• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends

  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2018.06.07

AA1 #6石戸谷蓮 JNCC2018 R4 鈴蘭高原レースレポ

コーナー
 
 

AA1 #6石戸谷蓮 JNCC2018 Round4 鈴蘭高原レースレポ

 

レスレポートがつづきます。こちらはAA1 #6石戸谷蓮選手 JNCC Round4 鈴蘭高原のレースレポです。
石戸谷選手はJNCCにJECにと数多くのレースに参戦しています。すごい!!

 
 

JNCC2018 Round4
リザルト 
AA1 7位 総合7位
会場:鈴蘭高原特設コース
天候:晴れ
路面:ドライ・マディ・ロック

 
今回は少し出遅れてスタートは2位。それでも上位でのスタートを毎回続けることができております。
路面は数日前に雷雨を伴う激しい降雨があった影響でコースの数カ所に水が流れている状態。斜面にコースができているのでほとんどは溜まることなく流れておりますが、油断すると深く埋まる箇所もありレース中に埋まって身動きが取れなくなるマシンを多く見かけました。

 
 

土曜日に時間があったので下見をしっかりと行なうことができました。僕の住む神奈川は半袖で過ごせるほど気温が高まってきましたが会場の岐阜県鈴蘭は標高1300~1400mのため気温は一桁。
気温差で非常に寒く感じました。キャブレターのセッティングも変わる可能性があったのですが問題なかったためそのままレースに臨みました。
食事と休息も気を付けて取り、カロリーやミネラル・ビタミン・アミノ酸の摂取を積極的に行なうようにしたのでレース後半になっても粘り切れるコンディションで走ることができ、力を出し切ることができました。
上記のレース前の食事や休息がしっかりできているとレース中のコンディションが良い他にもレース後の回復が良好なので長くシーズンを走るには改めて必要な要素かと感じました。

 
 

レース展開
レース毎に自分の中に課題を設けて少しずつでも前に進むことを意識して取り組んでいます。シーズン開始時はスター
トをトップで行くことを課題としておりましたがこれはほとんど達成できるようになってきました。この鈴蘭ではトップグループで1周目を終えることを課題にして走りました。
今まではコースに慣れるまでにトップグループと離れてしまうので同じペースやライン取りを前半から掴むために必要とチャンピオンの小池田さんから伝えてもらいました。
毎戦、何か成長や良い経験を積み重ねて行かなければチャンスが転がり込んでこないと考えているので課題を設けているのですが結果的にもモチベーションとしても良い方向に向かっていると感じています。

 
 
コーナー
 
 

コーナー
 
 

MXセクション
 
 

レース雑感
レース開始1時間に3回の転倒。前走者に追いついては離れてを繰り返して行くうちに一時は13位まで後退。
転倒の原因
1:フロントが尖った石に弾かれた
2:深いギャップにリアが強く入り反動で弾き返された
3:埋まる路面にフロントが刺さった
1と2についてはライダーのライディングでカバーできることでもあり注意が足りなかったと反省すべき点でもありましたが、マシンセッティングがまだまだ詰めがあまいと感じ、レース二日後の早朝に走ってセッティングを見直しました。目標に近づけるために日々、確実に進めていきます。

 
 
 
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@kondo-design.jp
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之

OTHER POST

Loading...