• RSS TAKAKIYA
  • MotaFriends
  • Sportsland SUGO
  • OFFROAD VILLAGE

2020.06.23

ATV アタックツーリング by TKKY

乗り込んで

 
 

■ATVアタックツーリング by TKKY-23.Jun.2020-
ATVでアタックツーリング。これを企画したのは新潟南魚沼のTKKYさん。
ウィンチをつかわないと進めないレベルのアタック系ツーリングです。
今回の参加者はTKKY代表の高橋さん含めての4名。
全員上級者ならではのまさにハードアタックだったようです。

 
 

ぬのめさん傾く車体
▲初夏のさわやかな一日・・・
 

水
▲山は新しく芽吹いた若葉で明るい色に。この時期の山はほんとうに気持ちがいいです。

 

水
▲密は避け、各人がある一定の距離を保っての活動となるよう気を付け行動したそうです。参加にあたっては、数日前から各自体温を計り、健康であることを確認しての近隣からの参加です。

 
 

■ウィンチが丸必のハードアタック

 

ウィンチ使わないと進めない個所が多数、大きな石や倒木など多数。
しかしそのウィンチをひっかける場所もない・・・。岩に巻き付けてもその岩が動くという。
ここは3年前から通っている沢だそうです。毎年すこしづつ開拓をつづけているところなんだそう。

 

「何年もかけて前に進んでいるかんじです(苦笑。非常に難易度が高くて、毎年毎年、少しずつ少しづつだけど進んでいってる感じですねー。」とTKKY代表の高橋さん。

 
 

去年の様子1
▲これは昨年の様子。今回開発したルートの手前なんだそうです。まだまだ平和な風景のなかを走っています。

 

よこからアップ
▲これも昨年の様子をドローンで撮影。

 
 

「今回は新しいお客さん2名と、常連のNさんと自分の4名で行きました。
新規のお客さんのおふたりはとても経験豊富で上手い方だったので、
こっちもテンション上がりました。楽しかったですよ」とTKKY高橋さん。

 

「今回の参加車両は、OUTLANDER 1000R Xmrが3台と、OUTLANDER MAX 1000R XT-Pが1台。ウィンチがマル必です。」

 
 

初夏の葉2
▲まだまだここは道もひろく平坦です。

 
よこからアップ
▲携帯はこれに加えチェンソー。倒木なども多く、道を作りながら進みます。
 
始まり
▲気をつけないと岩と車体に挟まれそうになることも。
 
アンダーカバーもキズだらけ
▲水の流れで作られた岩の形はまるで溶けたアイスクリーム…
 
ぬのめさん傾く車体
▲!!
 
よこからアップ
▲最後は人力も

 
 

「動けなくなったらウインチでクリアします。
ウインチを引っ掛ける場所を探すのが大変でした・・・。
岩に巻きつけても、その岩が動いたりするんですよ(笑」

 

「経験を積んでいろんなスキルが上がると、
かなりなところでも進めちゃうんですよね。
ウインチワークとかライン取りとか石を動かしたりとか
チェーンソーで木を切ったりとか。」

 

「とにかく、進めないことが楽しいですね。
いつものATVツアーはスノーモービルと違って、
基本的にはスタックしたり転んだりしないようなツアー進行をするんですが、
今回はあえて進むことが難しくて、
マシンもボロボロになるようなシチュエーションでトライするのを楽しむコンセプトで行きました。
結果、超疲れたけど満足度は高かったと思います!!」
・・・TKKY高橋代表

 

なんか新しい世界に向かってますねー。楽しそう!

 
 

よこからアップ

 
 

「今シーズンのTKKYのATVのテーマは、ATVの楽しさを再発見すること です(笑」とTKKYの高橋さん。

 

つづく、つづく。Part2につづきます。

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
質問ご意などお気軽にこのアドレスへ→ kondo@krazy-web.com
KRAZyは情報の無料発信にこだわっています。発行責任者:近藤正之
企画・編集・制作はKONDO design / 近藤正之
KONDO designは 広告企画・制作が主な仕事です。時には商品企画なども行ないます。Panasonic、TOYOTA、Suntory、Sapporo Beer、Asahi、ANA、としまえん、ミツカン、Loft、Monster Energy、日本生命、JT日本たばこ、クリニーク、コカ・コーラ社などを担当。工業デザインではヤマハ楽器+小室哲哉のオリジナルピアノのデザインも。
KRAZy(クレイジー)はグッズ販売によって活動資金を得ています。できるだけ広告収益の比率をさげるためです。広告業をなりわいとしているからこそ、広告出稿によるその影響力を知っています。できるだけレポート内容を自由に書けるようにするための工夫です。無料メディアでありながらも広告クライアントからの影響を受けたくないと考えています。