年に1回購入いただけますでしょうか。グッズの販売は年に4〜5回、販売形態は通販です。次回は8月末の予定。
 

レポは各ジャンルごとに掲載されています。どのジャンルにも分類できないものは2カ所に掲載か、TOPICSに掲載されます。
古いレポや情報を探す場合は、RaceReportやEventなどの各ジャンルをのぞいてみてください。
一番下の「AND MORE」をクリックすると過去のレポが一覧で表示されます。
発行責任者:近藤正之